成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 日文打折 殉国―陸軍二等兵比嘉真一 (文春文庫版) 吉村 昭  (著)绝版孤本战记真实感人少年兵无情战为谁死如何死蛊惑战争国民被骗战争责任国民牺牲品战争作家畅销反思反战作家思想研究史料论文文献殉国天皇

日文打折 殉国―陸軍二等兵比嘉真一 (文春文庫版) 吉村 昭 (著)绝版孤本战记真实感人少年兵无情战为谁死如何死蛊惑战争国民被骗战争责任国民牺牲品战争作家畅销反思反战作家思想研究史料论文文献殉国天皇

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   日本 文春文庫版 战记真实感人少年兵无情战为谁死如何死蛊惑战争国民被骗战争责任国民牺牲品战争作家畅销反思反战作家思想研究
  • ISBN:   9784167169220
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 印刷时间:   1991-11
  • 印数:   2千册
  • 装帧:   平装
  • 页数:   249页
  • 字数:   322千字
  • 作者: 
  • 出版社:  日本 文春文庫版 战记真实感人少年兵无情战为谁死如何死蛊惑战争国民被骗战争责任国民牺牲品战争作家畅销反思反战作家思想研究
  • ISBN:  9784167169220
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 印刷时间:  1991-11
  • 印数:  2千册
  • 装帧:  平装
  • 页数:  249页
  • 字数:  322千字

售价 78.94

定价 ¥69.89 

品相 九品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2019-04-04

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 军事
    货号:
    387-160304-bsymzr2t
    品相描述:九品
    没有外表的保护书衣 ,书影与实际不一致
    中学三年、十四歳にして応召した小柄な少年の体験を通して太平洋戦争末期のすさまじい沖縄攻防の実相を迫真の筆致で描く長篇小説
    内容(「BOOK」データベースより)
    「郷土を渡すな。全員死ぬのだ」太平洋戦争末期、沖縄戦の直前、中学生にガリ版ずりの召集令状が出された。小柄な十四歳の真一はだぶだぶの軍服の袖口を折って、ズボンの裾にゲートルを巻き付け陸軍二等兵として絶望的な祖国の防衛戦に参加する。少年の体験を通して戦場の凄まじい実相を凝視した長篇小説。

    登録情報
    文庫: 249ページ
    出版社: 文藝春秋 (1991/11/10)
    言語: 日本語
    ISBN-10: 4167169223
    ISBN-13: 978-4167169220
    発売日: 1991/11/10
    商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.2 cm
    おすすめ度: 5つ星のうち 4.
    商品描述:
    日文打折 殉国―陸軍二等兵比嘉真一 (文春文庫版) 吉村 昭  (著)绝版孤本战记真实感人少年兵无情战为谁死如何死蛊惑战争国民被骗战争责任国民牺牲品战争作家畅销反思反战作家思想研究史料论文文献殉国天皇 现在日本战争观深思生死观为国家战亡 为天皇而战 天皇制的二战

