成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート
  • 許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート

許永中 日本の闇を背負い続けた男。講談社+α文庫) 森 功著 講談社ベストセラー 最も恐裏社会の帝王最後の黒幕」謎の日韓大物ロビイスト 獄中の許永中との60通政財界と裏社会の伝達人大阪・中津スタート

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   japan講談社
  • ISBN:   9784062813938
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 印刷时间:   2010-10
  • 印数:   1千册
  • 装帧:   软精装
  • 页数:   400页
  • 字数:   369千字
  • 作者: 
  • 出版社:  japan講談社
  • ISBN:  9784062813938
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 印刷时间:  2010-10
  • 印数:  1千册
  • 装帧:  软精装
  • 页数:  400页
  • 字数:  369千字

售价 24.99 2.4折

定价 ¥103.00 

品相 九五品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2019-04-06

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 历史
    货号:
    ktmikns-925-151004
    品相描述:九五品
    許永中 日本の闇を背負い続けた男 (講談社+α文庫) 文庫 – 2010/10/21
    森 功  (著) ★文庫: 400ページ 绝版孤本50幅日本政治家大财阀涉案黑白照片稀少稀缺黑幕操纵韩国日本经济财富政界的幕后黑手许永中贪污受贿涉案金额巨大此大男人的奢侈纪实文学写真贿赂金额之大令人震惊

    日本で最も恐れられ愛された男の悲劇

    ●封印され続けてきた原稿が語る驚愕の真実!
    ●「裏社会の帝王」「最後の黒幕」「謎の日韓大物ロビイスト」の素顔
    ●獄中の許永中との60通を超える往復書簡が語る悲劇
    ●「朝鮮部落」と呼ばれた被差別部落の不条理
    ●政財界と裏社会をつなぐ「闇の伝達人」の役割

    出版社から忌避され、封印され続けた原稿は、ベストセラーに――そして待望の文庫化!! 大阪・中津からスタートし、数多くのバブル企業家、政治家、ヤクザ、企業舎弟、フィクサーたちを取材して得られた許永中の実像は、「稀代の詐
    商品描述:
    許永中 日本の闇を背負い続けた男 (講談社+α文庫) 文庫 – 2010/10/21
    森 功  (著) ★文庫: 400ページ 绝版孤本50幅日本政治家大财阀涉案黑白照片稀少稀缺黑幕操纵韩国日本经济财富政界的幕后黑手许永中贪污受贿涉案金额巨大此大男人的奢侈纪实文学写真贿赂金额之大令人震惊
    出版社: 講談社 (2010/10/21)
    言語: 日本語
    ISBN-10: 4062813939
    ISBN-13: 978-4062813938
    発売日: 2010/10/21
    商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.2 cm
    山景书摊 Mountain view bookstore  거 니 와 서점  Горный пейзаж книжный магазин  Librairie ShanJing 山景色の本屋
    恐慌が生んだベストセラー!
    日本で最も恐れられ愛された男の悲劇

    ●封印され続けてきた原稿が語る驚愕の真実!
    ●「裏社会の帝王」「最後の黒幕」「謎の日韓大物ロビイスト」の素顔
    ●獄中の許永中との60通を超える往復書簡が語る悲劇
    ●「朝鮮部落」と呼ばれた被差別部落の不条理
    ●政財界と裏社会をつなぐ「闇の伝達人」の役割

    出版社から忌避され、封印され続けた原稿は、ベストセラーに――そして待望の文庫化!! 大阪・中津からスタートし、数多くのバブル企業家、政治家、ヤクザ、企業舎弟、フィクサーたちを取材して得られた許永中の実像は、「稀代の詐欺師」などではなかった! 「バブルの申し子」は何を守り、何を実現しようとしていたのか!?

