成功加入购物车

去购物车结算 X
秋秋书屋
  • 日文原版书*三岛由纪夫 三島由紀夫 金閣寺 金阁寺

日文原版书*三岛由纪夫 三島由紀夫 金閣寺 金阁寺

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   新潮社
  • 出版时间: 
  • 装帧:   平装
  • 页数:   375页
  • 作者: 
  • 出版社:  新潮社
  • 出版时间: 
  • 装帧:  平装
  • 页数:  375页

售价 55.00

品相 九五品

优惠 满包邮

运费

上书时间2012-10-25

数量
库存9
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 小说
    商品描述:
    【书名】:金閣寺  金阁寺


    著者【作者】:三岛由纪夫 三島由紀夫

    言語【语言】:    日语                               

    コンディション【书况】:近全新     

    登録情報
    •文庫:375ページ
    •出版社:新潮社; 改版版 (2003/05)
    •言語日本語, 日本語, 日本語
    •ISBN-10:4101050082
    •ISBN-13:978-4101050089
    •発売日:2003/05
    •商品の寸法:15 x 10.6 x 1.6 cm
    •  
    時を経て再読しても色褪せない三島文学, 2010/6/20
    By  koha-レビューをすべて見る 

    レビュー対象商品:金閣寺 (新潮文庫) (文庫)
    自分がことのほか人より醜いのでは、と思うことは
    思春期にはありがちなことかもしれません。
    この作品の主人公は吃音(どもり)があるために
    自虐的に自分への‘醜い感’が強い。

    それゆえ、京都の金閣寺という建造物に
    「美」への異様な執着を育ててしまったのでしょう。

    私が10代の時に読んで惹きこまれたのは、
    金閣寺への偶像崇拝が憎悪へと変わる過程です。
    内面の暗黒な感情と
    「悪」に向かってひた走る心理描写は説得力を持って迫ります。

    金閣寺を称賛する時の美しく怜悧な文体と
    狂いのない絵画的な比喩‥。
    現実の金閣と心象の金閣の「破壊」を悪とみるか、
    成長とみるか、読み手に委ねられます。
    他作家の追随を許さない三島文学の傑作。

    レビューを書くため再読。
    レビューを評価してください
    このレビューは参考になりましたか?     報告する|ブックマーク コメント 

     

       
    あまりに好きすぎて壊したくなることって、あるよね, 2010/6/14
    By  倒錯委員長\"今田祐介\"(横浜市と夢半ば) -レビューをすべて見る
       

    レビュー対象商品:金閣寺 (新潮文庫) (文庫)
    僧侶の家に生まれた「私」は幼少の頃から父に金閣の優美さを語り聞か
    され、その美しさに魅了されていた。特に吃音を持ち外見的に醜いと自覚
    する「私」にとって、自己との対比によりますますその美しさは際立つ。自
    身僧侶になるために京都に出た彼は、ついに金閣寺との念願の「同棲」
    を始める…。


    誤解を恐れずにいうとこの作品は、早すぎたフェティシストの男の物語だ。
    金閣寺を愛し、金閣寺が焼失するならば自分も焼失しようと思い詰めるほ
    ど、「私」は耽溺する。実はたびたび繰り返されるそういった言明が、クライ
    マックスの伏線になっている。

    それだけに、「私」は二度ほど女性との初体験の機会を迎えたものの、ど
    ちらともその瞬間に目の前に金閣寺の美しい幻覚が現れ、「チャンス」を
    逸してしまう。そこを読み「ただのフィギュアオタクと一緒じゃねぇか」と笑
    うかどうかは読者各自の価値観によるだろうが、「私」の中でそれほどま
    でに金閣寺は神々しい存在であり、それは現実に北山に存在する単なる
    物質としての「金閣寺」というよりも、一種のイデアに近い。

    放蕩によりついに老師に見放されはじめ、「私」は家出先で「決行」を決意
    する。これは、ある意味「認識人」であった「私」の、「行為者」への「転向」
    だ。それまで、寺での老師との神経戦(しかしこれも老師との間に本当に
    「戦」があったかは定かではない)が象徴するように、「私」は認識によって
    世界と関わっていた。

    だが、息子が僧侶になることへの鬱陶しい母の期待や、ムカつく老師など
    で覆われた「私」の「世界」をぶち壊すために、彼はついに決意する。決意
    した後も単にたばこを吸うためにマッチを刷った大学生を「放火犯だっ!」と
    思い込み追跡するなど、かなり滑稽な場面のあって読ませるのだが、いつ
    も認識(悪く言えば思い込み)で世界と関わっている人ほど、いざ行動に移
    すと怖いというのは、実感としてわかる。
    レビューを評価してください
    このレビューは参考になりましたか?     報告する|ブックマーク コメント 

     

       
    ワタシも何かを吃っしているから共感できるのかもしれません, 2010/5/25
    By  アポリア書房(福岡) -レビューをすべて見る
       

    レビュー対象商品:金閣寺 (新潮文庫) (文庫)
    再建された実在の金ぴかの金閣を観て、形而上学的な美であるとか、趣味のよさを感じなかったので、この作品を長年読まなかったのですが、縁あって読んでみてよかったです。
    引きずり込まれるように読み進みました。漢語由来の日本語表現が難解で意味がわからないところが多々ありました。しかし、文章の美しさは伝わりますし、とても厳密に表現されていると思います。再度、辞書を片手にちゃんと読んでみたい作品です。金閣の実在が形而上学的な美に昇華して、ことある毎に人間の一般的な欲望の前に立ちはだかってしまったら、生きることは孤独と同じ。美人であっても相手を支配できないし、醜くあっても相手を支配しうる。主人公の美への愛着や醜への嫌悪一般も理解できる気がしました。三島由紀夫が何らかの意図を持って書いたのかどうかはわかりませんが、主人公が米兵に英語で案内する時には吃らなかったというところで、日本語の言霊の威圧的な重さを想いました。
    レビューを評価してください
    このレビューは参考になりましたか?     報告する|ブックマーク コメント 

