成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 日文十品厚重品相一斤多重上下两册 特价 日本原版作者村上春樹著  日文书名  海辺のカフカ上下2本上册486页下册528页 村上春樹 中文书名 海边的卡夫卡 日本新潮文库出版社 文庫版2005/3一版二印流浪少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇
  • 日文十品厚重品相一斤多重上下两册 特价 日本原版作者村上春樹著  日文书名  海辺のカフカ上下2本上册486页下册528页 村上春樹 中文书名 海边的卡夫卡 日本新潮文库出版社 文庫版2005/3一版二印流浪少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇
  • 日文十品厚重品相一斤多重上下两册 特价 日本原版作者村上春樹著  日文书名  海辺のカフカ上下2本上册486页下册528页 村上春樹 中文书名 海边的卡夫卡 日本新潮文库出版社 文庫版2005/3一版二印流浪少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇
  • 日文十品厚重品相一斤多重上下两册 特价 日本原版作者村上春樹著  日文书名  海辺のカフカ上下2本上册486页下册528页 村上春樹 中文书名 海边的卡夫卡 日本新潮文库出版社 文庫版2005/3一版二印流浪少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇
  • 日文十品厚重品相一斤多重上下两册 特价 日本原版作者村上春樹著  日文书名  海辺のカフカ上下2本上册486页下册528页 村上春樹 中文书名 海边的卡夫卡 日本新潮文库出版社 文庫版2005/3一版二印流浪少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇
  • 日文十品厚重品相一斤多重上下两册 特价 日本原版作者村上春樹著  日文书名  海辺のカフカ上下2本上册486页下册528页 村上春樹 中文书名 海边的卡夫卡 日本新潮文库出版社 文庫版2005/3一版二印流浪少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇
  • 日文十品厚重品相一斤多重上下两册 特价 日本原版作者村上春樹著  日文书名  海辺のカフカ上下2本上册486页下册528页 村上春樹 中文书名 海边的卡夫卡 日本新潮文库出版社 文庫版2005/3一版二印流浪少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇
  • 日文十品厚重品相一斤多重上下两册 特价 日本原版作者村上春樹著  日文书名  海辺のカフカ上下2本上册486页下册528页 村上春樹 中文书名 海边的卡夫卡 日本新潮文库出版社 文庫版2005/3一版二印流浪少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇
  • 日文十品厚重品相一斤多重上下两册 特价 日本原版作者村上春樹著  日文书名  海辺のカフカ上下2本上册486页下册528页 村上春樹 中文书名 海边的卡夫卡 日本新潮文库出版社 文庫版2005/3一版二印流浪少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇
  • 日文十品厚重品相一斤多重上下两册 特价 日本原版作者村上春樹著  日文书名  海辺のカフカ上下2本上册486页下册528页 村上春樹 中文书名 海边的卡夫卡 日本新潮文库出版社 文庫版2005/3一版二印流浪少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇

日文十品厚重品相一斤多重上下两册 特价 日本原版作者村上春樹著 日文书名 海辺のカフカ上下2本上册486页下册528页 村上春樹 中文书名 海边的卡夫卡 日本新潮文库出版社 文庫版2005/3一版二印流浪少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇

举报

冒险爱国爱家亲人动物感人物性格心理状态理想现实生活海洋海岸自然与人动物与人人与人记忆感觉恐惧感幻想高兴震惊害怕热恋担心放心安心热心梦想创造事业社会民族吃喝玩乐旅游景区旅行游览国家研究课题开题报告参考文献村上春树个人回忆少年记录少女初恋情人眼里的乐趣无穷无尽空虚寂寞神秘神话童话故事爱情故事青春永在幻想曲流行歌曲交友朋友老人青年女人味共同语言共同话题共同理解合作愉快伙伴文学高峰代表作

  • 作者: 
  • 出版社:   日本新潮文库出版社 文庫版少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇
  • ISBN:   9784108101555
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 出版地:   日本国日本東京 japan tokyo
  • 印刷时间:   2005-12
  • 印次:   2
  • 装帧:   软精装
  • 尺寸:   150 × 104 cm
  • 纸张:   纯质纸
  • 页数:   1089页
  • 正文语种:   日本国语日文日语日本语
  • 作者: 
  • 出版社:  日本新潮文库出版社 文庫版少年卡夫卡15岁从神户到不熟悉的四国海滨图书馆远离家乡,带着书钱姐姐照片歌唱流行歌曲15岁美丽少女与猫交流老人多人聊天朋友找到门口石头感觉世界与世界相连入口和出口迷幻的接头暗号国际好评杰作长篇
  • ISBN:  9784108101555
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 出版地:  日本国日本東京 japan tokyo
  • 印刷时间:  2005-12
  • 印次:  2
  • 装帧:  软精装
  • 尺寸:  150 × 104 cm
  • 纸张:  纯质纸
  • 页数:  1089页
  • 正文语种:  日本国语日文日语日本语