    内容(「BOOK」データベースより)
    大阪・中津からスタートし、数多くのバブル企業家、政治家、ヤクザ、企業舎弟、フィクサーたちを取材して得られた許永中の実像は、「稀代の詐欺師」などではなかった!「バブルの申し子」は何を守り、何を実現しようとしていたのか。
    雅叙園の創業者の細川力蔵氏は、細川候爵家とは関係ありません。たたきあげの方のようなので、箔つけに細川家の傍流を自称していたかも知れませんが。
    細かいことですが、際どい内容のノンフィクションほど、事実誤認や理解不足の表現があると興ざめしますね。 許永中関連本では本書が最高峰の水準であろうと思います。収監中の許氏本人との往復書簡を含め、関係者に総当たりしてまとめた執念に頭が下がります。おそらくは、20年近い長期に渡る取材の蓄積が生きているのではないでしょうか。読み始めたら一気に読了しました。

     著者は元週刊新潮のデスクですが、興味深いのは、政治家亀井静香氏と許氏がらみの経済人との料亭での会合に新潮社の久恒という副社長が同席していることまで言及している点です。新潮社の人はよそのことは雄弁でも自分の会社の問題点に触れることを避ける体質がありますが、敢えて言及しているのは偉いと思いました。その会合で久恒氏は大臣を務めた亀井氏にため口をきく、ふんぞり返り方だったそうです。

     いったいなぜ新潮社幹部の久恒氏がそんなきわどい席にいたのか、著者の森氏の筆致はあいまい、というか、あまり追及しないため、真相は分かりませんが、どうせならば身内の恥も含めて暴露してほしかったです。許永中という男の豪快さ、
    フィクサーとして暗躍する動機、
    なかなか楽しめます!
    コメントこのレビューは参考になりましたか?
    はい
    いいえ
    違反を報告
    2人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    5つ星のうち3.0残念。。。。
    投稿者00852012年7月30日
    形式: 文庫Amazonで購入
    許永中に関する細かなストーリーや人物像については楽しめました。
    ただし、私にとっては文体が好みに合いませんでした。
    何度も同じことをクドクド書いたり、しばしば話が脱線したりして飽きます。

    この著者の本は二冊目です。
    全く知らない人について書かれてた前作も同じ文体でしたが
    知らないことばかりだったので何とか読めました。

    しかし許永中については、わりに知ってることが多かったので
    文が合わず2/3程で読むのをやめました。
    コメントこのレビューは参考になりましたか?
    はい
    いいえ
    違反を報告
    1人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    5つ星のうち5.0なんて凄い話の連続でしょうか。
    投稿者影2012年1月30日
    形式: 単行本
    驚きました、こんな男が日本にいたなんて。凄いと言うか呆れました。
    コメントこのレビューは参考になりましたか?
    はい
    いいえ
    違反を報告
    10人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    5つ星のうち4.0度胸のある男
    投稿者upwave2011年7月23日
    形式: 単行本Amazonで購入
    許永中、度胸のある男だと思う。
    横並び意識が強い日本人社会において、その度胸と強い個性で猛進して這い上がりつつ
    バブルという、正に資金力がモノを言う時代において、複数の会社を財布にして資金を廻し
    それに闇社会のみならず、表社会の政治家が群った。
    良く言えばフィクサー、悪く言えば金づるだったのだろうが、許にとってもは不幸なことに
    バブル崩壊により、見せ金が作れなくなったことにより、結果的に後者となりゲームオーバーとなった。
    筆者は許にとても同情的である。個人的には他書も含めて、更に検証する必要があると思われる興味深い人物
    だと思えた。ただ一つ感じていることがある。仮に彼が悪者だとしても、更なる大きな悪・闇がある。
    正に本書題名の通りである。
    コメントこのレビューは参考になりましたか?
    はい
    いいえ
    違反を報告
    21人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    5つ星のうち5.0新潮社副社長の久恒氏と「闇」の接点が興味深い
    投稿者マグマ2010年10月28日
    形式: 単行本
     許永中関連本では本書が最高峰の水準であろうと思います。収監中の許氏本人との往復書簡を含め、関係者に総当たりしてまとめた執念に頭が下がります。おそらくは、20年近い長期に渡る取材の蓄積が生きているのではないでしょうか。読み始めたら一気に読了しました。

     著者は元週刊新潮のデスクですが、興味深いのは、政治家亀井静香氏と許氏がらみの経済人との料亭での会合に新潮社の久恒という副社長が同席していることまで言及している点です。新潮社の人はよそのことは雄弁でも自分の会社の問題点に触れることを避ける体質がありますが、敢えて言及しているのは偉いと思いました。その会合で久恒氏は大臣を務めた亀井氏にため口をきく、ふんぞり返り方だったそうです。

     いったいなぜ新潮社幹部の久恒氏がそんなきわどい席にいたのか、著者の森氏の筆致はあいまい、というか、あまり追及しないため、真相は分かりませんが、どうせならば身内の恥も含めて暴露してほしかったです。

    民主党による政権下となった日本が、ヤミ社会とのドロドロを断絶できるのか?

