成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用

日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   日本講談社空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 装帧:   软精装
  • 页数:   294页
  • 作者: 
  • 出版社:  日本講談社空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 装帧:  软精装
  • 页数:  294页

售价 35.89

品相 九五品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2019-07-01

数量
库存2
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 文学
    货号:
    64at279180208
    品相描述:九五品
    日文多图村上春树争议大作爱情时间心灵主观空间客观环境空间论文题目多选 アフターダーク (講談社文庫06/9版空间时间轮转挪威森林渡边绿子复活人生光明社会黑暗主观无法改变世界时间受限空间比喻对话大量使用
    商品描述:
    夜中から空が白むまでのあいだ、どこかでひっそりと深淵が口を開ける。

    時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとりの男性が近づいて声をかける。そして、同じ時刻、ある視線が、もう1人の若い女性をとらえる――。新しい小説世界に向かう、村上春樹の長編。

    内容(「BOOK」データベースより)

    時計の針が深夜零時を指すほんの少し前、都会にあるファミレスで熱心に本を読んでいる女性がいた。フード付きパーカにブルージーンズという姿の彼女のもとに、ひとりの男性が近づいて声をかける。そして、同じ時刻、ある視線が、もう一人の若い女性をとらえる―。新しい小説世界に向かう、村上春樹の長編。

    登録情報

    ペーパーバック: 304ページ出版社: 講談社 (2006/9/16)言語: 英語, 日本語ISBN-10: 406275519XISBN-13: 978-4062755191発売日: 2006/9/16商品パッケージの寸法: 10.7 x 1.5 x 14.5 cmおすすめ度: 5つ星のうち 3.4   421件のカスタマーレビューAmazon 売れ筋ランキング: 本 - 103,814位 (本の売れ筋ランキングを見る)2388位 ─ 本 > 文庫 > 一般文庫 > 講談社文庫3798位 ─ 本 > 文学・評論 > 文芸作品 > 日本文学
     ペーパーバック|Amazonで購入

    まるでかつてNHKで放送していた「ドキュメントにっぽん」の村上版といった感じ。あの男性アナウンサー(多分わかると思うが)の声で「私たちは~」が脳内再生されていた。例によって何とな~く実験的に仕上げた小説なんだろう。あんまり深く考えずに、さっと流し読みした(細かい描写の部分より、会話の内容のほうが意味があると思う)

    コメン
    正直、ページがなくなるにつれ、終わってほしくない気持ちが強くなりました。もっとこの人たちに会っていたい。

    コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. 
    当然というか突然に変わって「湿度と密度の会話」が変わってしまったという感じです。
    作者が感じたあのとき時代の感じてしまい切った「夜」というイメージは伝わったけれども「村上マニアの方々」には納得行かないかもと思いました。
    でも今の
    子供たち=90年代以降の若者に向け青春教訓ともなる教科書というか転ばぬ先の「知的会話ナンパ本」の復活かも、ほんとに繰り返す。。
    人生本当につまらないということが繰り返されているということが本当に分かる傑作かも。

    コメント|このレビューは参
    一夜の出来事をモンタージュのようにつなぎあわせている短編小説の延長にある中編。それぞれ人物のプロットは、なじみのあるもので、高橋は「カフカ」の少年の成長した姿のよう。穴を掘ったり、壁を通してつながったり、二つの世界がつながる話は彼のお手のもの手法である。高橋とマリは、ノルウェーの森の「ワタナベ君と緑」を思わせるが、出会いだけが描かれ、二人の間には、恋愛の予感があるだけだ。村上春樹の代表的な恋愛小説である「ノルウェーの森」が出版されたのは1987年だった。当時の感想として、今覚えているのは、直子より緑にひかれ、緑が幸せになってほしいなと思ったこと、レイコさんがとても魅力的な女性であると感じたこと、こんな精神病の書き方はウソっぽいと思ったことなどである。なによりも、レイコさんのように直子に回復してほしかっし、なぜ直子が回復しないのかが分からなかった。他者に共感を覚える直子は「精神病」の中で自殺し、ハツミさんも自殺とみんな死んでしまう。人を支えてきたワタナベ君や緑は、自分を守るために、ハリネズミのようになっていて、一人で自立して生きていく強い永沢さんは、ハツミさんを死に追いやる傲慢な男になってしまう。私は他者に共感を覚え、人を支え支えられ、できるだけ傲慢にならない生き方を選択することも可能であるように思いたい。そんなことが「ノルウェーの森」に対しての不満であった。
     それから、17年たち「アフターダーク」で、村上は姉エリの回復を支えるマリと、マリを見守る高橋やカオルさんなど重層的な関係を描いている。こんなに強く回復をイメージさせる村上春樹への評価は二分されるだろう。私は今この世界で、この世の闇を深く覗き込んだからこそ、前作「海辺のカフカ」と同様に明確に回復とそれを支える人々を描く村上春樹を支持したい。
    アフターダークとはこの小説の設定そのものであるが、「夜の闇」は明けていくが、「世の闇」は深まるばかりである。こころの闇を覗くことはできるが、世の闇を知ることはとても危険だし、取り返しのつかないことになる可能性もあるだろう。村上春樹はもはや「闇の世界」を書か
    渋谷での夜(11:56PM)から朝(6:57AM)までの、ある少女と家で寝ているその姉を取り巻く物語。
    この本は村上春樹のやや実験的な試みを読み取ることができる。
    物語を語るのは、特定された誰でもない。
    空から、空間から、壁から人々を見つめる、実体のない「視点」が物語る。
    その視点の推移によって、読者は場面を同じように転換させる。
    いつものように、はっきりとした結末はない。
    彼の作品は今までだって明確な結末はなかった。
    ファミレス、ラブホテル、売春、暴力、引きこもり、ドロップアウト、家庭。
    こうして、この物語のキーワードを抜き出すと、現代の縮図が浮かび上がるようでもあり、見えにくかった物語のテーマも明らかになるような気がする。
    実は今日だって、この物語と同じ様な事態が渋谷では展開していてもおかしくない。
    いや、きっと似た様な状況が展開しているんだろう。