售价 109.94 0.4折

定价 ¥3000.00 

品相 全新品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2019-03-25

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 文学
    货号:
    64uk1098mk894n10y05
    品相描述:全新
    冒险爱国爱家亲人动物感人物性格心理状态理想现实生活海洋海岸自然与人动物与人人与人记忆感觉恐惧感幻想高兴震惊害怕热恋担心放心安心热心梦想创造事业社会民族吃喝玩乐旅游景区旅行游览国家研究课题开题报告参考文献村上春树个人回忆少年记录少女初恋情人眼里的乐趣无穷无尽空虚寂寞神秘神话童话故事爱情故事青春永在幻想曲流行歌曲交友朋友老人青年女人味共同语言共同话题共同理解合作愉快伙伴文学高峰代表作
    商品描述:
    海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
    「語られないことで語られる大切ななにか」は、ある時期からの村上春樹の長編小説の一貫したテーマのひとつだが、『海辺のカフカ』はすこし書きすぎている感じがする。書かなくても(明かされなくても)いいことまで書いているように思う。書かなくてもいいことまで書いているとしたら、それは『ねじまき鳥クロニクル』の反響を受けてのことかもしれない。
    とはいえ小説はおもしろい。発表順に小説やエッセイ、紀行文、その他を読むことで村上春樹の精神の遍歴のようなものがうかがえてとてもおもしろい。

     
    君ってあの子にすごーく似てるね。あのバンドで歌っている、阿部
    周りが何を喋っているのか解らない。人違いされているような感覚。外国語の中に取り残されたような。何も酷い目に遭っていないのに、平凡で幸せなある日、突然、日本中から「酷い目に遭ったねえ」と同情されるような。貴方が知っているという「私」の姿を知らずに生きてきた私が、急にそれを大量に突き付けられても困惑するばかり。一体、人は、そんなに互いに意識し合った狭い世界に住まないといけないものだろうか?人それぞれ生きている、同じ街の中で。すれ違うこともあったかも知れない。けれど最終的には見知らぬ他人なのだ。
    むしろ、当時「誰か」を人違いしてしまった人が、2018年の夏にその過ちを振り返るのには、良いトリガーとなる本かも知れないが、間違えられた「私」本人が読むのには適していないのかも知れない、そう思いながらも覚醒するために読んでいる。

    村上作品の特徴である、
    並行して異なる人物のストーリーが進んでいく物語。

    表現が難しいところが多々あり、わざとそうしているのだとは思いますが、
    どうしてもわからない部分もある。
    カフカとナカタさんの内側と外側の心の流れは、読み込まないと理解は難しそう。
    続きを読む
    まさに村上ワールド。これから読む方のために内容は書きませんが、その特殊性ゆえ、これまで村上春樹の本を沢山読んだことのある人は違和感はなく楽しめるかと思いますが、始めての方は「なんじゃ、こりゃ?」と思われるでしょう。
    個人的にはそれなりに楽しめました。話の展開が気になってどんどん詠み進みましたし、登場人物も皆、非常に魅力的に描かれています。しかし、終わり方がいまいち説得力に欠け、私にはいくつかの謎が残ってしまいました。まず精神分析的評論家スタイルから論ずれば作品のベースはソポクレスの『オイデイプス王』なのは間違いのないところだろう。

    ソポクレスの『オイデイプス王』は村上ワールドの中に飲み込まれ、再構成され、2つの希有なコードとともにすばらしい長編となった。まずは、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』でも用いられた奇数と偶数の章ごとのパラレル・ワールド的な構成が素晴らしい。登場人物は皆一様に濃く、既に荒木飛呂彦の生みだすスタンド使いたちのようである。(とくにナカタさんは天候を操るスタンド使いウエザー・リポートみたいだ)

    とわずがたりの物語にどんどん吸い込まれる。驚異的な筆力に生みだす波動に圧倒されあっという間に読了した。ジョニー・ウォーカーとカーネル・サンダースの吐き出す毒気も最高だ。

    そして音楽。いつも村上氏の作品には後ろにすばらしい音楽が常に流れている。

    最近はクラシックも大分うんちくが深くなったのだなぁ、と思い、『大公トリオ』のスーク・トリオやシューベルトのソナタの解釈論にやっぱり『ポートレイト・イン・ジャズ』の時のジャズの好みの傾向と変わらないなぁ、と思い。やっぱり唸ったのはジョン・コルトレーンの『マイ・フェイバリット・シング』のソプラノを持ってきたところだった。

