成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人
  • 日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4踊る小人

日文水景书摊图书馆诺贝尔文学奖参获选作品 螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三 1螢・2納屋を焼く 3 めくらやなぎ 4踊る小人

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   日本 新潮文庫 1987-09-25
  • ISBN:   9784101001333
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 印刷时间:   1998-09
  • 印次:   22
  • 印数:   5千册
  • 装帧:   软精装
  • 尺寸:   158 × 106 cm
  • 纸张:   轻型纸
  • 页数:   189页
  • 字数:   151千字
  • 作者: 
  • 出版社:  日本 新潮文庫 1987-09-25
  • ISBN:  9784101001333
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 印刷时间:  1998-09
  • 印次:  22
  • 印数:  5千册
  • 装帧:  软精装
  • 尺寸:  158 × 106 cm
  • 纸张:  轻型纸
  • 页数:  189页
  • 字数:  151千字

售价 29.98 0.6折

定价 ¥490.00 

品相 九品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2019-03-28

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 小说
    货号:
    scmhhnmj-0930-151006
    品相描述:九品
    珍贵稀有毛边版本品相  诺贝尔文学参获选作品之三  四周纸边略有卷起,没有封皮 ,纸边略有污染,本栏目封皮图片与实际有出入,书名等仅供参考  螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4『踊る小人』5『めくらやなぎと眠る女』6 『三つのドイツ幻想』です。7 「冬の博物館としてのポルノグラフィティー」8「ヘルマン・ゲーリング要塞 1983」9「ヘルWの空中庭園」と
    村上 春樹  (著)  绝版精典精品萤火是挪威的森林原始雏形9个短篇都是村上文学长篇的压缩版村上擅长写长篇出版多
    商品描述:
    详细描述       螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫) 文庫 – 1987/9/25 诺贝尔文学参获选作品之三       1螢・2納屋を焼く  3  めくらやなぎ 4『踊る小人』5『めくらやなぎと眠る女』6 『三つのドイツ幻想』です。7 「冬の博物館としてのポルノグラフィティー」8「ヘルマン・ゲーリング要塞 1983」9「ヘルWの空中庭園」と
    村上 春樹  (著)  绝版精典精品萤火是挪威的森林原始雏形9个短篇都是村上文学长篇的压缩版村上擅长写长篇出版多但是短篇专辑也只有两本农场片的浓缩版对于亚牛村上完全文学特色特点有一定的参考作用

    ★文庫: 189ページ
    出版社: 新潮社; 改版 (1987/9/25)
    言語: 日本語
    ISBN-10: 4101001332
    ISBN-13: 978-4101001333
    発売日: 1987/9/25
    商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1 cm
    山景书摊 Mountain view bookstore  거 니 와 서점  Горный пейзаж книжный магазин  Librairie ShanJing 山景色の本屋

    秋が終り冷たい風が吹くようになると、彼女は時々僕の腕に体を寄せた。ダッフル・コートの厚い布地をとおして、僕は彼女の息づかいを感じとることができた。でも、それだけだった。彼女の求めているのは僕の腕ではなく、誰かの腕だった。僕の温もりではなく、誰かの温もりだった……。もう戻っては来ないあの時の、まなざし、語らい、想い、そして痛み。リリックな七つの短編。
    村上春樹さんの作品が好きです。不思議で深い作品が多いと感じています。全て読もうとしています。

    すいません。
    しかし、この作品集には感動しませんでした。
    深読みしようと思えば深読み出来るとも思えます。
    しかし、この作品自体への感想としては、それほど深いものを感じませんでした。
    不思議さは感じましたが、そこまで、という感想です。

    もしかしたら、”蛍”と”めくらやなぎと眠る女”は、作品集”めくらやなぎと眠る女”で既に読んでしまったからかもしれません。「蛍」が「ノルウェイの森」の原作ということで この短編集も有名になったと思う。実際「蛍」を読んだ段階では 結末の無い奇妙な短編という印象だった。村上春樹自身もこの短編が何処に行くかは分らなかったと告白している位である。その後 この短編の続きを読みたいと人に言われて書いたのが「ノルウェイの森」になり 村上春樹の大ブレークとなった。人生いろいろである。

