成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 日文九五品7元 最低降价 书名  活動写真の女 演电影的女人  (集英社 浅田次郎著 /長編恋愛小説2000畅销好评抢手纯文学生活气息浓厚电影厂打工青年爱上女明星失恋不遇伤恋甜蜜而又伤感的回忆语言地道适合各种水平日语爱好者读了就喜欢

日文九五品7元 最低降价 书名 活動写真の女 演电影的女人 (集英社 浅田次郎著 /長編恋愛小説2000畅销好评抢手纯文学生活气息浓厚电影厂打工青年爱上女明星失恋不遇伤恋甜蜜而又伤感的回忆语言地道适合各种水平日语爱好者读了就喜欢

举报

新书好品好评出血大降价日本电影历史文化女优女演员

  • 作者: 
  • 出版社:   日本集英社电影厂打工青年爱上女明星失恋不遇伤恋甜蜜而又伤感的回忆语言地道适合各种水平日语爱好者读了就喜欢
  • 出版时间: 
  • 版次:   2
  • 出版地:   日本国日本东京japan tokyo
  • 印刷时间:   2000-05
  • 印次:   2
  • 装帧:   软精装
  • 尺寸:   153 × 106 cm
  • 纸张:   轻型纸
  • 页数:   322页
  • 正文语种:   日本国語日文日語
  • 作者: 
  • 出版社:  日本集英社电影厂打工青年爱上女明星失恋不遇伤恋甜蜜而又伤感的回忆语言地道适合各种水平日语爱好者读了就喜欢
  • 出版时间: 
  • 版次:  2
  • 出版地:  日本国日本东京japan tokyo
  • 印刷时间:  2000-05
  • 印次:  2
  • 装帧:  软精装
  • 尺寸:  153 × 106 cm
  • 纸张:  轻型纸
  • 页数:  322页
  • 正文语种:  日本国語日文日語

售价 15.97

品相 全新品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2019-04-09

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 文学
    货号:
    A09402
    品相描述:全新
    附带研究论文解说一篇  活動写真の女 日文好品特价 (集英社文庫) 浅田次郎著 /長編恋愛小説2000畅销好评抢手纯文学生活气息浓厚电影厂打工青年爱上女明星失恋不遇伤恋甜蜜而又伤感的回忆语言地道适合各种水平日语爱好者读了就喜欢昭和四十四年、京都。大学の新入生で、大の日本映画ファンの「僕」は友人の清家忠昭の紹介で、古き良き映画の都・太秦の撮影所でアルバイトをすることになった。そんなある日、清家は撮影現場で絶世の美女と出会い、激しい恋に落ちる。しかし、彼女は三十年も前に死んだ大部屋女優だった―。若さゆえの不安や切なさ、不器用な恋。失われた時代への郷愁に満ちた瑞々しい青春恋愛小説の傑作。
    商品描述:
    活動写真の女 日文好品特价 (双葉文庫) 浅田次郎著 /長編恋愛小説2000畅销好评抢手纯文学生活气息浓厚电影厂打工青年爱上女明星失恋不遇伤恋甜蜜而又伤感的回忆语言地道适合各种水平日语爱好者读了就喜欢
    文庫: 325ページ
    出版社: 集英社 (2003/05)
    言語: 日本語
    ISBN-10: 4087475743
    ISBN-13: 978-4087475746
    発売日: 2003/05
    商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1.4 cm
    おすすめ度: 5つ星のうち 4.3   22件のカスタマーレビュー
    Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 112,256位 (本の売れ筋ランキングを見る)
    518位 ─ 本 > 文学・評論 > 文芸作品 > 日本文学 > あ行の著者
    807位 ─ 本 > 文学・評論 > 文学賞受賞作家 > 直木賞 > 101-125回
    1133位 ─ 本 > 文庫 > 一般文庫 > 集英社文庫
    浅田次郎大好きです。面白かったです。ちょっと普通じゃない感じお勧めです。

    浅田節は健在。すぐに彼の作品だと分かるようなものだが、ちょっと苦言を…彼の描く京大映画部は、描かれた時代に京大で学生生活を送ったものとして言わせてもらえば、ナンパなどにうつつを抜かしたりしていなかった。多分それは現代の一般的な風潮と映画部と言う名前から来た彼の独断だ。

    不思議な世界ですが、おどろおどろしさがないので、さみしさが残ります。

    戦前から戦後の衰退まで、日本の映画界の歴史が好きな方にはたまらない一品です。
    往時の京都大学の学生の暮らしぶりと怪談(?)が上手く絡めてあってテンポ良く読めます。
    ラストは、「おお・・・そういうオチですか。お幸せに。。」という、淋しいような微笑ましいような、
    浅田先生がカメラワークを行っているかのような筆致に脱帽。
    面白かったですよ。

