成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 全新  プラハの春〈下冊(集英社文庫00年春江 一也著 465ページ苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪
  • 全新  プラハの春〈下冊(集英社文庫00年春江 一也著 465ページ苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪
  • 全新  プラハの春〈下冊(集英社文庫00年春江 一也著 465ページ苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪
  • 全新  プラハの春〈下冊(集英社文庫00年春江 一也著 465ページ苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪
  • 全新  プラハの春〈下冊(集英社文庫00年春江 一也著 465ページ苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪
  • 全新  プラハの春〈下冊(集英社文庫00年春江 一也著 465ページ苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪
  • 全新  プラハの春〈下冊(集英社文庫00年春江 一也著 465ページ苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪
  • 全新  プラハの春〈下冊(集英社文庫00年春江 一也著 465ページ苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪
  • 全新  プラハの春〈下冊(集英社文庫00年春江 一也著 465ページ苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪
  • 全新  プラハの春〈下冊(集英社文庫00年春江 一也著 465ページ苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪

全新 プラハの春〈下冊(集英社文庫00年春江 一也著 465ページ苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   日本集英社出版社
  • ISBN:   9784087471731
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 印刷时间:   2000-03
  • 印数:   5千册
  • 装帧:   精装
  • 页数:   378页
  • 字数:   429千字
  • 作者: 
  • 出版社:  日本集英社出版社
  • ISBN:  9784087471731
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 印刷时间:  2000-03
  • 印数:  5千册
  • 装帧:  精装
  • 页数:  378页
  • 字数:  429千字

售价 23.93 1.7折

定价 ¥141.89 

品相 九品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2019-04-04

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 文学
    货号:
    sehkbrh-1471-1883
    品相描述:九品
    没有書衣
    プラハの春〈下冊(集英社文庫) 文庫 – 2000/3
    春江 一也  (著)◆ 文庫: 378ページ
    出版社: 集英社 (2000/03)
    言語: 日本語
    ISBN-10: 408747173X
    ISBN-13: 978-4087471731
    発売日: 2000/03
    商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm★★★山景书摊 Mountain view bookstore  거 니 와 서점  Горный пейзаж книжный магазин  Librairi
    1968年、民主化運動に揺れるチェコスロバキア。ひとりの女性を愛したがために、外交官・堀江亮介は時代の奔流に巻き込まれてゆく。現役外交官が自らの体験をもとに描くラブロマン。(解説・吉野 仁)
    商品描述:
    プラハの春〈上下二冊(集英社文庫) 文庫 – 2000/3
    春江 一也  (著)◆ 文庫: 465ページ
    出版社: 集英社 (2000/03)
    言語: 日本語
    ISBN-10: 408747173X
    ISBN-13: 978-4087471731
    発売日: 2000/03
    商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm★苏军侵占捷克日本外交场面爱情绝版精典读完好似到了欧洲东德美女教授与日本靓男挚爱盼来爱情的春天带有欧洲浪漫色彩的情书场面和描写语言优美值得学习日语的未来外交外语靓男靓女一读★★山景书摊 Mountain view bookstore  거 니 와 서점  Горный пейзаж книжный магазин  Librairie ShanJing 山景色の本屋
    1968年、民主化運動に揺れるチェコスロバキア。ひとりの女性を愛したがために、外交官・堀江亮介は時代の奔流に巻き込まれてゆく。現役外交官が自らの体験をもとに描くラブロマン。(解説・吉野 仁)
    1967年3月、、経済改革と自由化への気運を高めつつあった。そのさなか、堀江亮介はビーナスのようなカテリーナ・グレーベと出会った。だが、亮介は日本国大使館員、カテリーナは東ドイツ人の反体制活動家。東西対立の最前線の地では、禁断の愛だった―現役外交官が自らの体験をもとに描いた、国際ラブ・ロマン。
    古い小説かと思ったら初版が2000年刊行と意外に新しくて驚きましたが、作者の年代を見て納得しました。正義感があって情熱的で将来有望な若きエリート官僚と才色兼備で芯の強い東ドイツ女性の悲恋の純愛ストーリー。ふとした偶然から始まった運命の出会い。前時代のメロドラマみたいな設定だと思いました。確かに宝塚向きです。