    吉村氏の作品を読むようになって5年。今では立派な吉村ファン(自称?)である私が、最初に読んだ一冊である。
    夫の実家、結婚前の彼の部屋の片隅にこの本はあった。「これ、借りるね」と何げなく手に取り、頁を繰った瞬間から私は凄惨な沖縄戦の真っ只中に放り出されたのだ。耳元をかすめる銃弾、頭髪が逆立つような爆風、空を焦がす火炎。いつか旅行で訪れたあの沖縄の、からりとした明るい空気が私の中でみるみる変質してゆく。いつしか主人公の比嘉真一の意識に呑み込まれて行く。
    吉村氏は、冷徹なまでに端正な筆致で主人公が戦火に追われ、しかし一兵士として死に場所を求めるようにさまよう姿を描き出す。この臨場感は、時として音や匂いまでも感じるほどだ。吉村氏の作品には一貫して“死”と現実が縦糸として織り込まれているが、本作品はその中でも最も生々しい感覚を、読み手に与えるものではないだろうか。
    日本で半世紀前、実際にこのようなことが起こったのだ。
    青い海の沖縄にしか興味がないあなた、『プライベートライアン』を瞬きもせずに見通したあなたに、一読を勧めたい。幕末の天狗党、彰義隊、生麦事件と読みついできた。該本に限らず吉村氏が関心をよせる「時代」は
    数多の著作がひしめいている。そのなかで敢えて吉村氏の作品を読もうとするのは、全く排された感傷性と作者故の
    特権的憶測の捨象にあり、取材と資料解剖の申し子と識者は言う。沖縄県立第一中学校三年の比嘉真一を総代とし
    てここに描かれる沖縄戦は、敵中横断の英雄譚でもなければ、臥薪嘗胆、洞窟での籠城戦記とは異なる。沖縄戦を
    指導した八原博通『沖縄決戦 - 高級参謀 の手記』にみる軍本位の体裁のよい戦略論とは別次元の、滅尽争の真実
    であろう。これまで鉄血勤皇隊と聞くと、戦力として期待されていたわけでもなく、ただ総力戦のなかで編制され、兵隊として悲惨に死んでいっただけのイメージしかありませんでした。この本に描かれているのはある鉄血勤皇隊員の少年が体験した沖縄戦であり、洞窟内の状況や移動する際に目撃した光景など、すべで少年目線で描かれています。戦況は当然把握できないまま、砲弾が集中する場所が変わることで前線が移動していることを予測したり、読む者も主人公を通じて、沖縄の戦いを少し感じることができると思います
    幕末の天狗党、彰義隊、生麦事件と読みついできた。該本に限らず吉村氏が関心をよせる「時代」は
    数多の著作がひしめいている。そのなかで敢えて吉村氏の作品を読もうとするのは、全く排された感傷性と作者故の
    特権的憶測の捨象にあり、取材と資料解剖の申し子と識者は言う。沖縄県立第一中学校三年の比嘉真一を総代とし
    てここに描かれる沖縄戦は、敵中横断の英雄譚でもなければ、臥薪嘗胆、洞窟での籠城戦記とは異なる。沖縄戦を
    指導した八原博通『沖縄決戦 - 高級参謀 の手記』にみる軍本位の体裁のよい戦略論とは別次元の、滅尽
    この小説は、「あの戦争」も末期のころの沖縄戦を、この小説の主人公である
    14歳の少年の目を通じて描いたものです。

    作者の吉村昭氏は、非常に緻密な調査をされる方だったようなので、この小説
    に描かれている沖縄戦の激しさ、凄惨さは、恐らく相当な程度「事実」といわ
    れるものに近いのだと思います。

    もちろん、この本を読むことで沖縄戦の激しさ、凄惨さが分かった、などとは
    口が裂けても言えるものではありません。

    僕がこの本を読むことで知ることができたのは、「沖縄戦の悲惨さ」という
    「客観的な事実」のみであり、「悲惨だった沖縄戦」という当事者のみしか
    分かりようがない「歴史的事実」は、沖縄戦の当事者ではなかった人には分
    かろうはずがありません。

    ただ、この小説は、解説で福田宏年氏が言われているように、吉村氏の調査の
    仕方から考えれば、沖縄戦の当事者の方々にも相当インタビューをして書かれ
    たものだと考えられるので、比較的「歴史的事実」に近い「客観的な事実」を
    少しは知ることが出来たような気がしています。

    この本で印象に残ったことをいくつか述べてみます。

    あまりの壮絶さを極める戦争で、主人公の真一にとって死体はなんの感慨も抱
    けない「物体」としか映らなくなってくるのですが、主人公が身近な友人の死
    体を見て、初めて「死体」をみたような恐怖を覚えたところは、人の死という
    ものを非常に考えさせられました。

    主人公の経験、体験、これらは主人公の歴史と言い換えることも出来るのです
    が、まさしくそれが主人公に「死」というものを認識させるに至ったのだと思
    います。

