成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 绝版孤本畅销价廉◆影武者徳川家康(德川家康死后替身影武者)〈上、中、下三冊全部〉 (新潮文庫) 隆 慶一郎 (著)★★★東大文学部仏文科卒。辰野隆、小林秀雄に師事編集者大学で仏語教師を勤める
  • 绝版孤本畅销价廉◆影武者徳川家康(德川家康死后替身影武者)〈上、中、下三冊全部〉 (新潮文庫) 隆 慶一郎 (著)★★★東大文学部仏文科卒。辰野隆、小林秀雄に師事編集者大学で仏語教師を勤める
  • 绝版孤本畅销价廉◆影武者徳川家康(德川家康死后替身影武者)〈上、中、下三冊全部〉 (新潮文庫) 隆 慶一郎 (著)★★★東大文学部仏文科卒。辰野隆、小林秀雄に師事編集者大学で仏語教師を勤める
  • 绝版孤本畅销价廉◆影武者徳川家康(德川家康死后替身影武者)〈上、中、下三冊全部〉 (新潮文庫) 隆 慶一郎 (著)★★★東大文学部仏文科卒。辰野隆、小林秀雄に師事編集者大学で仏語教師を勤める
  • 绝版孤本畅销价廉◆影武者徳川家康(德川家康死后替身影武者)〈上、中、下三冊全部〉 (新潮文庫) 隆 慶一郎 (著)★★★東大文学部仏文科卒。辰野隆、小林秀雄に師事編集者大学で仏語教師を勤める
  • 绝版孤本畅销价廉◆影武者徳川家康(德川家康死后替身影武者)〈上、中、下三冊全部〉 (新潮文庫) 隆 慶一郎 (著)★★★東大文学部仏文科卒。辰野隆、小林秀雄に師事編集者大学で仏語教師を勤める
  • 绝版孤本畅销价廉◆影武者徳川家康(德川家康死后替身影武者)〈上、中、下三冊全部〉 (新潮文庫) 隆 慶一郎 (著)★★★東大文学部仏文科卒。辰野隆、小林秀雄に師事編集者大学で仏語教師を勤める
  • 绝版孤本畅销价廉◆影武者徳川家康(德川家康死后替身影武者)〈上、中、下三冊全部〉 (新潮文庫) 隆 慶一郎 (著)★★★東大文学部仏文科卒。辰野隆、小林秀雄に師事編集者大学で仏語教師を勤める

绝版孤本畅销价廉◆影武者徳川家康(德川家康死后替身影武者)〈上、中、下三冊全部〉 (新潮文庫) 隆 慶一郎 (著)★★★東大文学部仏文科卒。辰野隆、小林秀雄に師事編集者大学で仏語教師を勤める

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   JAPAN◆新潮社本 –1993/8【上、中、下册】
  • ISBN:   9784101174150
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 印刷时间:   1993-08
  • 印次:   1
  • 印数:   14千册
  • 装帧:   软精装
  • 页数:   639页
  • 字数:   611千字
  • 作者: 
  • 出版社:  JAPAN◆新潮社本 –1993/8【上、中、下册】
  • ISBN:  9784101174150
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 印刷时间:  1993-08
  • 印次:  1
  • 印数:  14千册
  • 装帧:  软精装
  • 页数:  639页
  • 字数:  611千字

