成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 日文85品三国志第1一卷讲谈社文库 (吉川英治著)歴史時代小说1987绝版单本少见最重厚高潮魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显论文文献不是翻译日本自己写作
  • 日文85品三国志第1一卷讲谈社文库 (吉川英治著)歴史時代小说1987绝版单本少见最重厚高潮魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显论文文献不是翻译日本自己写作
  • 日文85品三国志第1一卷讲谈社文库 (吉川英治著)歴史時代小说1987绝版单本少见最重厚高潮魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显论文文献不是翻译日本自己写作
  • 日文85品三国志第1一卷讲谈社文库 (吉川英治著)歴史時代小说1987绝版单本少见最重厚高潮魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显论文文献不是翻译日本自己写作
  • 日文85品三国志第1一卷讲谈社文库 (吉川英治著)歴史時代小说1987绝版单本少见最重厚高潮魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显论文文献不是翻译日本自己写作
  • 日文85品三国志第1一卷讲谈社文库 (吉川英治著)歴史時代小说1987绝版单本少见最重厚高潮魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显论文文献不是翻译日本自己写作
  • 日文85品三国志第1一卷讲谈社文库 (吉川英治著)歴史時代小说1987绝版单本少见最重厚高潮魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显论文文献不是翻译日本自己写作
  • 日文85品三国志第1一卷讲谈社文库 (吉川英治著)歴史時代小说1987绝版单本少见最重厚高潮魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显论文文献不是翻译日本自己写作
  • 日文85品三国志第1一卷讲谈社文库 (吉川英治著)歴史時代小说1987绝版单本少见最重厚高潮魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显论文文献不是翻译日本自己写作
  • 日文85品三国志第1一卷讲谈社文库 (吉川英治著)歴史時代小说1987绝版单本少见最重厚高潮魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显论文文献不是翻译日本自己写作

日文85品三国志第1一卷讲谈社文库 (吉川英治著)歴史時代小说1987绝版单本少见最重厚高潮魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显论文文献不是翻译日本自己写作

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   日本 讲谈社文库 绝版单本最重高潮最魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 印刷时间:   1987-03
  • 印数:   3千册
  • 装帧:   平装
  • 页数:   437页
  • 字数:   491千字
  • 作者: 
  • 出版社:  日本 讲谈社文库 绝版单本最重高潮最魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 印刷时间:  1987-03
  • 印数:  3千册
  • 装帧:  平装
  • 页数:  437页
  • 字数:  491千字

售价 15.99 0.2折

定价 ¥758.82 

品相 八五品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2021-02-24

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 历史
    货号:
    386-160305-kdyesk8
    品相描述:八五品
    没有外表保护书衣及波纹皱褶(不明显严重)最后两页有有9x2公分长宽压印。图书整体损坏不明显,所以是85品。书影与实际现货不一致仅供参考
    书损特价 三国志(第1一)册 讲谈社文库 (吉川英治著)歴史 時代小说 1987/03/27绝重最高潮最魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显附录吉川全作品年
    自分にとって孔明の人物像を頭に描くのはむずかしかったが周恩来だと孔明のイメージにピッタリと合う感じがした。最期まで民衆の為に尽す姿が重なった。

    一騎当千の英雄の活躍が輝かしい序盤から、
    天才軍師による国の存亡をかけた戦いへと
    時代の成熟が感じられます。

    序盤は、新しい英雄がどんどん登場し
    皆が若いため、躍動感がありますが、
    英雄たちが年をとり、歴史から姿を
    消して
    商品描述:
    书损特价 三国志第1一集 讲谈社文库 (吉川英治著)歴史 時代小说 1987/03/27绝版单本重最高潮最魅力压轴大作日名作非翻译名著人气经久不衰经济实惠损坏减价收齐保存语言浅显附录吉川全作品年表解说论文一篇
    书名:三国志 二 吉川英治歴史時代文庫 
    作者:吉川英治 
    版本:64开文库版  437页 
    出版社:講談社 (1987-03-27) 

    文庫: 437ページ
    出版社: 講談社 (1987/03/27)
    言語: 日本語
    ISBN-10: 4061965409
    ISBN-13: 978-4061965409
    発売日: 1987/03/27
    商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 2 cm
    おすすめ度: 5つ星のうち 4.9   19件のカスタマーレビュー
    Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 59,143位 (本の売れ筋ランキングを見る)
    2375位 ─ 本 > 文学・評論 > 文芸作品 > 日本文学
    13925位 ─ 本 > 文庫そのあと、短いですが、孔明がどんな人だったかという解説と、蜀を含めたその後30年の話が書かれています。
    その中で、前半の主人公が曹操で、後半が孔明だったということが書かれています。
    まさにその通りだと思いました。

