成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 日文孤本纪实惊愕我亲眼目睹的波尔布特柬埔寨血腥屠杀 わたしが見たポル・ポト―キリングフィールズを駆けぬけた青春 馬渕直城著硬精装大厚重大量虐殺カンボジア极左枪杀十万华侨集体被杀中国越南抗美出兵死刑处决
  • 日文孤本纪实惊愕我亲眼目睹的波尔布特柬埔寨血腥屠杀 わたしが見たポル・ポト―キリングフィールズを駆けぬけた青春 馬渕直城著硬精装大厚重大量虐殺カンボジア极左枪杀十万华侨集体被杀中国越南抗美出兵死刑处决
  • 日文孤本纪实惊愕我亲眼目睹的波尔布特柬埔寨血腥屠杀 わたしが見たポル・ポト―キリングフィールズを駆けぬけた青春 馬渕直城著硬精装大厚重大量虐殺カンボジア极左枪杀十万华侨集体被杀中国越南抗美出兵死刑处决
  • 日文孤本纪实惊愕我亲眼目睹的波尔布特柬埔寨血腥屠杀 わたしが見たポル・ポト―キリングフィールズを駆けぬけた青春 馬渕直城著硬精装大厚重大量虐殺カンボジア极左枪杀十万华侨集体被杀中国越南抗美出兵死刑处决

日文孤本纪实惊愕我亲眼目睹的波尔布特柬埔寨血腥屠杀 わたしが見たポル・ポト―キリングフィールズを駆けぬけた青春 馬渕直城著硬精装大厚重大量虐殺カンボジア极左枪杀十万华侨集体被杀中国越南抗美出兵死刑处决

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   日本集英社06年硬精装大量虐殺カンボジア极左枪杀十万华侨集体被杀中国越南抗美出兵死刑处决
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 装帧:   精装
  • 页数:   285页
  • 作者: 
  • 出版社:  日本集英社06年硬精装大量虐殺カンボジア极左枪杀十万华侨集体被杀中国越南抗美出兵死刑处决
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 装帧:  精装
  • 页数:  285页

售价 91.98

品相 九品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2019-05-15

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 文学
    货号:
    32bp893
    品相描述:九品
    日文纪实惊愕我亲眼目睹的波尔布特柬埔寨血腥屠杀 わたしが見たポル・ポト―キリングフィールズを駆けぬけた青春 日本馬渕直城著硬精装大厚重大量虐殺カンボジア极左枪杀十万华侨集体被杀中国越南抗美出兵死刑处决文惊愕波尔布特柬埔寨血腥屠杀 ポル・ポト硬精装大量虐殺カンボジア极左枪杀十万华侨集体被杀中国越南抗美出兵死刑处决
    商品描述:
    「大量虐殺」はなぜ起きたのか?闇に包まれた圧政者の生涯を追いながら、クメール・ルージュの蛮行と虐殺の真相、カンボジアが見た「悪夢」の実態に迫る。

    人はなぜ人を殺したのか ポル・ポト派、語る

    舟越 美夏

    ポル・ポト 死の監獄S21―クメール・ルージュと大量虐殺

    デーヴィッド チャ …

    小川 哲

    ポル・ポト伝

    大量虐殺はなぜ起きたのか?

     カンボジアで二十世紀の歴史に汚点を残す大量虐殺─人口700万人のうち150万人が犠牲─をおこなった、クメール・ルージュ/カンボジア共産党首領ポル・ポトの伝記。極度の秘密主義を貫いた彼の生涯は、これまで闇に包まれていた。しかし本書は、その軌跡を追いながら、クメール・ルージュ組織、粛清、権力奪取、大量虐殺、失墜、死までを、綿密な取材とインタビュー、膨大な資料を駆使して克明に描き出した、「決定版」といえる大著だ。
     パリ留学から帰国したポル・ポトはクメール・ルージュを組織し、都市=ブルジョア思想に毒された場所、農村=革命の前衛という図式を掲げて農村をオルグ、独自の共産主義路線を推し進める。彼は背後に隠れ、血の粛清に基づく恐怖政治で支配を固め、プノンペン占領を果たす。都市人口の大量移動、通貨・商業の廃止、家族制度の廃止と共同の食事、強制労働など、極端な空想社会主義は多大な犠牲者を生むことになる。まさに「悪夢の歴史」だ。
     大量虐殺はなぜ起きたのか? 蛮行と悲劇の全貌を暴いた本書は我々に問いかけるが、それは重く、根深い。