售价 68.93 3.6折

定价 ¥192.00 

品相 八五品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2019-04-17

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 小说
    货号:
    scrky-756 -150825
    品相描述:八五品
    护套封皮有皱褶,封皮存在磨损其纸边翻摸磨透,纸张发黄色,本栏目图片仅仅供参考,与实际不同没有书皮,书内基本洁净。书内个别处纸张有折。三册的书脊封皮上方和上册书脊封皮下方以及前后封皮上下的均有磨损开裂小口
    ◆诡计多端神谋多算◆影武者徳川家康(德川家康死后替身影武者)〈〈上、中、下三冊全部〉 (新潮文庫) 文庫 – 1993/8/31隆 慶一郎  (著)★★★文庫:(此书有漫画版和电影版电视剧上册 639ページ 中册 664页 ,下册 634页
     出版社: 新潮社; 改版 (1993/8/31)
    ISBN-10: 4101174156
    ISBN-13: 978-4101174150
    発売日: 1993/8/31
    商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm 该书是日本时代历史小说,故事始于德川家康被岛左近配下的武田暗杀。透露德川家康被害的消息不仅影响下面士兵的斗志,也会在今后的
    商品描述:
    ◆历史学家柏杨说中国有两本书可以和德川家康相比那就是三国演义和资治通鉴。这是一本日本首相要求日本内阁成员必读的的书。这是一本日本松下电器公司松下幸之助要求该公司员工的必读书,这是一本以前驻日本美国大使认为要了解日本,超越日本,必须先读的图书。此书是21世纪国家治理从政战略的秘典,是当今商战的制胜法宝◆影武者徳川家康〈上、中、下三冊全部〉上册 639ページ 中册 664页 ,下册 634页
     (新潮文庫) 文庫 – 1993/8/31隆 慶一郎  (著)★★★文庫: (此书有漫画版和电影版电视剧)639ページ
    出版社: 新潮社; 改版 (1993/8/31)ISBN-10: 4101174156  ISBN-13: 978- 01174150 
    発売日: 1993/8/31 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm 该书是日本时代历史小说,德川幕府时期,该书是日本时代历史小说,故事始于德川家康被岛左近配下的武田暗杀。透露德川家康被害的消息不仅影响下面士兵的斗志,也会在今后的血战中败下阵来,影响德川家族统一天下的大业。于是,作为苦肉之计,硬是把影武者世良田二郎三郎作为德川家康死后替身影武者。可是,这个(德川家康死后替身的影武者非同小可,是曾经在一向一揆起义中刺死织田信长的武将。在十年德川家康替身影武者的生活中练就了德川家康的兵法和思维方式。中册描写的是,二郎三郎就成为幕后自由自在操纵德川家康的嫡子德川秀忠的智慧武将。二郎三郎的宏大梦想是要实现江户东京和关西大阪的和平统一,在其独立王国骏川(名古屋)府为中心构筑自由的公共交界,在此期间成功地防御了勾结基力斯丹势力倒翻幕府的叛乱,终究用德川秀忠的谋略点燃了大阪之战的火种。做了15年替身假德川家康..本书在最后一集下册描写的是在关原之战中获得大胜以后的德川家康阵营的故事。嫡子德川秀忠企图在稳定德川家康政权以后,取消干掉二郎三郎作为影武者。影武者二郎三郎知道此消息之后,提拔毙命德川家康的岛左近卫成为军师,并且容纳甲斐地区六郎率领的风魔之众作为为友军以此逼迫德川秀忠交出政权,又开始了惨烈的权力斗争。同时为了构筑泰平之世,加紧建筑与江户大阪势力抗衡的骏川古城 。。
    山景书摊 Mountain view bookstore  거 니 와 서점  Горный пейзаж книжный магазин  Librairie ShanJing 山景色の本屋
    隆/慶一郎
    1923‐1989。東京生れ。東大文学部仏文科卒。在学中、辰野隆、小林秀雄に師事する。編集者を経て、大学で仏語教師を勤める。中央大学助教授を辞任後、本名・池田一朗名で脚本家として活躍。映画「にあんちゃん」の脚本でシナリオ作家協会賞受賞。’84年、『吉原御免状』で作家デビュー。’89年には『一夢庵風流記』で柴田錬三郎賞を受賞。時代小説界に一時代を画すが、わずか5年の作家活動で急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    慶長五年関ヶ原。家康は島左近配下の武田忍びに暗殺された! 家康の死が洩れると士気に影響する。このいくさに敗れては徳川家による天下統一もない。徳川陣営は苦肉の策として、影武者・世良田二郎三郎を家康に仕立てた。しかし、この影武者、只者ではなかった。かつて一向一揆で信長を射った「いくさ人」であり、十年の影武者生活で家康の兵法や思考法まで身につけていたのだ……。およそ小説というものを読むようになって25年位になりますが、ここまで惹きこまれた時代小説は後にも先にもありません。友人にすすめられるままに読んだこの作品がきっかけとなり、隆氏の全作品はもちろん、柴田、五味、藤沢作品などを読み漁り、時代小説の虜となっていきました。作中では、身震いするほど魅力的で人間味あふれる漢(おとこ)達とともに苦悩し、歓喜し、何度も涙しました。読了後の感動は暫くの後に、この偉大な作家はもうこの世にいないのだという寂寥感へと変わっていきました。全ての読書家、特に男性にお勧めいたします。