    曹操の破天荒ぶりも、その人が亡くなったあとは、それを引き継ぐかのような登場人物は出てきませんでした。
    そのあと、曹操とはタイプが異なる孔明が大活躍をします。
    本当に、完璧な軍師で、向かうところ敵なしといった感じです。
    ただ、惜しむらくは、蜀に人材が足らなかったということだけですね。。。。
    孔明の指揮を破って、勝手に行動して、司馬懿に粉砕される馬謖。。。
    孔明の悪い噂をの流して、信頼度を落とす、味方の武将までいたり。。。
    病で余命長くないと感じた孔明が、寿命を延ばすために願かけていた燭台の火を、魏延に、
    誤って蹴飛ばされて、消されたり。。。

    また、運もなかったです。
    司馬懿をあと少しで、火計で焼き殺すことが出来たのに、突然雨が降ってきたり。。。

    こういったことがなければ、蜀は魏に勝てたのではと思えてきます。
    司馬懿は結構、鏡に映った自分と戦ってただけのような感じもするし。。

    ただ、孔明の短所として、遊びがないということが書かれています。
    それが人を寄せ付けがたく見せていて、結果、良将が集まり辛かったのではと解説されています。

    「ふつーあきらめるやろー」と思うような事態に何度も遭遇しても、取り乱さず、次々新しい案を考え出しては
    実行する孔明の姿勢は、すご
    子供のころに一度読みましたが、どうしても孔明の五丈原の件を読みたくなり、再度購入しました。
    歴史小説なので、色々と現代でも応用できる原則が多々出てきます。
    色々と参考にしております。

    しかし、一番感動するのは孔明の忠心であり、何故そこまで?と思うがゆえに逆に感動致します。
    今では色々と別の三国志の書籍も読んでおり、どうしても仲達の方が一段上だった、と思えてしまいます。
    それを含めても、色々な駆け引きやら謀略やら、参考になり、かつ感動もする作品ですので、五つ星です。

    三国志最高!! 私は漫画から入ったのですがもう何十回と読み返しています
    何回読んでも
    そうそうに手配頂き、ありがとうございました。本も実に綺麗で、気持ちよく読ませていただいております。ありがとうございました

    少し前ですが吉川三国志8巻読みました。
    今まで歴史小説というものはあまり読んだ事がなく、書店の「今月の人気ベスト10」にならんでいるような本ばかり読んでいましたので、正直いうと一巻目は少し読みづらかったです。ところが巻を重ねるたびにスラスラと読めるようになってきて、後半では翌日仕事なのに徹夜して読んだりしました。
    とても面白いですし、うまく言えませんがたいへん勉強
    夷陵の戦いのあと前後して劉備等が死に、残された孔明は北伐をします。
    その中で武将が消え、そして新たに現れ、三国は新たな局面をむかえ次
    吉川三国志には、2つの謎があります。
    文学史に興味のない方には関係がありませんが。南蛮討伐と篇外余録の2つのパートです。
    前者には、発表当時の「現代史」に伏在する課題が批評されています。
    後者には、作者のすさまじいまでの英雄否定、超人否定の精神が示されています。
    『新・平家物語』でもそうでしたが、作者は偉人を描いて、同時に偉人を殺します。
    1989年5月15日リリース。『五丈原の巻』と『篇外余録』からなる。最近五巻に編集され直したものはこの中の『篇外余録』をカットしてしまったとんでもない代物で、真の吉川三国志を読了するためには、旧来の真摯に作者の意図に作られた八巻建てのものを選択することが必定だ。こういう勝手な再構成がまかりとおる講談社の体制はただ嘆かわしい、とまずは申し上げておきたい。『篇外余録』は『諸葛菜』・『後蜀三十年』・『魏から--晋まで』からなる後日談・エピソード集にあたるもので、諸葛孔明の死をもって自身の三国志の投了とした吉川英治の意図に基づき別立てとした三国志の一部であるのに無理解極まりない編者である。