    外見からは想像出来ないような暴力を働いたあとで、早朝にエリートらしき男はセブンイレブンで牛乳を手にする。
    朝までバンドの練習をし続けた若者が、朝飯を仕入れるためにセブンイレブンで牛乳を手にする。
    まったく異質なものが、とある一点で無意味に交わる。

    二本に交錯した線は、その後も交わることはない。
    都会には様々な線が入り乱れている。
    そこ(渋谷)で朝まで過ごすことがあれば、まれにいろいろな線に交わることがある。
    太い線、細い線、赤い線、グレーの線、歪んだ線。
    深夜(アフターダーク)には、明るい光で見え難くなっている線が、それぞれ鈍い光を放ってうごめいている。

    この本を読むとカーティス・フラーの「ファイブスポット・アフターダーク」を無性に聞きたくなる。
    これが「ひしひしと」いいんだ。

    続きを読む

    コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参
    時間的、空間的な制約の中から、各登場人物がそれぞれに
    意味のある答えを見つけていく。
    読んですぐにはこの小説の意味がよくわからなかったけど、
    たぶん、世の中に意味の無い出会いは無く、意味の無い事象はないと
    いう事なんだと解釈しました。
    私の好きな村上春樹の小説とは違っていたけれど、
    これもまた村上春樹の違うステージなんだと、
    次回作も少し楽しみに感じました。

    コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?
    25年という歳月に、今更ながら驚き、村上春樹氏のデビュー作を雑誌で読んだことが遙か彼方の事になった・・・・・・と、自分の来し方を思い返したりしました。
    真夜中12時少し前から夜明けまで、「私たち」という言葉に自然と引っぱられて、カメラの視点で19歳のマリに関わるいろいろなことを、つぶさに見ていくことになります。何かが起こりそうな予感めいた言葉が、私を突き動かしていきました。これまでの村上氏の描き方と異なるので、多少の違和感はあったものの、作中の“視点”に忠実に読んだつもりです。マリという、少し頑なで少しコンプレックスも持っている女の子が、一夜、関わる人々がマリに少しずつ影響を与えていくさまが興味深かったです。しかし、夜明けに向けて、彼女の心を一番揺さぶったのは、「高橋」。きちんと語る事ができるところまでいってないという、姉エリのことを、マリに再考させる契機になる人物と、ぽつぽつ話をする場面は、まさに青春。近づいてくる誰かを拒否しつつ、受容しつつ、話せる部分だけを話すということ、あったっけ、とそんなことまで思い出しました。
    夜明け前、マリがとった行動は、明らかにこれまでの姉への見方が変化したからだろうと思わされるものでした。何かが変わる気配をみせて、夜明けが来ます。この、朝の描写が、とても美しい。夜の闇を抜けて、カメラのような視点とともに辿ってきた物語は終わるけれど、始まりの予感が残されていることにほっとしました。状況の描写の連続なのに、こちらに感情を喚起させる村上氏の力量を、楽しむことが
    村上春樹の新作です。一気に読めます。いまだに進化し続ける「春樹ワールド」が楽しめます。話者の視点が映画のカメラになってみたり、まるで台本のようなせりふ場面があったり、遊びたっぷりです。3時間の濃密な時間が楽しめますが、読み終わった後の「?」の感覚を楽しめるかどうかで評価が分かれると思います。私は楽しめましたけど。

    すべての421レビューを表示

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类