    人物像がステレオタイプ的で突っ込みどころ満載。我が家の父もそうですが、この時代の人ってかつてのNHKの女性アナウンサー(知的で美人で落ち着いた品のよい物腰)に特別な憧れがあるんですよね。カテリーナはまさにそのイメージです。まだ60を過ぎたばかりのはずなのに昔話のような老人言葉で話すカテリーナの母親や2人のよき理解者である博学の言語学教授、現地人女性との結婚を決意した同僚って設定上都合よすぎる気がするし、カテリーナの娘だっていくら古い時代で情報が遮断されていた国で育ったとしても14才でこの天真爛漫ぶりはないだろうって思いました。

    ただ、いい意味でも悪い意味でも登場人物の描き方が浅くてシンプルな分、この時代の東欧社会の様子や歴史上の事実として習っただけの「プラハの春」の背景を分かりやすく理解することができました。作者の実体験を元にした臨場感のあるタッチで書かれているので、ベルばらでフランス革命を、あさきゆめみしで源氏物語を勉強したのと同じ感覚で、東欧史に興味のある人や勉強中の人は読んで損はない一冊だと思います。

    東欧フリークの友達に薦められて
    暇つぶしに読み始めたのですが…
    (授業中に)読みながらボロ泣きしていました。
    そして私も東欧フリークまっしぐら。
    単に東欧の現代史だけの話だけでなく恋愛もからめているので
    非常に読みやすく、読者を惹きつけます。
    また、実際にこの場でこの時外交官をしていた方が書いただけあって

    また主人公の女性を通して、人生何のために生きているのか・・・
    などとにかくいろいろなことを考えさせられました。

    プラハを訪れた印象は、芸術色豊かな歴史の重みを感じる美しき古都というものでした。
    日本に帰ってきてこの本を読み、とてもショックを受けました。その歴史の重みはあまりにも重く、自己の信念のために自らの命をなげうって戦った無数の人々がいたからこそ、現在の穏やかなプラハの景色があるのだと。
    登場する旧東ドイツの活動家の女性と日本人外交官の純粋な愛は悲劇の結末を迎えるにもかかわらず、読破後はポジティブな気持ちになる不思議な一冊です。

    東西冷戦の最中、チェコに怒った民主化の波。それは多くの日本人にとっては対岸の出来事であっただろう。しかし、その歴史に日本人が大きく関わっていたことをしったらどうだろうか。本著はは、冷戦が終結したことを受け、1960年代後半当時にプラハ勤務をしていた現役外交官の手によって描かれたものであり、若き日本の外交官とチェコの革命に大きな影響をあたえた美貌の東ドイツ人女性の数奇な恋愛を縦軸に事件に翻弄された青年の外交官が駆け抜けた歴史の証言書である。事実だけが語りうる説得力とスリリングな展開、そして悲恋に読者はいつしか主人公になって必死ににページをめくるだろう。世界で活躍した日本人の姿に共感するとともに現代世界の理解の一助になる好著である。年齢、性別でレビューもさまざまですね。1968年は世界中でいろんなことがありました。ベトナム戦争と反戦運動、大学紛争、パリの5月革命、そして、「プラハの春」。ニュースで聞いた「ドプチェク、スポポダ」という民衆の声が耳に残っています。出版時、読もうかと思いながら見送りました。最近、息子に面白いと奨められ遅ればせながら読みました。私の世代はリアルタイムである程度の知識を持っています。当時、22歳でした、詳細は知らなかった。軍事介入により「プラハの春」はあっけなく押しつぶされた。私の興味は、現地ですべてを体感した日本人外交官が書いた「歴史の証人」としての記述にありました。書ける部分と出版時まだ現職の外交官という点を考慮すると書けない部分があるのは十分理解できた。それでも、プラハの春にいたるプロセス、軍事介入に至るプロセスの記述はリアリティに溢れてます。「神は細部に宿る」と言う言葉通り、ながくプラハで生活した人しか書けないような細部に渡る描写が素晴らしい。また、ノンフィクションではなく、ラブロマンス小説というストーリーのなかで、外交官として得た情報を書いたことが作品として成功し、より多くの読者を獲得したのでしょう。私の世代は若いころの五木寛之の小説を読んでいるような気持ちになりました。どこまでがフィクションなのかも興味ありますが、カテリーナと若き日本人外交官の恋は美しく哀しく、60年代的と感じました。厳しい状況下であっても、未来はある、という「希望」のもてる
    時代だったと思います。これまでレビューを書かれた方はみなさん若い人が多いように思いますが、是非、若い人たちにこの「歴史の証人」の本を読んで欲しい。プラハといえば今や観光地となり美しい街並みの印象が強いですが、自分が訪れたことのある場所で多くの方が時代に翻弄され苦しみ、耐えたことによりあのような街並みが守られたことを知ると複雑な気持ちになると同時に、もう一度プラハに行きたくなりました。