    また、淡々とした記述にも関わらず、極限状態に追い込まれた人間がどのよう
    になるのか、ということも伝わってきます。

    最後にひとつ。

    戦後、多くの人は、沖縄をリゾート地のようにみなしたり、知識人は、沖縄戦
    をイデオロギー論争の対象にしたりしていますが、我々が一番しなければなら
    ないことは、沖縄の方、沖縄の戦死者の方に対して、「感謝・謝罪」の念を持
    つことなのではないかと思いました。
    ※ネタバレあり、作品を読む前には見ないほうがいいです。

    氏のエッセイ「旅行鞄のなか 十四歳の陸軍二等兵」より内容抜粋

    この作品を書いたときは、まだ沖縄はアメリカに占領された状態にあり、使用通貨はドル、道路は右側走行だった。吉村氏は昭和42年(1967年)沖縄に1ヶ月滞在し

    90名近い人達に会うことをつづけた。テープをまわし、メモをとりながら、私は何度嗚咽(おえつ)をこらえたか知れない。

    と語っている。

    それらの人のなかで、国吉真一という人に強い関心を抱き、彼を小説の主人公にしようと決めた。

    のである。

    国吉さん「なぜ周囲の人ばかり死んで、私だけが生きているのか、不思議でなりませんでした」と首を傾げていた。
    「級友はほとんど死んで、私だけが生きていることが申し訳なく、後暗い気がしています」

    と語っている。

    作品の最後、米兵に捕まった後、比嘉(国吉)少年は
    ハワイに送られ、戦後、沖縄に還され、年月を経て、吉村昭氏と出会うことになる。
    彼が死んでいたら、彼の体験した事実は、吉村氏を通じて世に残ることはなかった。

    少年が戦死しなかったこと、そして吉村氏と邂逅したことに感謝したい。

    氏はいつもこういう、私は小説を書いている、創作してる、と
    しかし小説といっても氏がしていることは、事実という多くの動かぬ点と点で結ばれた間の
    僅かな線の部分を創作してるに過ぎず、私には小説(フィクション)という印象はどうしても違和感を覚えずにはいられない。
    氏の史実ものの作品は、小説や創作ではなく、極めてノンフィクションに近いものに他ならない。

    そして氏の採る、戦争に対する、肯定も否定もせず、その場にいた人達の抱いていた感情/熱気/置かれた状況を
    聴いた通りに作品にする姿勢こそ、正しい史実記載への姿勢だと述べられる。

    非常時の事象を、それと大きく異なる平常時の論理/倫理という固定的視点でみて、善行だ/悪行だ、と論じる行為とは
    戦国時代に生まれ、やるかやられるかという時代状況のなかで精一杯必死に生きた人々(武将)を一様に悪人達/悪行者と
    論じる、幼稚かつ傲慢で、的外れな、事実認識法と言わざるを得ない。

    氏の視点は常に、その場の/その時代/その状況に置かれた人々の「中に」あり
    現在の尺度を捨てず、遠目で見るような、異なる状況下の人々への不遜さを含むものではない。

    氏こそ「戦後最大の文学者」だと私は思っている。

    まだ沖縄が日本に返還(昭和47年)される前、
    吉村昭は沖縄戦の悲劇を広く知ってもらいたいと考え、
    沖縄に行って多くの人に会い、沖縄戦について取材を進めた。
    その中で出会った人をモデルにして書いたのがこの作品。
    吉村昭は、自身と年齢が近いモデルの男性の話に自分を重ねあわせ、
    「自分が沖縄県下の中学生であったら、同じような体験をしただろう」と述べている。

    舞台は昭和20年3月から6月下旬にかけての戦地・沖縄。
    主人公は旧制中学校3年生(15歳)で、陸軍部隊に同級生達とともに配属された比嘉真一少年。

    間近に迫るアメリカ軍の銃撃・砲弾で、戦場は悲惨さを増す。
    洞窟を利用した陣地の中は負傷兵であふれ、その排泄物や腐った傷口から出る悪臭で空気は淀む。
    移動する途中の路上には死体があちこち投げ出されていて、真一少年はそれを踏み越えながら進む。