    有名な『泣いて馬謖を斬る』のエピソードはこの『五丈原の巻』の前半に登場する。それも諸葛孔明の数多あるエピソードの一つに過ぎない。この稀代希なる真の軍師の人間性この『五丈原の巻』に極まる、と思える。前半のような群雄割拠とは大きく異なり、託すべき人材のなさに苦しむ孔明の姿は、天才軍師も人無くして、一事は達し得ないことを感じさせる。

    時に神格化され、あたかも霊能力者のようにも書かれ、諸葛孔明という人に対する中国国民の思い入れが随所ににじんだラストである。

    第8巻は、玄徳亡きあと孔明が主人公。またかつての三国志の英雄たちもなきあと、司馬仲達との戦いが続く。孔明の一つ一つの策が、現代のビジネスや人生観につながる。
    まさに格言に近いと思います。三顧の礼から、天下三分の計〜、関羽、張飛、超雲らの優秀なプレーヤーとエース玄徳を盛上げる名参謀。まさにいろんな場面で「孔明ならどうしたか?」と考えてしまうケースもあるでしょう。
    三国志という物語を超えてしまった感がありますが、最後まで主を想い、国を想う彼の一途な
    「志」は今の時代に必要な「気概」だと思うのは自分だけでしょうか。また吉川三国志を読む機会を持ちたい。

    孔明が死ぬまで中原征服に向けてまい進しついにこれを果たせず死んでいく巻。
    原書のひとつである三国志演義では司馬氏率いる晋に三国が統一されるまでを記述しているが、吉川英治の三国志は孔明の死とともに物語が終わっている。
    孔明ほどの天才軍師でも中原征服をなしえなかったことに非常な残念さを感じつつ物語が終わってしまうが、篇外余禄に孔明の人となり、その後の歴史が記載されている。
    この中で、「諸葛菜」は孔明のひととなりについて著者が考察を行っており、非常におもしろい。
    豊臣秀吉をひきあいに出し、孔明ほどの天才でも、天才であり完璧であるがゆえ優秀な人材が他国に比して集まらなかったのでは、という考察には非常に納得感を感じる。
    8巻読みとおしてみた感想として、諸葛孔明の偉大さが印象深く残る物語である。
    自分にとって孔明の人物像を頭に描くのはむずかしかったが周恩来だと孔明のイメージにピッタリと合う感じがした。最期まで民衆の為に尽す姿が重なった
    一騎当千の英雄の活躍が輝かしい序盤から、
    天才軍師による国の存亡をかけた戦いへと
    時代の成熟が感じられます。

    序盤は、新しい英雄がどんどん登場し
    皆が若いため、躍動感がありますが、
    英雄たちが年をとり、歴史から姿を
    消していくという静寂の部分も描かれています。

    滅びぬものはなく、天命にさからえない人間。

    これまでに読んだ歴史小説の中でも
    抜きんでて面白かったです。
    吉川三国志最後の舞台の主役に選ばれたのは、蜀の諸葛亮と魏の司馬懿。彼らが繰り広げる、実に5度に渡る宿命のライバル対決をもって、この長き物語は完結を迎えます。
    面白いのは、第3次北伐で遂に実現する両雄の対峙。遠目に見ることは度々あっても、間近で言葉を交わすのは最初にして最後。その唯一無二の会話は・・「もと南陽の一耕夫」「かつて魏の書庫に住んでいささか兵法の端をかじった鼠官の輩」(笑)。兵士向けパフォーマンスの意も当然あるにせよ、常日頃お互いの才を認め合う二人からは想像できない、子供っぽい舌戦が繰り広げられ、ちょっとした可笑しさがあります。
    物語そのものは若干ダイナミズムに欠けます。大軍同士、知将同士ということもあり、よく言えば重厚的、悪く言えば硬直的な戦局が多く、劉備・曹操が駆け巡った草創期のスピード感とは比ぶべくもありません。新しいスターが姜維の他に見当たらないのも寂しい限り。
    八巻に渡ったこの吉川三国志は、孔明の死を持って、さっと幕を下ろします。その潔い構成が実に美しい。筆者、読者ともに情熱がピークアウトする、この英雄の最期をもって終幕とし、その後の晋による三国統一までは清流のようにあとがき的に流します。それぞれの余韻に浸りつつ、静かに本を閉じることのできる、吉川氏一流の上質なフィナーレです。