     ところで 小生は(そして結構同意見も多いが)本短編集の白眉は「納屋を焼く」だと思う。これまた結末の無いミステリアスな作品ながら ざらっと感じる「闇の深さ」に引き込まれる。ここで断言してしまうが この「納屋を焼く」という言葉の意味は「人を殺す」と考えることが 一番素直な読み方だと思う。どうしようもない心の闇を抱えた登場人物が主人公の女友達を殺してしまう話だ。後の「ダンスダンスダンス」の五反田君の原型がここにある。主人公は それを分っていながら 淡々とジョギングにいそしむ不気味な話である。

     村上春樹はこのように短編で何かを掴み それを長編に練り直す豪腕に魅力がある。彼が「豪腕」に見えないのは そのソフトな語り口に惑わされるからだ。長編と その原型の短編を読み比べていると 彼の腕の筋肉の動きが見える気がする。そんな所が ある意味でとても誠実であるとも思う。

    村上春樹さんの作品が好きです。不思議で深い作品が多いと感じています。全て読もうとしています。

    すいません。
    しかし、この作品集には感動しませんでした。
    深読みしようと思えば深読み出来るとも思えます。
    しかし、この作品自体への感想としては、それほど深いものを感じませんでした。
    不思議さは感じましたが、そこまで、という感想です。

    もしかしたら、”蛍”と”めくらやなぎと眠る女”は、作品集”めくらやなぎと眠る女”で既に読んでしまったからかもしれません。

    果たして納屋は焼かれてしまうのだろうか...。

    淡々と出来事が連ねられていく。海辺で波が押し寄せては返っていく...ただそれだけの事でも、人は眼前の出来事に対して無力である。この小説の主題はそこなのかもしれません。

    読む毎に“納屋が焼かれる”ということの解釈が(自分のなかで)反転するのを楽しんでます。

    実は、村上春樹はそれほど好きな作家という訳ではないのですが、この小説はお見事というか、とても気に入っています。

    村上春樹の長編は冗漫すぎてどうも苦手なのだが、
    短編はさわやかで不穏で不思議な読後感に浸れる。
    この短編の中では「蛍」「めくらやなぎ」が特に秀逸。

    「納屋」は我々の中にある「モラリティー:倫理性、道徳性」の暗喩なのでしょう。人が人間(じんかん)で生きて逝く過程において、もともと持っていたモラリティーを少年から壮年になる間に、ひとつ、またひとつ、と図らずも燃やしながら生きていくしかないのだ、というふうに解釈しておりました。

    村上春樹は、どこかで「自分は小説を書いているのでもないし、自分の作品は文学でもない」、というような骨子の話を記しておりますが、この「納屋を焼く」は、まさにそのことに該当する作品なのでは、と・・・・。

    この短編集の中で「納屋。納屋と彼女の関係性が気になり、想像を膨らませられる。仕事で疲れていた休日の朝に、この小説を何気なく手に取り、日常で使用する脳とは違う部位を動かされているようで、頭がストレッチされたような感覚を覚えた。村上春樹氏短編再読の第二弾になる。やはり日本の現代文学の中でも特異な才能だったんだな〜。と思わずにはいられない。著者は所謂団塊の世代に当たるのだが、その作家軍の中でセンスの差異が群を抜いている。だが、まだ巧くは無い。本書を読む前に山田詠美氏『風味絶佳』の『夕餉』の完成度を堪能したためか、ディテールの甘さが眼に付く。しかし、著者の実験性と先鋭性は白眉である。僕はその中でも『めくらやなぎと眠る女』の実験性に眼を魅かれた。この現実そのものの不確かさを描いた作品は先日読んだドン・デリーロの『ボディ・アーティスト』を彷彿させる。著者は孤独と個の純粋性を守る事がメイン・モチーフとして数々の作品をものしてきた。しかし、短編の中にはこんな前衛性を発見できる。他のレビュアの方が『踊る小人』を長編化して欲しいという内容で投稿されている。確かにこの作品も魅力的な題材だ。だが、僕は『めくらやなぎと眠る女』を長くしたものを読みたくなった。現時点での村上氏の認識はどう変わっているのだろうか?