     

       
    2 人中、2人の方が、?このレビューが参考になった?と投票しています。
    内に潜むもの, 2010/4/22
    By  h-レビューをすべて見る 

    レビュー対象商品:金閣寺 (新潮文庫) (文庫)
    1950年7月2日、国宝?金閣寺消失。事件の陰に潜む犯人の悩みを緻密かつ繊細に描いています。美の象徴であった金閣寺を怨敵と見なし、破滅の美学に心惹かれていく…。
    醜いものである“自分”が美の象徴である“金閣寺”を征服することによって新たな何かを見出そうとしています。

    人間の内側に潜む狂気を美しい言葉で描いており、表現力は秀逸であると思います。
    レビューを評価してください
    このレビューは参考になりましたか?     報告する|ブックマーク コメント 

     

       
    3 人中、1人の方が、?このレビューが参考になった?と投票しています。
    モテナイ男の悲哀, 2010/1/28
    By  くそったれのこの世界(東京都品川区) -レビューをすべて見る 

    レビュー対象商品:金閣寺 (新潮文庫) (文庫)
    金閣寺は、モテナイ男の悲惨が良く描かれている、それは不器用さとチャンスを逃すひねくれ人間の破滅の結末だね。主人公はひたすらもったいない行動をするが、それを自分でも止められないところが知力不足のところだね。内容はスピード感があって面白い、三島由紀夫もよほど不器用な男だったんだと思いました。
    レビューを評価してください
    このレビューは参考になりましたか?     報告する|ブックマーク コメント 

     

       
    3 人中、2人の方が、?このレビューが参考になった?と投票しています。
    日本文学の最高傑作, 2010/1/9
    By  ハチ-レビューをすべて見る 

    レビュー対象商品:金閣寺 (新潮文庫) (文庫)
    まるで荘厳な音楽を聴いた後のような読後感。
    これほど精神の奥底を鼓舞される作品を残した三島由紀夫の天才に感嘆する。
    レビューを評価してください
    このレビューは参考になりましたか?     報告する|ブックマーク コメント 

     

       
    1 人中、0人の方が、?このレビューが参考になった?と投票しています。
    人の醜さと美しさ, 2009/11/2
    By  say-レビューをすべて見る 

    レビュー対象商品:金閣寺 (新潮文庫) (文庫)
    内容は、けして明るい訳ではない。
    しかし、表現が深くて綺麗で苦痛なく読み進めてしまう。

    感じる嫌悪感や親近感は、同属嫌悪なのだろうか。
    誰しもが完全に否定することの出来ない、所謂青春の素晴らしさや恥ずかしいみっともなさ。

    『鈍感な人たちは、血が流れなければ狼狽しない。
    が、血の流れたときは、悲劇は終わってしまったあとなのである』
    という一節と、金閣寺の鳳凰が時間の中を飛んでいるという表現が
    特に心に残った。

    レビューを評価してください
    このレビューは参考になりましたか?     報告する|ブックマーク コメント 

     

       
    5 人中、1人の方が、?このレビューが参考になった?と投票しています。
    共感できるか, 2009/10/29
    By  田中-レビューをすべて見る 

    レビュー対象商品:金閣寺 (新潮文庫) (文庫)
    私の様な未熟な高校生としては主人公の思考過程に強い共感を覚える。そうでなければ読みすすめることはなかっただろう。


    自分の脳ミソが自身を不可避な破滅へと責め立てる感覚。


    もし私なら、認識に留めて、行動には至らないだろうと思った。
    レビューを評価してください
    このレビューは参考になりましたか?     報告する|ブックマーク コメント 

     

       
    8 人中、3人の方が、?このレビューが参考になった?と投票しています。
    読みづらい。, 2009/7/14
    By  a-レビューをすべて見る 

    レビュー対象商品:金閣寺 (新潮文庫) (文庫)
    私には「饒舌な文章」には見えても「美しい文章」には見えなかった。

    難しい言葉がたくさん並べられているから意味不明、というのではないが、
    言葉同士のつながり方がごつごつしているようで読みにくかった。

    まあ、文体は些末な部分であって、筋書きは良かった。
    ヒネクレた若者らの行動?思想は面白く読めた。
    ラストシーンにおける溝口の振る舞いも良かった。
    レビューを評価してください
    このレビューは参考になりましたか?     報告する|ブックマーク コメント 

     

       
    2 人中、1人の方が、?このレビューが参考になった?と投票しています。
    ノートを取りながら精密に読めば面白さ倍増, 2009/7/7
    By  englishsefltaught(福岡県) -レビューをすべて見る 

    レビュー対象商品:金閣寺 (新潮文庫) (文庫)
    どのページ、どの行も、いささかの緩みもない、正確で力のある言葉が連なっています。歓喜のうちに1回目を読み終わった後は、「主人公はどうして火を付けることにしたのか?」を頭に置きつつ、鍵となる部分をノートに抜書きしながら再読しましょう。三島氏が構築した精緻な構造が明らかになり、この小説の虜になるでしょう 

    配送说明

    ...

孔网分类
孔网特色
图书