     吉川英治の三国志シリーズの最終巻。
     すでに、三国志(1)に登場していた英雄達は去り、それらの遺産を引き継いだ者たちの戦いが描かれている。先帝(劉備)の遺志に駆りたてられる天才・孔明と、孔明の才能をフォロー仕切れない無力な者達とのもどかしさが印象的。それほど興味を持たずに読み始めた三国志なのに、すっかり夢中になってしまった。三国志に人気があるのがよくわかる。

    長きにわたる三国志。劉備玄徳から始まり、諸葛孔明にまで受け継がれた物語も終焉を迎える。一巻から蜀中心だったが、蜀の終焉と共に話が終わる。この巻では、孔明の天才軍師ぶりが相変わらず発揮されている。また彼の苦悩も。いろいろ考えさせられるシリーズ。
    いまさら私なんかが言うまでもなく、近代日本における三国志本の
    嚆矢にして金字塔です。「近代日本の三国志」史はこの本に始まる
    といってよいのではないでしょうか。
    「小説としての完成度」という点でいえば、この本を凌駕するものは
    いまだ無いと言い切れます。かろうじて「亜匹」するのは北方三国志
    ぐらいではないかと。
    無論この本にも欠点があります。
    ・歴史的視野/観点の浅さ、狭さ
     基本的にそれまでの演義の構図を忠実に踏襲し、それを破壊する
     といったことはしておりません。解釈の深さや視野という点では
     かなり下のレベルであるといえましょう。
    ・荒唐無稽さ、破天荒さの無さ
     その気になればこの話は、とてつもなく荒唐無稽で破天荒な路線
     でつっぱしることも可能でした。
     しかし、近代人である吉川さんにとって、例えば赤壁で風の向き
     をかえるというのは説得的ではなく、ある時期だけ風向きがかわ
     るというようにしたのでしょう。演義の内容を近代的知性で許容
     できる範囲に収めたためとしたため、荒唐無稽で破天荒な物語に
     はなりませんでした。
    ただ、あとがきではっきりと曹操が(前半の)主役であると言い
    切ってるところなどは、さすがと思わせます
     この吉川『三国志』は昭和14年から18年まで新聞に連載されました。それは日本が日中戦争から太平洋戦争へと戦争という泥沼に足を踏み入れていく頃と合致します。
     そして、吉川『三国志』の中では「万物流転」、「盛者必衰」、「宇宙の真理」、「自然の摂理」、「民が国を創る」、「天命」ということ等も語られています。それは陰ながら当時の大日本帝国へ警鐘を鳴らしていたのではないでしょうか。
     上記のようなことも頭に入れてこの吉川『三国志』を読むと、行間で吉川英治氏なりに大日本帝国への警鐘を鳴らしていると思われる箇所が結構あることに気付かされると思います。
     超長編ともいえる全○巻にわたる大作を読み終わりそうになった時、ふとその本との別れが惜しくなり、読み終わった後には達成感や充実感と共に、寂寥感を感じたことがありませんか?
     達成感も充実感も寂寥感もその超長編がおもしろければおもしろい程強くなります。
     この吉川『三国志』ではその達成感も充実感も寂寥感も物凄いものがありました。
     読破後の寂寥感があることは否めませんが、それでもこの“不朽の名作”を私は強烈にお勧めします。
     是非、吉川『三国志』を手に取って読んでみてください。
     もし、吉川『三国志』の第一巻~第八巻全ての私のレビューに目を通してくださった方がいらっしゃいましたら、本当に嬉しい限りです。
     どうもありがとうございました。
     ソレデハ…

    吉川英治三国志の最終巻。
    自分はかつて混んでいる電車の中でこの本を読んでいて不覚にも泣いてしまった。
    病に侵されながらも大義に生きる蜀の丞相・孔明が今は亡き劉備の大志を受け継ぎ、決死の覚悟で国を守り戦い抜こうとする姿はまさに漢(おとこ)を感じさせる。
    将の将たる道を教えてくれるそんな本。
    何度読んでも多くのことを学べ、啓発してくれ、泣かされてしまうこの本は自分にとって決して手放すことの出来ない本です。

    数多くの作家が書いている「三国志」、中でもこの吉川版三国志は、まさに決定版といえるもの。吉川英治が創作したエピソードがあって、それがそのまま他の作家の書く三国志に使われている、ということがあるそうで(チラッと聞いたことがあるだけで、真偽のほどはわかりませんが)、それだけでもこの吉川版三国志の影響の大きさがわかることと思います。
    三国志を読んでみたいけど、たくさん出ててどれを最初に読んでいいか困っているという人

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类