    村上春樹さんの作品が好きです。不思議で深い作品が多いと感じています。全て読もうとしています。

    すいません。
    しかし、この作品集には感動しませんでした。
    深読みしようと思えば深読み出来るとも思えます。
    しかし、この作品自体への感想としては、それほど深いものを感じませんでした。
    不思議さは感じましたが、そこまで、という感想です。

    もしかしたら、”蛍”と”めくらやなぎと眠る女”は、作品集”めくらやなぎと眠る女”で既に読んでしまったからかもしれません。

     象徴的な表現とか情景が多くて、想像力を掻き立てられる。秋の夜長に読みたい感じの本。個人的には「めくらやなぎと眠る女」が気に入っている。病院へ行く際のバスの中の雰囲気。いとこの様子。色々と想像させられるけど、何もない。そんな感じ。

    ノルウェイの森の基となった「螢」を始めとして、「納屋を焼く」「踊る小人」「めくらやなぎと眠る女」「冬の博物館としてのポルノグラフィティー」「ヘルマン・ゲーリング要塞 1983」「ヘルWの空中庭園」といったリリックな7つを収録した短篇集です。
    潜在的に存在しているものく」、「踊る小人」、「めくらやなぎと眠る女」といった珠玉の短編を堪能できる。
    人知れず、納屋を焼くことが趣味である青年と知り合ったが故に、近所の納屋が気にかかる「納屋を焼く」。
    象工場に勤めながら、小人の力を借りて女性をものにしたはずが・・・「踊る小人」。
    耳の悪い従兄弟を病院に連れて行くバスの中は老人だらけだった「めくらやなぎと眠る女」。
    もう何度読み返したかわからないほどの短編集だが、何度読んでもその度に新鮮さがある不思議。

    村上春樹のこのテイストがたまらなく好きだ。

    この本で一番重要な作品はやはり蛍でしょう(それ以外読んでないけど)。ノルウェイ
    の森の序盤の部分を抜き出して少し修正を加えたものです。オリジナルがあるんだけど
    独立したひとつの短編として読めるようになっている。東京の街の描写が叙情的で良い
    です。それを味わうための作品だともいえる。8月ごろになるといつも読みたくなる本

    「蛍」について。
    私見を述べれば、村上春樹はこの時期、実験的に
    自分の「私小説」を書いて見たのかも知れない。
    しかし、80年代前半か、半ばのあの時代では、
    矢張り、そぐわないと、判断したのだろう。

    80年代を代表する村上春樹作品が、「羊を巡る冒険」だとすると、
    あの頃、「私小説的」なリアリティ等と言うものは、確かに
    誰も求めては居?その唐突な話は!?と、ものすごく突っ込みたくなるのだが、主人公は、「君は納屋を焼く。僕は焼かない。そういうことです。」

    みたいな冷静なことを言って、それでも、毎朝、どの納屋が焼かれるのか、ジョギングコースに組み込んでチェックする。おいおい、おま〜ら、みんな変だよ!!(笑)というところが好きです!冒頭の「蛍」は、「ノルウェイの森」と同じ内容なので、

    何本かある内の
    納屋を焼く話が凄い気に入ってる。
    村上春樹さんの長編は殆ど持っているのだけれど
    如何も手がつけられず放置されていたりします。。
    (エッセイ系は殆ど読んでるんですけど。笑
    此れは本当に読みやすくて一気に読んだ後
    反芻してまた読み返しても、雰囲気が崩れない感じになってて
    何回か読み返しても、全然愉しめるんじゃないかと思いました。
    納屋のラストが良い感じ。
    女の子如何なったんだろう。
    ミステリアス。
    「ノルウェイの森」の序文となる「蛍」、それと対になるという「め
    来自: Shaw.JS(可惜我是双子座...) 2009-07-06 13:42:35
    四月一个晴朗的早晨,遇见一个百分之百的女孩 