    亀井静香・小沢一郎という、旧来の利権あさり政治屋が、どう延命するのか?
    あらためて、注目すべきと思います。

    かつて、創業者がやっと株式を上場するとき、総会屋にコトを頼むのが当然だった日本。
    今こそ新しい時代の、明言した通りの、クリーンな政治を実現してもらいたい。

    体力・知力に恵まれた在日韓国人が、必死に生きて、ソウル五輪の貴賓席にすわる。許永中のがんばりに、
    きたない政治屋どもとは対極の、輝きを感じました。
    日本のために、この勇気をもって、著者には力を尽くして頂きたい。

    許永中氏との関係が途絶えてしまったのは、著者にとっては相当ツライところであろう。
    そもそも事件そのものが不明朗な部分が多く、主役のコメントも取れないとあっては、結局輪郭をなぞる程度のものにならざるを得ないのは致し方ないかもしれない。ただ、そうならば敢えて本書を世に問う意義はあったのだろうか?結局「見切り発車」の感が否めず、この手のノンフィクションで読後に味わう、あの何とも言えない「鈍い衝撃」が味わえなかった。
    また、文章が「こなれていない」という印象があり、車でいう「ノッキング」みたいに感じる箇所が結構あった。題材が題材なだけに、総じて「残念」という感じである。

    丹念な取材の積み重ねにより、許の生い立ちや事件の経緯が詳細に書かれている。

    しかし、許の半生の記録は既に数回本になっているし、数々の事件は当時から現在に至るまで、これでもかって位週刊誌に書かれており、今回登場する政治家、弁護士、銀行員、フィクサー、仕手筋等で初登場の人物はいない。また、新事実が記載されていないとは言わないが、それでも、びっくりするような新事実が書かれているわけではない。

    冒頭からエクスキューズが書かれているが、著者としては許から往復書簡の公表を断られたのがつらいところだろう。

     最近、足下が浮いた安直な本がノンフィクションの分類に入れられる中で、不満を持っていた。本書は丹念かつ忍耐強い取材を重ねて完成させた骨太のノンフィクション作品だ。こういうライターが少なくなっている中で、次世代への期待を担うものと思う。ところで、「猛牛(ファンソ)と呼ばれた男」(新潮社)という新刊を手にしたが、その主人公である町井久之という人物と許永中には共通した心情を感じる。在日韓国人ゆえの悲哀なのか。本書は「猛牛と呼ばれた男」と合わせて読むと、いっそう面白味が増すと思う。とにかく出色のノンフィクションだ。

    「闇の帝王」「裏経済の帝王」「最後のフィクサー」「裏経済最後の代理人」

    さまざまなレッテルを貼られて日本中を大騒ぎさせた許永中を生き様と、その恐るべき処世術、そして、なによりも裏社会と深く関わった半生を驚くべき取材力で書き上げている。

     戦後最大級の経済事件として騒がれ住友銀行と共に裏社会の壮絶さを暴かれた「老舗商社イトマン事件」を引き起こし逮捕。
     その後、いったん釈放された間に、海外逃亡、そしてお台場ホテルで再逮捕。
     次の事件「石橋産業事件」では、またもや政財界の大物を裏で動かして裏経済を仕切ろうとした。

     在日韓国人二世として生まれてきた許は、学生時代から愚連隊のような徒党を組み、やがて暴力団と交わり、認められ、そして日本の裏社会の大物と知り合ってくる。
     恐るべしは、ここに出てくる大物政治家との深い深いつながりである。
     渡辺美智雄、金丸信、竹下登、亀井静香。そういえば、芸能人DAIGOのお父さんまで出てくる。竹下登の娘婿。彼も力不足ではあったが裏社会をつなぐ働きだけは十分に暗躍していた。