    時代背景、映画文化の衰退、そんな中でもがく製作者達、女俳優の流転を使い見事にまとめあげ 予想もできない顛末に読み応え十分。
    奥の深い傑作だと思う。

    浅田次郎が書く怪奇譚は怖さよりも物悲しく、幽霊の心情に傾いていくのが多いですね。それだけ感情移入してしまうのでしょうね。

    昭和のかおりに包まれた美しい怪談です。

    女優の幽霊をめぐる人々の一途さにやられました。

    恋愛小説は正直苦手で、紹介文にも恋愛小説とあったので
    読むのを躊躇しましたが、読んでよかったと思います。

     東大の入試がなかった運命の昭和44年。僕(薫)は東京の高校を卒業し、京都大学文学部の1回生となった。関東と関西の違いになじめない彼が初めて心を開いた友人に紹介されたのが京都太秦の撮影所でのアルバイト。そこで彼らが見た美人女優は・・・。
     友情、恋愛、ノスタルジー・・・。京都の地図を片手に、昭和13年と昭和44年を行き来することができる贅沢な読書空間を楽しみたい。実名で登場する映画人、映画作品など、映画好きにはたまらない一作。
    なんと優しくなんと柔らかい語り口。 モノクロ映画の名品のごとき味わい。浅田次郎の古き良き時代と映画への憧憬が痛いほど伝わってくる。ついでにぼくが忘れかけていた映画への憧憬までもが呼び覚まされてしまった。
     『活動寫眞の女』を読み終えた深夜、矢も立てもたまらなくなった。『人情紙風船』のビデオを引っ張り出し、深夜2時までかかって見てしまったのだ。ビデオで申し訳ない。>辻さん。
     確かにこのラストシーンは絶品。山中貞雄の寫眞は、ほとんどが空襲で焼失している。非常に残念。
    異界の者との交流を描く物語のプロットは、怪談として知られる「牡丹灯篭」や山田太一氏の「異人たちとの夏」などと同じくして、物語の終わりにはやがて、かくし世の存在に誘われるように、現世の存在である主人公や準主人公をこの世ならざる世界へ連れ去っていってしまう……そんな型通りの筋運びなのだが。
     しかし、なんとはかなくも美しくたおやかな存在として余韻と哀愁をのこす、もののけであったろう。そして70年という栄枯盛衰の時間軸を辿って消えていった活動写真の、和製ハリウッド・京都での絶頂とその後の斜陽とぃう時代の雰囲気を巧みに織り込みながら語られる、この恋物語の切なさや胸苦しさは、もはや『恋い焦がれ死ぬ』ということが大時代なもの言いとしか聞かれない渇いた現在にあって、こころ騒がさずにはおれない情動となって泪をにじまさずにはいられなかった。
     こころの琴線に触れるという言い回しがあるが、この著者ほどその勘所をとらえた文章をものする語り手はいないだろうと、ほんとに思う。ほんとに。

    映画の世界と現実の世界の間にある京都の撮影所を舞台にした物語ではあるのだが、実際にありそうな気もするくらい描写が細やかである。京都の街中を主人公やその恋人、友人たちと一緒に歩いているような錯覚をさえ覚える。実際に訪ね歩きたいような気にもさせる記述である。映画の世界が最近話題になっているがやはり、活動屋の特異な世界が薀蓄とともに展開して、しかもそれがずいぶん美しく描かれていることに感動を覚える。                 
     

    作品全体に漂う昭和の匂いとオカルトな設定が融合して、不気味な世界観が作り上げられている。
    昭和の映画にある独特の覇気と寂寥感。
    古い映画を殆ど観たことがないのだが、これを機に観てみようと思う。