    作者:村上春树 

        四月一个晴朗的早晨,我在原宿后街同一个百分之百的女孩擦肩而过。 
        不讳地说,女孩算不得怎么漂亮,并无吸引人之处,衣着也不出众,脑后的头发执着地 
    带有睡觉挤压的痕迹。年龄也已不小了---应该快有30了。严格地说来,恐怕很难称之为女 
    孩。然而,相距50米开外我便一眼看出:对于我来说,她是个百分之百的女孩。从看见她 
    身姿的那一瞬间,我的胸口便如发生地鸣一般的震颤,口中如沙漠干得沙沙作响。 
        或许你也有你的理想女孩。例如喜欢足颈细弱的女孩,毕竟眼睛大的女孩,十指绝对好 
    看的女孩,或不明所以地迷上慢慢花时间进食的女孩。我当然有自己的偏爱。在饭店时就曾
    看邻桌一个女孩的鼻形看得发呆。 
        但要明确勾勒百分之百的女孩形象,任何人都无法做到。我就绝对想不起她长有怎样的 
    鼻子。甚至是否有鼻子都已记不真切,现在我所能记的,只有她并非十分漂亮这一点。事情
    也真是不可思议。 
        “昨天在路上同一个百分之百的女孩擦肩而过。”我对一个人说。 
        “唔,”他应道,“人可漂亮?”村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。
    早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』などがある。
    日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している[2]。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し[3]、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされている。
    デビュー以来、翻訳も精力的に行い、スコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァー、トルーマン・カポーティー、レイモンド・チャンドラーほか多数の作家の作品を訳している。また、随筆・紀行文・ノンフィクション等も出版している。
    目次  [非表示] 
    1 経歴
    1.1 生い立ち
    1.2 ジャズ喫茶を開業
    1.3 デビュー、人気作家となる
    1.4 「デタッチメント」から「コミットメント」へ
    1.5 翻訳家として
    1.6 近年の活動
    2 作品の特徴
    2.1 平易な文章と難解な物語
    2.2 長編小説家
    2.3 「総合小説」への試み
    2.4 村上が影響を受けた作家と作品
    3 評価
    3.1 文学賞選考における評価
    3.2 国内の評価
    3.3 エルサレム賞受賞スピーチに対する批評
    4 人物
    4.1 生活
    4.2 趣味・嗜好
    4.3 発言・エピソード
    4.4 メディア・広報活動
    4.5 ホームページ
    5 関わりのある人物
    6 年譜
    7 作品一覧
    7.1 長編小説
    7.2 中編小説
    7.3 短編小説
    7.4 超短編・ショートショートなど
    7.5 随筆
    7.6 紀行文・ノンフィクション
    7.7 対談集・インタビュー
    7.8 インターネット関連
    7.9 絵本
    7.10 写真集
    7.11 翻訳
    8 映像化された作品
    9 参考文献
    10 脚注
    10.1 注釈
    10.2 出典
    11 外部リンク 生い立ち[編集]
    1949年、京都府京都市伏見区に出生する。父が私立甲陽学院中学校の教師として赴任したため、まもなく兵庫県西宮市の夙川に転居。父は京都府長岡京市粟生の浄土宗西山派光明寺住職の息子、母は大阪・船場の商家の娘という生粋の関西人で、「当然のことながら関西弁を使って暮らしてきた」[4]。また両親ともに国語教師であり、本好きの親の影響を受け読書家に育つ[5]。西宮市立浜脇小学校入学、西宮市立香櫨園小学校卒業[6]。芦屋市立精道中学校[7]から兵庫県立神戸高等学校に進む。両親が日本文学について話すのにうんざりし[注 1]、欧米翻訳文学に傾倒[9]、
    親が購読していた河出書房の『世界文学全集』と中央公論社の『世界の文学』を一冊一冊読み上げながら10代を過ごした。また中学時代から中央公論社の全集『世界の歴史』を繰り返し読む[注 2]。神戸高校では新聞委員会に所属した。
    1年の浪人生活ののち、1968年に早稲田大学第一文学部に入学、演劇科へ進む[注 3]。在学中は演劇博物館で映画の脚本を読みふけり、映画脚本家を目指してシナリオを執筆などもしていたが[12]、大学へはほとんど行かず、新宿でレコード屋のアルバイのインタビューをまとめたノンフィクション『アンダーグラウンド』刊行。それまではむしろ内向的な作風で社会に無関心な青年を描いてきた村上が、社会問題を真正面から題材にしたことで周囲を驚かせた。1999年、『アンダーグラウンド』の続編で、オウム真理教信者へのインタビューをまとめた『約束された場所で』により第2回桑原武夫学芸賞受賞。2000年2月、阪神・淡路大震災をテーマにした連作集『神の子どもたちはみな踊る』刊行。
    この時期、社会的な出来事を題材に取るようになったことについて、村上自身は以下のように「コミットメント」という言葉で言い表している。
    「それと、コミットメント(かかわり)ということについて最近よく考えるんです。たとえば、小説を書くときでも、コミットメントということがぼくにとってはものすごく大事になってきた。以前はデタッチメント(かかわりのなさ)というのがぼくにとっては大事なことだったんですが」[20]
    「『ねじまき鳥クロニクル』は、ぼくにとっては第三ステップなのです。まず、アフォリズム、デタッチメントがあって、次に物語を語るという段階があって、やがて、それでも何か足りないというのが自分でわかってきたんです。そこの部分で、コミットメントということがかかわってくるんでしょうね。ぼくもまだよく整理していないのですが」[21]
    「コミットメント」はこの時期の村上の変化を表すキーワードとして注目され多数の評論家に取り上げられた。阪神の震災と地下鉄サリン事件の二つの出来事について、「ひとつを解くことはおそらく、もうひとつをより明快に解くことになるはずだ」と彼は述べている[22]。このため、短編集『神の子どもたちはみな踊る』に収められている作品はすべて、震災が起こった1995年の1月と、地下鉄サリン事件が起こった3月との間にあたる2月の出来事を意図的に描いている[23]。
    翻訳家として[編集]
    村上は創作活動と並行して多くの翻訳を行ってきた。『カイエ』(冬樹社)1979年8月号に掲載されたスコット・フィッツジェラルドの短編『哀しみの孔雀』が、商業誌に発表したものとしては初めての作品である。「最初に『風の歌を聴け』という小説を書いて『群像』新人賞をとって何がうれしかったかというと、これで翻訳が思う存分できるということでした。だからすぐにフィッツジェラルドを訳したんですよ」[24]と語っているように、『哀しみの孔雀』の発表は『風の歌を聴け』が『群像』1979年6月号に掲載されてからわずか2か月後のことであった。
    1981年5月、中央公論社より初めての翻訳書『マイ・ロスト・シティー フィッツジェラルド作品集』を刊行。1983年7月、レイモンド・カーヴァーの作品集『ぼくが電話をかけている場所』(中央公論社)を刊行。2004年7月、『レイモンド・カーヴァー全集』全8巻の翻訳を成し遂げた。
    2003年以降、アメリカ文学の新訳を継続的に刊行している。同年4月、『ライ麦畑でつかまえて』のタイトルで親しまれてきたサリンジャーの長編の新訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を発表。同作品を皮切りに、フィッツジェラルドの『グレート・ギャッツビー』(2006年11月)、レイモンド・チャンドラーの『ロング・グッドバイ』(2007年3月)、トルーマン・カポーティの『ティファニーで朝食を』(2008年2月)、チャンドラーの『さよなら、愛しい人』(2009年4月)、『リトル・シスター』(2010年12月)、『大いなる眠り』(2012年12月)、『高い窓』(2014年12月)、サリンジャーの『フラニーとズーイ』(2014年2月)等を翻訳した。
    小説の執筆と翻訳を交互に行う仕事のスタイルを、村上は「チョコレートと塩せんべい」という比喩で語る[注 5]。
    近年の活動[編集]