    内容(「BOOK」データベースより)

    「大量虐殺」はなぜ起きたのか?闇に包まれた圧政者の生涯を追いながら、クメール・ルージュの蛮行と虐殺の真相、カンボジアが見た「悪夢」の実態に迫る。

    単行本: 893ページ出版社: 白水社 (2008/2/1)言語: 日本語ISBN-10: 4560026270ISBN-13: 978-4560026274発売日: 2008/2/1梱包サイズ: 19.2 x 14.4 x 5.2 cmおすすめ度: 5つ星のうち 

    目次を見る

    ポル・ポト〈革命〉史―虐殺と破壊の四年間 (講談社選書メチエ 305) 単行本(ソフトカバー)

    山田 寛

    5つ星のうち 4.3 12

    ¥ 1,728 プライム

    人はなぜ人を殺したのか ポル・ポ
    著者のフィリップ・ショートはジャーナリストであり、BBCに長く務めた経験がある。
    共産主義の研究を通じ、ジャーナリストとしての立場から詳細なインタビューを行い、本書を構成している。

    ポルポトを批判し、暗黒のカンボジア時代を批判する書籍やジャーナリストの多くは、人道的見地の観点から「ポルポトの悪事」と決めつけた上で彼を評価している。人権絶対主義、民族自決主義の風潮は、戦後から戦後30〜40年に特に世界のメディアや知識人を動かした思想であるが、これがカンボジアの戦後史を正当に評価・分析できない大きな要因ではないか、と私は思う。
    戦前・戦後においては、ソ連とそのイデオロギーである赤、すなわち共産主義は西側諸国にとっては圧倒的脅威であった。その背景下が独立宣言を行い、共産主義思想支持者に確固たる軸を植え付け、ポルポトやホーチミンらに大きな影響を及ぼした。
    また、50年代の社会主義体制はまさに先進国そのものであり、戦後の世界的潮流を語る上で、共産主義がどれだけ先端を言っていたか、忘れてはいけないのである。

    若かりしポルポトも、フランス支配下から独立する過程にあったカンボジアをリードしていく優秀(?)な学生の一人として、パリに留学した。留学先で、すぐれた若者たちからはじめて共産主義というものを知らされ、次第に関心を示し、それを学んでいくことになるのである。
    (今で言うなら、海外でMBAやMPAを取る、何らかの博士課程を取得するというのと同じようなものだろう。)
    その中で、先進的な海外から自国を俯瞰し、自国の将来を憂い、立ち上がろうという動きにつながっていくのである。
    そして、難解なマルクス共産主義の真髄を学ぶというよりも、わかりやすいスターリン主義に傾聴していく…。
    一人の有望で純粋な若者が、少しだけエネルギーを発揮する方向を間違った瞬間である。

    …が、忘れてはいけないのは、その当時の社会情勢では最先端の考え方、立場の一つであった、ということだ。

    結果的には、カンボジアに戻り、ベトナムとの戦いの中で徐々にリーダーとしての頭角を現し、ベトナム戦争の混乱も手伝って、彼はカンボジアの実権を握っていくようになる。しかし、これも彼自身が独裁者であろうとしたものではなく、時代的背景が、民衆が要請した結果そうなったに過ぎないといえる。そして、アメリカが共産主義を脅威に思うあまり、レッドパージを行い、アジアの一枚岩でない共産化を理解できなかったことも遠因にある。