    友情と恋愛の価値観などの、現代との相違がひしひしと伝わってくる。

    私も京都で大学生活を過ごし、はや30年。自分の大学時代の生活
    そのままの情景描写にまず心を奪われました。嵐電に乗って太秦にも
    よく行ったものです。懐かしい場所が思い浮かび、それだけで嬉しく
    なりました。ひねりはありますが、瑞々しい恋愛小説であるのですが、
    同時に「カツドウ屋」達に対する愛惜の念、古きよき時代の映画に対する
    オマージュが一杯で胸が熱くなりました。浅田さんの小説は、ほんとに
    心がありますね。忘れかけたものを思い出させてくれます。
    映画の世界と現実の世界の間にある京都の撮影所を舞台にした物語ではあるのだが、実際にありそうな気もするくらい描写が細やかである。京都の街中を主人公やその恋人、友人たちと一緒に歩いているような錯覚をさえ覚える。実際に訪ね歩きたいような気にもさせる記述である。映画の世界が最近話題になっているがやはり、活動屋の特異な世界が薀蓄とともに展開して、しかもそれがずいぶん美しく描かれていることに感動を覚える。 
    本文中には“歯の浮いてしまう”ようなきれいな文章が多々出てくる。「奇麗事だ」「美談だ」のようにとらえる人も多いでしょう。しかし浅田作品の場合には、そういった気持ちを通り越して、自分の中にある素直な気持ちを掘り起こしてくれる面があります。この「活動写真の女」でも、初めて恋をした主人公の溢れんばかりのうれしさ、愛おしさを超越する愛しい気持ち、その分苦しくて、切なくて、自分でも舵の取れない恋の行方に葛藤している。そんな主人公が頭の中で画になると同時に、自らの淡い恋の思い出を重ねて懐かしむことのできる、青春恋愛小説の1冊です。

    残念ながら、活動写真や京都という題材に興味が持てずじまいでしたが、
    いつもの「過去と現在」「あの世と現世」のシンクロに
    引き込まれてつい読まされてしまうのが、浅田作品のすごさですね。

    白けてしまった点がひとつあり、
    主人公が京都を引き上げる決心をする動機づけが薄く、かなり
    唐突に感じられたことです。
    (これは「シェエラザード」のラスト、女主人公である元新聞記者の
    決断に関しても同様の感想。)

    それでも。ラスト、自分が小説という媒体を読んでいるのを
    忘れ、一緒に映画館にいてスクリーンを見ているのではないかと錯覚してしまう
    ほどの素晴らしさ。全部帳消し、となりま
    当初は、あまり期待せずに読み始めたが、途中から作者の世界にどっぷりと浸かってしまい、
    読み終えても少しばかり物語りの時代にいるような気がした。
    TV時代に育った私であるが、先人の映画への情熱がどれほど強かったのか理解できた。
    読み進めて、いつのまにか私もその時代にトリップしていた。
    そこかしこに浅田節があり、この心に染み渡るような感覚は作者独自のものだと思う。
    名作の一つだと感じた。

    ミステリアスなストーリーそのものには余り触れない。
    自分自身としては、浅田の作品は『壬生義心伝』のような時代物が好きで、『地下鉄に乗って』など、夢とうつつの世界の行き来を描く作品そのものはそれほど好きではないから。
    ただ、この作品の舞台になった昭和44年、1969年という、当時の若者にとって特別な年あたりの時代を、それも同じ京都で学生時代を過ごした人間として、本作品で語られる京都の一コマ一コマが、まさに自分の青春を思い起こし、心が揺さぶられた。
    大げさのようだけど、尋常には読めなかった。

    主人公を自分に置き換えて読んでしまう。主人公の目に写る風景が、京都の学生の街としての町並みが鮮やかによみがえった。
    もう掛け値なしの、☆5つです。

    正直言って、最初に言った、あの世とこの世の行き来、のようなところは本音を言うと好きなジャンルではありません。それでも、この舞台設定は、私の年代で京都にいたモノにはこたえられない。
    懐かしくって懐かしくって、本当に気持ちが高ぶった。

    浅田次郎の作品を眺めていますと、過去と現在の人物が時空間を越えてシンクロする作品をよく見ることがあります。本書もそんなノスタルジアを醸し出す雰囲気を漂わせながら時代を越えて繰り広げられる青春と恋愛をテーマにして書かれた小説です。

    ネタばれになりますので詳しく書けませんが、昭和40年代の京都の学生と戦前期の映画俳優との美しいからみですから、そのまま映画になりそうな表現力でした。人物描写力に定評のある作家ですし、心の琴線に触れる言葉も散りばめられていますので、感傷的な気分にさせられもします。

    大学紛争当時の京都大学をモティーフに黒谷、真如堂、南禅寺という東山界隈が舞台となって登場します。老舗の喫茶店も出てきますので、当時京都で学生時代を送った人には懐かしいシーンが数多く登場します。
    学生の街であり映画発祥の地でもあり、世界的な観光歴史都市でもあり、今なお日本の古き景観を残す街として愛される京都が舞台ですから、それらの追体験という意味においても満足できるでしょう。

    まだ太秦映画村として営業する以前の時代に繁栄した太秦界隈の各社の映画撮影所の姿が描写されています。東洋のハリウッドと称された太秦がテレビの到来と共に衰退していく頃でもありますので寂寥感も漂っていました。