    2005年、マサチューセッツ工科大学にて

    2009年、エルサレム賞授賞式にてエルサレム市長ニール・バルカット(左)と
    2002年9月、初めて少年を主人公にした長編『海辺のカフカ』発表。2004年にはカメラ・アイのような視点が登場する実験的な作品『アフターダーク』を発表。2005年、『海辺のカフカ』の英訳版 Kafka on the Shore が『ニューヨーク・タイムズ』の"The Ten Best Books of 2005"に選ばれ国際的評価の高まりを示した。2006年、フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞(Frank O'Connor International Short Story Award)と、国際的な文学賞を続けて受賞。特にカフカ賞は、前年度の受賞者ハロルド・ピンター、前々年度の受賞者エルフリーデ・イェリネクがいずれもその年のノーベル文学賞を受賞していたことから、2006年度ノーベル賞の有力候補として話題となった。同年の世界最大規模のブックメーカーである英国のラドブロークス(Ladbrokes)のストックホルム事務所による予想では、34倍のオッズが出され18番人気に位置(受賞は同予想で1位のオルハン・パムク)。2007年の同予想では11倍のオッズ、6番人気とさらに評価を上げた[26]。また近年の年収は海外分が既に国内分を上回っており、事務所の仕事量も3分の2は海外とのものであるという[27]。
    2008年6月3日、プリンストン大学は村上を含む5名に名誉学位を授与したことを発表した[28]。村上に授与されたのは文学博士号である。2009年1月21日、イスラエルの「ハアレツ」紙が村上のエルサレム賞受賞を発表[29]。当時はイスラエルによるガザ侵攻が国際的に非難されており、この受賞については大阪の市民団体などから「イスラエルの戦争犯罪を隠し、免罪することにつながる」として辞退を求める声が上がっていた

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类