     この政治家達が、日本の名だたる広域暴力団組長たちとつながり、利権に群がり、そして、官僚は動かされ、あぶく銭をかすめ取っていく。その描写もかなり赤裸々だ。亀井静香に至るまで金の出入りはかなり明快だ。しかし、日本の警察は手が出せない。金丸信は引退で決着した。

     実の姉に言わせると、こんなに心根の優しい男はいないそうだ。面倒見が良くて、心から優しくて、頭が切れる。

     国家権力の中枢にいる政治家をカネで動かし、わが身を肥やす。しかし、果たしてうまく使われたのは許自身かもしれない。 

    読み出したらやめられません、実に面白かった。平成の経済不正経理事件、イトマン事件、石橋産業手形詐欺事件において巨額を手にしていたとされる許永中氏の生い立ちや、一時行方をくらました時期などにもスポットをあてて書いたノンフィクションです。著者は許氏と手紙のやり取りをしていたことを冒頭に書いている。そして、「反転」出版の際には著者田中氏と同等に、許氏弁護士より連絡がいっている。そのような深い関係に著者と許氏とはあるようだ。

     だからこそ書けたのだろが、許氏と政治家、芸能関係者、経営者、やくざとのつながりをあからさまに書いている。どのようないきさつ、人間関係から事件が起きていったのかまとめられている。