    私の場合は東欧の歴史について無知だったこともあり、上巻は歴史・政治的背景などを把握するだけで精一杯でしたが、下巻は一気に読み上げてしまいました。歴史的背景を掴むには少し大変かもしれませんが、最後まで読む価値があると強く感じました。

    この小説の最大の欠陥は、堀江とカテリーナの恋が釣り合わないことにある。
    カテリーナはどこから見ても、理想的に美しく、強く人を惹きつける魅力を備えている。つまり、どんな男でもすぐに惚れてしまうような女として描かれている。ところが堀江は、役人によくあるタイプの、優柔不断で、かつ気合に欠ける人間で、男として到底魅力的には見えない。しかもカテリーナより10歳近く年下である。世の中、カテリーナのような女が堀江にような男に恋をすることはない。
    そこに目をつむることができないと、この小説を面白く読むことは難しい。

    宝塚歌劇団で舞台化され、すごく感動しました。
    外交官と反体制活動家の禁断の恋。社会に疑問を抱いて立ち上がろうとする学生たち。
    知り合いに小説を勧めたら、すごく感動したそうです。

    知人が「めっちゃ面白いから」と熱烈に推薦してくれました。
    文学青年の元外交官が書いた小説です。

    「プラハの春」の時代の、日本人には馴染みのない東欧の日常生活の描写はとても興味深かったです。
    そこだけをかいつまんで読めれば良かったのですが、男性の願望を具現化したかのような絶世の美女とのラブロマンスは不要でした。

    他のレビューにもありますが、類型化された人物、陳腐な描写に辟易として、下巻をちょっと行ったところでギブアップ。

    文章力も構成力もたいしたものです。素人としては。
    でも、プロの書く小説じゃない。

    それが小説好きにはかなりキツいと思います。

    貸してくれた知人が『ベルリンの秋』や『ウィーンの冬』も続けて貸してくれましたが、丁重にお断りして読まずに返しました。

    小説仕立てではなく、淡々と外交官としての日々をリアルに描いてくれたら読んだかもしれません。

     東西ヨーロッパが冷戦状態にあった当時に近隣諸国に滞在し、東側との緊張を体験した知人らは、まさにこの小説のような世界だった、読んでいないのなら読みたまえ、と申し合わせたようにいうのが読み始めた理由。

     著者は現役の外交官。跋には「事実を素材にしたフィクションである」と断っている。ネット上の諸書評と同じ感想を抱く、どこまでが現実にあった話しでどこからがフィクションなのか、、、つい著者の心痛を思ってしまう。小説を読みつけていない私は冒頭で一度くじけ途中の濃厚なラブストーリーに所在なかったが、それさえ乗り越えられれば一気に読める。ヨーロッパに興味のある人にはよい参考書だと思う。

    古い小説かと思ったら初版が2000年刊行と意外に新しくて驚きましたが、作者の年代を見て納得しました。正義感があって情熱的で将来有望な若きエリート官僚と才色兼備で芯の強い東ドイツ女性の悲恋の純愛ストーリー。ふとした偶然から始まった運命の出会い。前時代のメロドラマみたいな設定だと思いました。確かに宝塚向きです。

    人物像がステレオタイプ的で突っ込みどころ満載。我が家の父もそうですが、この時代の人ってかつてのNHKの女性アナウンサー(知的で美人で落ち着いた品のよい物腰)に特別な憧れがあるんですよね。カテリーナはまさにそのイメージです。まだ60を過ぎたばかりのはずなのに昔話のような老人言葉で話すカテリーナの母親や2人のよき理解者である博学の言語学教授、現地人女性との結婚を決意した同僚って設定上都合よすぎる気がするし、カテリーナの娘だっていくら古い時代で情報が遮断されていた国で育ったとしても14才でこの天真爛漫ぶりはないだろうって思いました。