    私が隆慶一郎を知ったのは、かつて週刊少年ジャンプで連載されていた「花の慶次」であった。後に「影武者徳川家康」も連載されたが、未完の形で終わってしまった。続きが気になった私は、小説版の原作を読んでみようという気になった。そして漫画版と原作の違いに気づいた。漫画版は、少年誌のためにアレンジされた部分があり、合戦や人情話に比重をかけざるを得ないだろう。小説は違った。確かに冒頭で徳川家康が暗殺されて、影武者が代わって合戦の指揮をとるという衝撃的な場面がある。しかし、その主題は、「道々の輩」という言葉に表される隆慶一郎の歴史観だったのである。私は専門家でないからその詳しい内容は書かない。漫画版しか知らない人も読んでほしい。後にこの作品はドラマ化されたが、私は!見ていない。三分冊に及ぶこの作品を1クールで表現できるとは思えなかったからだ。ドラマを見た方で、「道々の輩」の歴史観をご存知ない方も、
    これまで『吉原御免状』のシリーズ、『一夢庵風流記』、『捨て童子松平忠輝』など読んできたが、
    間違いなくこれが作者の最高傑作だろうと思う。

    作者は時代小説のかつての大御所の一人。
    時代小説といえば、どちらかというとニヒルなハードボイルドが主流かという気もするが(最近はまた違う感じだが)、
    この作家には一種大らかなロマン主義があって、読者によってはそれが魅力だろう。
    ここでも、他の作品に共通して登場する「道々の者」と呼ばれる自由人たちや、
    その自由な独立国のモチーフなどにそうした面は現われていて、作者の嗜好がよくわかる。
    個人的にはハードボイルド趣味なのか、これまでは、それなりに楽しみながらも、やや物足りなくもあった。
    が、この作品ではそうした好みの問題以上に、プロットのスケールの大きさと厳しさとが際立っていて、それが読ませる。

    そのプロットとはいうまでもなく家康が途中から影武者だったという着想である。
    題からしてすぐわかるわけだが、どういうわけか、この点にはあまり興味を覚えてこなかった。
    奇想天外すぎて面白さの質まで思いが至らなかったせいか。
    だが影武者が入れ替わるとすると、そこには困難の大きさと、それを乗り越えていくことのとんでもない冒険性がある。
    それはたとえばル・カレなどの上質のスパイ小説にも似ているように思うが、
    国の命運を左右するスケールと、政治的駆け引き、陰謀策謀渦巻く知的なバトル、
    そして直接の暴力的なアクション、秘密に絡む複雑な人間感情と心理、などが複雑に錯綜してくるわけで、
    これが面白くないはずはない。

    多少歴史解説めいた中盤がやや刺激を欠くものの、特に最初のほうは面白い。
    人物の言動とその描写からにじみ出る人間自体をこれほど楽しめる小説を読むのは久しぶりだ。
    いわば人物の一挙手一投足が、人間というもののの様々な味わいを描き出すためにある感じ。

    なお、家康を影武者とするのは、作者の単なるアイデア上の離れ業ではなく、
    どうやら史実に照らして本気で信じているらしいのもわかった。
    この種の歴史秘話としては、宮本武蔵複数説や、チンギスハン=義経説が有名だが、
    ここではそうした仮説自体が、謎解きや材料としてよりも、そのまま小説の核として具現しているのがすばらしいと思う。

     ちょっとめくってみて、意外ととっつきやすい文章だったので読んでみました。  ここでは徳川家康は関が原の合戦で死んでしまい、やむなく立てた影武者がそのまま家康として一生を送った、という仮説の上に話が進んでいく。しかし、話の展開は非常に自然で、これが事実だったと思わせるほど。
     影武者が本物としてやっていく上での微妙な立場、暗殺の危険、それをひらりとかわしてみせる才覚。  この家康がまた人情味にあふれた行動をするので、ジーンとする場面もたくさん。  この本で、昔の人たちの濃厚な人生を味わい深く書いた歴史小説の面白さに目覚めました。

    どのような作家でも、その作品の登場人物には、自己の信条や理想が反映される。隆慶一郎氏はその傾向が強いが、その中でも「影武者徳川家康」は、その最たるものではないだろうか。
    自由な生き方を貫く「道々の輩」、果断な「いくさ人」、そして「家康影武者説」…隆氏の小説の至る所で見られる特徴だが、本書ではその集大成として、作家隆慶一郎の主要なテーマがすべて存分に語りつくされ、また相互に有機的に繋がり、スケールの大きい、まさに隆氏畢生の大作となっている。

    ところどころ、長すぎる記述があったり、強引なストーリーの展開もあるかも知れない。だがそれは、隆氏がこの小説にかけた思いの丈の強烈さの裏返しでもある。いや、そうした欠点さえも、実はこの圧倒的な小説の魅力の一つであるのではないだろうか。