    米軍の攻撃はさらに勢いを増し、部隊は散り散りに。
    真一少年は、それでも生き延びて逃げる。
    敵兵に見つからぬよう、昼は腐臭にもめげず死体の下に潜り込んで死体と同化し、夜になったら動く。
    戦局は絶望的様相を呈しているが、真一少年は味方の反撃を信じ、純粋な愛国心は衰えることはない。
    自決ではなく、あくまで戦死することを望みながら、沖縄の南端を這い、歩き、走る。

    この作品では、戦闘場面は限られている。
    むしろ、戦場の“地べた”の様子が真一少年の必死の戦いを通じて、詳しく生々しく描かれるのである。

    沖縄戦の実態を知らせるという作者の狙いは十分に達せられていると感じる。

    ※吉村昭の戦史小説についてはブログ『吉村昭作品 読書ガイド』にて全体像を紹介

    召集を受け、兵隊となった14歳の少年の戦争体験の記録であり、
    少年が戦争において理想の死に方を求める話でもあります。

    兵隊になった少年が望むのは
    玉砕攻撃による敵兵を道ずれにしての死です。

    その一方で砲撃や爆撃、機銃掃射による死、
    負傷し、病院壕内の悲惨な状況下で迎える無残な死など
    少年の希望からはおおよそかけ離れた死というものを
    日常的に目の当たりにします。

    その度に少年はそれぞれの死について考え、
    敵と一度も戦わずに死ぬことは無意味だ、
    一瞬で死ぬことが自分の理想だと
    自分の理想の死をより強く求めていきます。

    また本文を読む限り
    少年が死への葛藤をほとんどまったく抱かない点に
    若い(幼い)ゆえの妄信の深さを感じずにはいられません。

    全体を通して、
    沖縄戦の悲惨な状況が淡々と綴られ
    自国内での戦争が、
    住民を巻き込んだ戦争が、
    どのようなものであるのかが
    そのときの熱や、臭い、音などを伴って
    息苦しいほど感じられます。

    表現が容易という意味で読みやすく
    軍隊の末端兵士から見たリアルな沖縄戦の記録として、
    とても価値ある本だと思います。

    先次大戦で沖縄の人が果たした役割はあまりにも巨大で、日本人は等しく彼らに感謝の気持ちを持たなければならない。本書はそんな沖縄の中学生が二等兵として従軍した記録なのだが、あまりに凄惨な戦場のありさまに手が震えてしまう。絶望的な戦況にも拘わらず、最後まで名誉ある陸軍軍人として生を全うしようという純粋さと、容赦のない米軍の攻撃のコントラストが凄まじい。戦争は大本営参謀で起こっているのではなく、戦地で起こっているのだという事を痛感し、人間がここまで極限の状態に置かれた時にどうなってしまうのかを知る事で肌に粟が立つのである。
    主人公は、陸軍二等兵比嘉真一。召集された時は、沖縄県立第一中学校三年生、14歳であった。
    沖縄の珊瑚の海が、米軍艦船で埋め尽くされたとき、比嘉は学徒兵として、
    本土防衛のための沖縄の砦を守る一兵卒となった。一年生、二年生が「幼いものは家に帰れ」
    と言われたのに対し、皇国の兵となったことに優越感と高揚感を抱く。
    しかしその比嘉も幼いことに変わりはないのだ。吉村さんの筆は端正に冷徹に、その様子を描く。
    「(比嘉)真一は、なるべく小さいものをえらぶことにつとめたが、軍服はどれもだぶだぶで、
     仕方なく袖口を追って着用しなければならなかった。ズボンも裾の方をかなり折ってゲートルを巻きつけた」

    比嘉は三男である、長兄と次兄を戦場で失った母にこう心のなかで言う。
    「『しかし母さん』と、彼は、胸の中でつぶやいた。『戦争は男が死んで、女が生き残るものなのです。
     僕たち男は、なぜか本能のようにそれを無意識に知っていて、女や幼い子供たちの生命を守るために
     死をとして戦うのです』」

    沖縄は、本土防衛のために、郷土を焼土に変えられながら三ヶ月間戦った。そして、比嘉真一は……

    再販すべき本である。

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类