キレる女懲りない男―男と女の脳科学 (ちくま新書)日文原版书

キレる女懲りない男―男と女の脳科学 (ちくま新書)日文原版书
  • キレる女懲りない男―男と女の脳科学 (ちくま新書)日文原版书

作      者:黒川 伊保子 (著)

出 版 社:筑摩書房

出版时间:2012 - 12

印刷时间:

印      数:

装      订:平装

版      次:

开      本:48开

页      数:201页

字      数:

I  S  B  N:9784480066978

举  报

售      价:13.00元

品      相:九五品

上书时间:2014-10-24

购买数量:
(库存1件)
店主休假中   无法回复消息、处理订单和发货。店主预计4天后上班。

详细描述:

基本信息;

商家编号;   3242
作者;黒川 伊保子 (著)
新書: 201ページ
出版社: 筑摩書房 (2012/12)
言語: 日本語
ISBN-10: 4480066977
ISBN-13: 978-4480066978
発売日: 2012/12
商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.6 cm 
 

内容紹介

脳の回路特性を知れば、男と女はもっとわかり合える。職場では人材活用の参考書となり、恋愛指南本として使え、夫婦の老後の備えともなる究極の男女脳取扱説明書。
 
内容(「BOOK」データベースより)

些細なひと言に突然キレる。昔のことを蒸し返す。とりとめなく関係ない話をする。思い込みが激しい。根拠なしに「絶対これがいい」と断言する。まったく女は厄介だ。確かに女性脳は厄介だが、それゆえに潜在能を秘め、扱い方を間違わなければ、強い味方になって奇跡をも起こす(間違えれば敵になる!)。本書では、男女脳の違いをつぶさに解きながら、わかりあうための処方箋を示す。職場の人材活用に使え、恋愛指南になり、夫婦の老後の備えともなる究極の男女脳取扱説明書。
 
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

黒川/伊保子
1959年長野県生まれ。栃木県育ち。奈良女子大学理学部物理学科卒。(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリにて人工知能(AI)の研究開発に従事した後、コンサルタント会社、民間の研究所を経て、2003年(株)感性リサーチ設立、代表取締役に就任。脳機能論とAIの集大成による語感分析法を開発、マーケティング分野に新境地を開いた、感性分析の第一人者。また、その過程で性、年代によって異なる脳の性質を研究対象とし、日常に寄り添った男女脳論を展開している。倉敷芸術科学大学非常勤講師。日本感性工学会評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)  
 
 
目次 
第1章 脳には性差がある(消えた人工知能
ロボットの男女問題 ほか)
第2章 恐るべき女性脳―女性脳の取扱説明書(女性脳は実用的である
女性脳はたしかに思い込みが激しい ほか)
第3章 切ない男性脳―男性脳の取扱説明書(男性脳は、目の前のことに頓着しない
男性脳は、フェアである ほか)
第4章 齢を重ねてゆたかになる―年齢脳の取扱説明書(人生で最も頭がいいのはいつか?
十五歳から二十八歳、がむしゃらな入力装置の頃)

配送说明

挂刷一周只能发一次。邮局离我们太远了。请慎选挂刷!