    この小説を読んで思うのは、男たちも女たちも、気高く颯爽として潔い。自由人として生き抜いた二郎三郎、類稀なるいくさ人にして人間的魅力に満ち溢れた島左近、超人的な六郎、美しく誇り高く愛情豊かなお梶の方…こんな人物たちに小説の世界とはいえ、巡り合えて、その世界をしばし堪能できるのは、幸福なことだと思う。

    また、今の時代を生きる一人の読者として、島左近に代表されるの「いくさ人」の心構えには心を動かされる。現実から逃げず、しっかり見据えて、その中でできる限りの対応をする。そして余計なことは心配しない。過ぎ去ったことにもくよくよしない。常に前を向いて生きる。実行するのは簡単ではないかも知れないが、左近や二郎三郎の生き方を、これからも心のどこかに留めておきたいと思う。そう思えるのは、この作品と登場人物の素晴らしさがあってこそのことなのだと思う。およそ小説というものを読むようになって25年位になりますが、ここまで惹きこまれた時代小説は後にも先にもありません。友人にすすめられるままに読んだこの作品がきっかけとなり、隆氏の全作品はもちろん、柴田、五味、藤沢作品などを読み漁り、時代小説の虜となっていきました。作中では、身震いするほど魅力的で人間味あふれる漢(おとこ)達とともに苦悩し、歓喜し、何度も涙しました。読了後の感動は暫くの後に、この偉大な作家はもうこの世にいないのだという寂寥感へと変わっていきました。全ての読書家、特に男性にお勧めいたします。

    関ヶ原の戦い以降の家康が実は影武者だったという、奇抜なストーリー。その発想に読者はあっと驚くに違いない。さまざまな記録書の引用があるが、それを読むとなるほどそういう解釈もあるのかと、感心させられる。
    家康思いの親孝行な息子として伝えられている秀忠。その秀忠もここでは腹黒い男として描かれている。影武者家康と秀忠のその攻防は、まさに手に汗握る激しさだ。
    真実を知るすべはない。しかしこの本を通し、過去の歴史にさまざまな思いをめぐらせるのも、楽しいかもしれない。

    史実と仮説をうまく組み合わせて一流のエンターテインメント性を持たせながら、学問的興味も喚起する作品。小説の作り方、という点でも興味深い。多くの知識に裏打ちされているからこそでもあろう。著者自身によるあとがきや縄田一男氏の解説も読み応えある。シナリオライターを長年やっていたとしても60歳を過ぎてからの作家活動でこれだけの作品を生み出したことは驚異的でもある。

    関ヶ原の戦いの時、家康は59歳だったということも、改めて感慨深いものであった。50代後半の自分が人生に倦んだようなことを考えているのが恥ずかしい。家康にせよ小説のごとく影武者であったにせよ、そこから15年、現役として様々な活躍をし、三人の子まで作っている。自分の安逸な人生設計を恥ずかしいと感じるくらいである。

    60歳過ぎての作家人生で家康(影武者ではあるが)の60代以降の頑張りを描く。定年前のサラリーマンにとって、この先の人生ももっとアクティブであるべきであるとの励ましの書でもありえる。

    既に諸兄多数が”傑作”と投稿されていますが、異論ありません。独自の発想で物語が展開されていきますが、裏づけに文献・資料を引用されると、そうだったのか・・・と納得させられてしまいます。どこまでがフィクションでどこがノンフィクションか、渾然とした面白さがあります。長編なので読むのにも時間を要しますが、裏切られることは少ないと思います。

    面白くてどんどん読み進めてしまいます。
    中も楽しみっ。

    歴史ものは数多く読みましたが。
    人に勧める一冊は?と聞かれたらこの本を選びます。
    作品の構成上、歴史IFものに分類されるのかも知れませんが。
    そんな枠では収まりません。
    とにかく説得力がすごい。もう、これが史実でいいんじゃないか?って気になります。

    歴史に詳しい人も詳しくない人も
    徳川秀忠と柳生宗矩だけが好き!って人以外は間違いなく面白く読めると思います。およそ小説というものを読むようになって25年位になりますが、ここまで惹きこまれた時代小説は後にも先にもありません。友人にすすめられるままに読んだこの作品がきっかけとなり、隆氏の全作品はもちろん、柴田、五味、藤沢作品などを読み漁り、時代小説の虜となっていきました。作中では、身震いするほど魅力的で人間味あふれる漢(おとこ)達とともに苦悩し、歓喜し、何度も涙しました。読了後の感動は暫くの後に、この偉大な作家はもうこの世にいないのだという寂寥感へと変わっていきました。全ての読書家、特に男性にお勧めいたします。

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类