    今から約20年前の経済事件です。当時は、大騒ぎでした。許永中氏が悪の親玉のように当時は、報道されていました。各々のとり方ですがこれは住友銀行の不祥事に政治家、財界が複雑に絡み合った事件だと思いました。結局トカゲの尻尾は、塀の中。銀行は、今でも大手を振って大きな顔をしているんですね。同和、在日問題もまた絡み日本の戦後から続く暗部が白日の下にさらされていました。今活躍中のタレントダイゴの父親も登場してるのには笑いました。
    許永中
    許 永中
    허영중
    生誕1947年2月24日(68歳)
    日本の旗 日本 大阪府
    職業実業家、元大淀建設社長
    許 永中(ホ・ヨンジュン、きょ えいちゅう、허영중、1947年2月24日 - )は、「日本財界のフィクサー」といわれた在日韓国人である。日本では、戦後最大の経済事件と称されるイトマン事件で逮捕・起訴され、実刑判決を受けている。通名は野村永中(のむら えいちゅう)あるいは藤田永中。
    目次  [非表示] 
    1 来歴
    1.1 生い立ち
    1.2 「フィクサー」
    1.3 「イトマン事件」
    1.4 逃亡
    1.5 現在
    2 人物
    3 書籍
    4 出典
    5 関連項目
    来歴[編集]
    生い立ち[編集]
    大阪市大淀区(現・北区)中津の在日韓国人地区に生まれる。1965年3月に大阪府立東淀川高等学校卒業。1965年4月に大阪府立大学の入学試験に失敗し、大阪工業大学に入学。大阪工業大学では柔道部で活躍するも、麻雀とパチンコに熱中し3年で中退した。
    大阪工業大学中退後は、不動産広告業者の秘書兼運転手として働く傍ら、経営について学んだ。同じ頃に日本人女性と結婚する。なお、「藤田」とはこの時の結婚相手の姓である。
    「フィクサー」[編集]
    部落解放同盟の幹部と昵懇になり、大阪府の同和対策事業に食い込む。ベンジャミン・フルフォード著『ヤクザ・リセッション』によれば、許自身は在日韓国人であったものの、許の生まれ育った中津では被差別部落民が強大な権力を握っていたので、彼らと懇意になることによって許は裏社会での出世を実現したという。
    また、第二次世界大戦後最大のフィクサーの1人といわれた大谷貴義にボディーガード兼運転手として仕え、フィクサー業の修行をした。1975年に休眠会社だった大淀建設を買収し社長に就任した。その後、暴力団山口組の宅見勝などとも関係を結ぶ。
    1984年、日本レース株買い占め事件で注目を浴びる。また全斗煥韓国大統領の実弟とも交友関係を持ち、韓国政界にも人脈を持つ。
    「イトマン事件」[編集]
    平成期初期のバブル景気時に発覚した日本の戦後最大規模の経済不正経理事件と言われる「イトマン事件」で、イトマンを利用して絵画やゴルフ場開発などの不正経理を行い、1991年7月23日に商法の特別背任、並びに法人税法違反の罪で逮捕された。起訴された後、6億円の保釈金を支払い保釈を受けた(許自身が3億円を負担し、残り3億円は弁護士団が負担した)。
    逃亡[編集]
    1997年に妻の実家の法要を理由に裁判所の旅行許可を得て、9月27日から10月1日までの予定で韓国に出国。宿泊先のソウル新羅ホテルで倒れ、同市内の延世大付属セブランス病院心臓内科に入院した後に逃亡[1]。保釈を取り消されて6億円の保釈金は没取された。2年後の1999年11月5日に東京都港区のホテル・グランパシフィック・メリディアンで身柄を拘束されるまで国内外で潜伏を続けていた。なお、逃亡中に韓国に渡っていたとの証言もある。
    なお潜伏中にも、日本国内で亀井静香や田中森一、松井章圭と会っていたと言われ、亀井はそれを否定しているものの、田中は自書で、松井は週刊誌で会っていたことを認めている(田中はイトマン元常務である伊藤寿永光の弁護人だが、許永中の弁護人ではない)。
    現在[編集]
    2001年に、上記イトマン事件により地裁で懲役7年6か月・罰金5億円の実刑判決を言い渡されたが、その後控訴、上告した。しかし、2005年10月に最高裁で上告棄却決定がされて実刑判決が確定した。
    また、石橋産業から合計約179億円の約束手形をだまし取ったとされる詐欺事件(石橋産業事件)で懲役6年の実刑判決を言い渡され、上告していたが、平成20年(2008年)2月12日に上告棄却決定がされ、こちらの刑期が加算された。
    2012年12月、母国韓国での服役を希望し、国際条約に基づき移送されていることが判明[2]。これにより日本における特別永住者の立場を喪失した[3]。刑期満了日は2014年9月だが[4]、その1年前の2013年9月30日にソウル南部矯導所より仮釈放された。
    人物[編集]
    身長180cm、体重100kgの巨漢で、スキンヘッドがトレードマークであった。
    多くの政治家や暴力団、大企業と関係を持っていたとされており、株買い占めや会社乗っ取りなど大型経済事件が起こるたびに背後にその存在が取り沙汰されてきた[1]。また亀井静香とはお互いに「兄弟」と呼び合う程親密な関係であった。これらの関係を結ぶことで「闇世界のフィクサー」「地下金脈の大物」と呼ばれた[1]。
    「百万なら人は断るが、一千万なら受け取ってしまう」という、つまり相手の予想を超える金額を示し人を動かす手法で暗躍した。一説には、10億円をその場で差し出し迫ったこともあると言われた。
    松井章圭と深い関係にあり、大山倍達死後に極真会館の大会のスポンサーになったこともある。
    トレードマークの眼鏡は、元々からではなく、若い頃、敵対していた暴力団組織との抗争に巻き込まれ失明寸前の大怪我を負わされた事が原因で視力が低下してしまった為である。
    書籍[編集]
    伊藤博敏 『許永中「追跡15年」全データ』 小学館文庫、2000年11月。ISBN 4094047913
    グループK21・一ノ宮美成 「第三章 許永中被告はなぜ消えたのか―その真相を追う」『関西に蠢く懲りない面々 暴力とカネの地下水脈』講談社+α文庫、2004年、87-102頁 ISBN 978-4062568227
    出典[編集]
    [ヘルプ]
    ^ a b c グループK21・一ノ宮美成 「第三章 許永中被告はなぜ消えたのか―その真相を追う」『関西に蠢く懲りない面々 暴力とカネの地下水脈』講談社+α文庫、2004年、87-102頁 ISBN 978-4062568227
    ^ “許永中受刑者、母国で服役希望…韓国に移送”. 読売新聞 (2012年12月15日). 2012年12月15日閲覧。
    ^ イトマン事件の主役・許永中受刑者が日本を脱出! 人に弱みを見せない「闇の帝王」が韓国での服役を望んだ背景とは 週刊現代 2012年12月20日
    ^ 週刊新潮 2012年11月15日号
    関連項目[編集]
    えせ同和行為
    山段芳春
    尾崎清光
    佐伯祐三
    渡辺美智雄
    久間章生
    小沢一郎

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类