    ただ、いい意味でも悪い意味でも登場人物の描き方が浅くてシンプルな分、この時代の東欧社会の様子や歴史上の事実として習っただけの「プラハの春」の背景を分かりやすく理解することができました。作者の実体験を元にした臨場感のあるタッチで書かれているので、ベルばらでフランス革命を、あさきゆめみしで源氏物語を勉強したのと同じ感覚で、東欧史に興味のある人や勉強中の人は読んで損はない一冊だと思います。

    話の大筋は他の人も書いておられるので割愛するが、確かに面白い!
    続編のベルリンの秋はそのときの世界情勢の説明が多すぎる印象が
    あるが、プラハの春はまだそこまでひどくない。チェコに、ドイツに
    ロシアにそのほかの東欧に興味ある方には興味を引き出すエッセンスが
    あると思う。状況説明以外の部分は読みやすいと個人的には思っている。
    僕がこの本を薦めて10人以上の人がハマった(ハメた?)ことも申し添えておこう。

    かなり面白いロマンス。
    シリーズで読むともっと面白い。

    面白いが故にさらに知りたくなるのが、著者の実体験と著書の相関。
    外務省モノでは佐藤優氏の一連の傑作著書がある。
    フィクションかノンフィクションかの違いはもちろんあるのでしょうが、
    佐藤氏がかなり詳しく書き込んでいるので、春江氏の方にも興味津々となる。

    それにしても登場するドイツ女性のなんと美しいことよ。
    傑作。

    最高の書です!

    もう先が読みたくて仕方がなく、本を持っていないとそわそわしてしまうぐらい、実にすばらしい作品。

    文句なしの最高偏差値75の評価です。

    物語のおもしろさあり、歴史としてのおもしろさあり、

    そして今後のさまざまな政治、社会を考えさせられる書としてもおもしろく、

    ぜひみなさんに「すぐ」読んでほしい本です。

    ちなみに上巻のはじめのプロローグはたった12ページといえどつまらないので、

    ここでくれぐれも短気をおこして挫折しないように。

    日本大使館勤務だった外交官の著者の体験をもとに書いた作品。

    非常に政治的な話だが、そこにうまいこと恋愛を織り込むことにより、

    実に奥が深く、そして読みやすく、劇的な政治&恋愛ドラマとなっている。

    ここまでひどいとは思わなかった。

    権力の集中による権力者のどうしようもない腐敗と、民衆の自由を制限する圧政。

    権力内部にあっても密告や監視を恐れて誰も信用できない社会。

    まるでナチスの生まれ変わりであるかのような、ファシズムの双生児といっていいコミュニズム。

    その実態が赤裸々に書かれて、ここまで「東」側の国がひどかったことにショックを受けた。 古い小説かと思ったら初版が2000年刊行と意外に新しくて驚きましたが、作者の年代を見て納得しました。正義感があって情熱的で将来有望な若きエリート官僚と才色兼備で芯の強い東ドイツ女性の悲恋の純愛ストーリー。ふとした偶然から始まった運命の出会い。前時代のメロドラマみたいな設定だと思いました。確かに宝塚向きです。

    人物像がステレオタイプ的で突っ込みどころ満載。我が家の父もそうですが、この時代の人ってかつてのNHKの女性アナウンサー(知的で美人で落ち着いた品のよい物腰)に特別な憧れがあるんですよね。カテリーナはまさにそのイメージです。まだ60を過ぎたばかりのはずなのに昔話のような老人言葉で話すカテリーナの母親や2人のよき理解者である博学の言語学教授、現地人女性との結婚を決意した同僚って設定上都合よすぎる気がするし、カテリーナの娘だっていくら古い時代で情報が遮断されていた国で育ったとしても14才でこの天真爛漫ぶりはないだろうって思いました。

    ただ、いい意味でも悪い意味でも登場人物の描き方が浅くてシンプルな分、この時代の東欧社会の様子や歴史上の事実として習っただけの「プラハの春」の背景を分かりやすく理解することができました。作者の実体験を元にした臨場感のあるタッチで書かれているので、ベルばらでフランス革命を、あさきゆめみしで源氏物語を勉強したのと同じ感覚で、東欧史に興味のある人や勉強中の人は読んで損はない一冊だと思います。

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类