    著者の短編「オリヲン座への招待状」でも、昭和30年代の京都の廃れいく映画館と映画技術者の姿を描いており、この頃の京都と映画をテーマにした小説はかなり著者の心に深く根ざしたものだと言えるでしょう。

    浅田次郎には『地下鉄に乗って』『椿山課長の七日間』など、この世とあの世を結ぶ作品があるが、1970年の頃の京都を舞台にした、この作品もそのひとつです。

    浅田次郎は東大に行かず、自衛隊に入ったが、その理由は生活のためと言う事になっているが、1969年の安田講堂の占拠で東大の入試がなくなったためだとも考えられる。

    そのため、京大文学部に入学した主人公に映画の世界を、京都の街を語らせたの
    京都というのは大学生の多い町です。又、太秦にみられるような日本映画史の舞台でもあります。その二つの要素を巧く織り込んだ怪談じたての物語でした。東京生まれの主人公が、京都大学に入学し下宿生活を開始する場面から始まるのですが、京都を異国のように感じています。言葉になじめず疎外感を感じます。このあたり大学生活で初めて故郷を後にした若者の気持ちが非常に良く出ていると思いました。そして、友人ができ、恋人ができ、知り合いが増えてゆき、その町に同化してゆくわけです。映画少年である主人公は、友人の紹介で撮影所でアルバイトを始めます。その友人が、撮影所で女優の霊と出会い恋に落ちるという話になってゆくのですが、その女優の謎を探ってゆくことが、日本映画の創世記を振り返ってゆくことになっています。これと主人公の恋愛を対比させながら、青春時代の恋愛とは、実は幻なのではないか、という思いを起させるのです。日本映画へのオマージュ、古都、京都の大学生という魅惑的な要素を持った作品でした。味わえます。映画ファン、京都ファンの方にはお勧めです。

    私の年齢からは、テレビや本でしか覗いたことのない昔の映画の世界。
    ですが、懐古的に「活動写真」の世界を若者の恋愛などを織り交ぜながら読ませてくれるので面白かったし、勉強にもなりました。
    全体的には、幽霊が出てくるだけあって陰鬱として、読後は、なんとなく寂しくなりましたが、浅田次郎さんの文章の巧みさで一気に読ませます。
    おすすめです。

    本文中には“歯の浮いてしまう”ようなきれいな文章が多々出てくる。「奇麗事だ」「美談だ」のようにとらえる人も多いでしょう。しかし浅田作品の場合には、そういった気持ちを通り越して、自分の中にある素直な気持ちを掘り起こしてくれる面があります。この「活動写真の女」でも、初めて恋をした主人公の溢れんばかりのうれしさ、愛おしさを超越する愛しい気持ち、その分苦しくて、切なくて、自分でも舵の取れない恋の行方に葛藤している。そんな主人公が頭の中で画になると同時に、自らの淡い恋の思い出を重ねて懐かしむことのできる、青春恋愛小説の1冊です。

    昭和40年代の京都太秦が舞台のミステリタッチの小説。ふとしたことから映画のエキストラに出た京大生3人が体験するひと夏のできごとを京都の四季・風情を織り交ぜながら叙情的に描いていく。主な登場人物は京大生の主人公・薫と先輩であり恋人の早苗、医学部の友人・清家、最後の活動屋を自認する辻、大部屋女優でしかもこの世の人ではない伏見夕霞。
    読了して感じたことは、著者の出世作となった『鉄道員』と随分似通っている内容であるということだ。短編・長編の違いはあるが、対を成す作品であるような気がする。初版は1997年7月発行(『鉄道員』は同年4月発行)になっているので、『鉄道員』以後の作品となるが、ここでは脇役で出てくる活動屋・辻のいわゆる“職人気質モノ”を、更に内容を複雑化した長編と解釈できなくもない。
    『鉄道員』で完成されたかに見えるお涙頂戴・職人路線を、作者が再度こだわる必要がなんだったのか分からない。『鉄道員』の中でも有名になった台詞『したって、俺はポッポヤだから』はこの作品では『俺、カツドウヤさかい』という言葉に置きかえられており、思わず(またか…)とげんなり。そして、大部屋女優の伏見夕霞が著者お得意の“幽霊”で出てくると、再度幻滅。最後のとどめは活動屋の辻の昇天が職場であるフィルム倉庫の試写室での殉職ということになると、開いた口が塞がらない。僕にとっては長い長い『鉄道員PArt2』を読まされたような気がした。…ということで、この手の話はあまり新鮮さがなく、二番煎じの感も強いが、そこは著者のうまさか、気がついたらあっという間に読まされてしまった。(うーん、やられた)

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类