    このような世界史の文脈に絡めた上で、カンボジアの存在を理解することは、「人道的見地」からしか物事を考えられないジャーナリスト、運動家、歴史家には無理であるし、考えようとすらしていない。しかし、ポルポトの出自、時代背景を正確に分析していくと、ポルポトが成し遂げた負の歴史についてもより正確に理解できるようになる。それこそが、歴史から学び、歴史を繰り返さないことにつなげる手段だと私は思う。

    本書は、若いころのポルポトを知る人や、政府の中枢にいた人やジェノサイドの生存者など、多くの人からインタビューを行ったり、カンボジア内戦のあとに残ったわずかな文献や新聞などからそれ以前の様子を知ろうとし、精緻に分析して本書を書きあげた。

    その一次史料(資料)をきちんと関連付けて参照する姿勢、思い込みや一面的態度のみでポルポトを語っていない姿勢は、非常に冷静で、客観的である。

    ポルポトと、カンボジアを知ることは、共産主義を理解することに通じていく。
    同時に、それは、今の中国の中央政府を理解することにも通じる。
    そして、それは日本の外交姿勢を考えることにも通じる。

    日本の将来を考える全ての人にも読んでいただきた

    かのカンボジアにおけるクメール・ルージュによる未曾有の大虐殺、その張本人である
    ポルポト(サロト・サル)の評伝。いきなり幼少時代の記述が始まるので、そもそもを知ら
    ない人には入って行きづらい構成です。訳者解説から読むのを推奨中。

    いまだ存命の関係者へのインタビューなど膨大な取材に基づいて、これまでの類書を超
    えた決定版となっています。ブ厚いですけど。
    そこで描かれるのは、無垢な善意とおそるべき無能。
    結果として、誤った社会政策(ないしは社会政策の不在)と現実よりも理念を優先すること
    により、多くの人命が失われ(つーか惨たらしく殺され)、より多くの人間性が(加害者側
    も含めて)破壊されました。

    サロト・サル個人の遍歴を追う構成になっているので、例えば懐かしの本多勝一などによ
    るルポなどと比べて評論的な部分や背景的な解説は少ないんですけど、むしろ、かえって
    視野がひろがる部分があります。
    無垢(で幼稚)な善意と、難しい理念を生半可に理解したつもりの夜郎自大と、そして
    びっくりするくらいの現実対処能力のなさ・・・これって「歴史」としての「民主カンプチア」
    を評価するなら、そりゃそうかもしれませんが、でももし自分が同じ状況の中で同じ立場に
    立たされたなら、一連の経緯のどこかで殺されてるのは確実でしょうが、有能であった自信
    なんかないッス。つーか、正しく狡知にたけ、理念の背景も飲み込み、それでいて現実的に
    有能でありえる人なんか、誰かいるんか、とか思えます。
    (ポルポトを弁護しているのでは全くありません)

    かえって、こうした恐るべき善意と無能を免れえた事例(大部分の諸国)がどーして可能
    だったのか、それこそを改めて考えなきゃいけないようにも思います。
    その意味で、物理的にではなく、「

    本書の最大の特徴は、典拠の資料として、政権の中枢にいた当事者へのインタヴューを利用している点です。それは、ポル・ポトや民主カンプチア政権に関するこれまでの書籍の著者らが望んでいても果たせなかったものです。しかしそれが、従来の書籍に比べて特別な力を与えたように感じられなかったのが残念です。ストーリーテラとして、わかりやすさを優先した結果でしょうか?
    ポル・ポト時代に至る前の、シハヌーク時代のカンボジア国内の状況についてかなり詳細に記述しています。この意味で、ポル・ポト政権の「したこと」だけでなく、その「歴史的背景」を視野に入れ、全体像を捉えようとした意欲がみえます。
    訳はあまり評価できません。地名や人名について通常とかけ離れた表記があり、カンボジア関連の他の書籍と対照させる上で面倒です。ほか、1997年を1977年と記すなどのミスがあります。

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类