    『ポートレイト・イン・ジャズ』の中にただ一人登場しないジャズ・ジャイアント、ジョン・コルトレーン。確かにあの本にコルトレーンは似合わない。でもこの本にはピッタリくる。『マイ・フェイバリット・シング』でマッコイ・タイナーの右手が積み重ねるダークなコードというのが『海辺のカフカ』の2つのコードでは、と思える。

    主人公の聴くプリンスやレディオ・ヘッドも忘れられない。全ての音楽が適役で響く。

    シーツ・オブ・サウンドのコルトレーンのソプラノのように、シューベルトのピアノ・ソナタニ長調のように、夏目漱石の『坑夫』のように、不完全さを武器にしてこのすばらしいとわずがたりのいつまでも無限に続きそうな世界に痺れつつ、30冊目となった氏の本を読了した。これが村上さん『メタファー』でしょうか。
    続きを読む
    待ちに待った長編小説は期待を裏切らず、やはり村上春樹ワールドだった。
    交差する時代。ストイックで、日常生活がきちんと織り込まれた登場人物。「在る」ものなのか、「無い」ものなのかわからないストーリーの底にある「なに」か。
    ぐいぐいとストーリーに引き込まれ、気づいたら肩に力が入っていて、上巻読破後に、「ふぅぅぅぅ」っと、大きく息を吐き出していました。
    久しぶりの読みごたえに大満足。
    しかし、村上春樹氏の小説をずっと読み続けていた私としてはなんとなく、下巻の展開が上巻でうっすら匂う感じがしたので、
    この物語は『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の続編だと言われています。
    でも上記作品を読んでいない私でも十分楽しむことができました。
    とにかく続きが気になって気になって仕方がなかったです。
    奇数章と偶数章で話の展開が違っているのも
    ひとつの魅力じゃないかなあと思いました。
    よく知られた固有名詞も多く出てきて「現実的」な面もあるので
    情景なんかも想像しやすいです(勿論「非現実的」な面も結構ありますが)
    春樹さんの文章はやはり読みやすいなあと実感した一冊です。

    村上春樹は何処へ行くのか?

    村上春樹のテーマには「私の心を守ること」があり、
    それは「自分に閉じこもる甘え」として渡辺直巳、
    田中康夫らの辛辣な批判にさらされてきていた。
    私自身はそのスタンスが開け、徐々に外部と関わる強さへの変貌を期待
    していた。(ダンス・ダンス・ダンスに萌芽があった)
    しかし、本作品はそれらをすべて相殺する「先祖返り」のような結果に終わっていると思う。

    さらに、「ねじまき鳥・・・」から露呈している小説の完成度の劣化は、
    本作品でも否定のしようがない。
    プロットは安易であり、人物造形も稚拙。
    舞台設定が作品全体を包括できていないため、登場人物同士のつながりは、
    場当たり的な切り貼りのように思える。
    (非リアリズム小説であっても構造的連動は必須)
    60歳を迎えようとしている村上春樹は、
    どんな地平を目指すのだろうか・・?
    「ノルウェイの森」「世界の終わりと・・」で確実に世界レベルで
    見劣りしない完成度を達成した村上春樹には、ここで終わって欲しくない。

    ねじまき鳥クロニクル以来の長編小説、ということで楽しみに、かつ味わいながら読みました。
    私のように物語を追うので精一杯の読者でも、深く読み込んで構造を的確に掴み出しながら読めるハイレベルの読者でも、それぞれに楽しめます。それを可能にするだけの豊穣さ、寛容さがこの小説にはあります。
    よく指摘されているとおり、『世界と終わりと・・・』に共通する部分があります。並行して進行する物語(最終的に交わる)、「記憶」を所蔵する図書館、「僕」が「僕」になれる場所・・・
    また、『ノルウェイの森』で使われた言葉「私を覚えていて」も、リフレインされています(。
    それらのことからも、この作品が著者の小説世界の幹を構成するものと考えられます。
    主人公が15歳でありながら人生の喪失と、喪失を抱えながらの再生をくぐり抜けるということ。暴力と性の描写が多いこと。物語に一見すると偶然性が満ちていることなど。それら、表面的に批判し得るところはあるでしょう。
    でも、登場人物が直面する「人生」はどれも切実で、物語の中で流される血も涙も汗も、どれもが真摯で、打算的なものはありません。
    この小説も、「完璧」というわけではないのでしょう(私には決定的な瑕疵は見つけられませんが)。でも、著者の真摯さは信頼して良いものと考えます(作品の結構や表現手法、隠喩の技術など、おもてづらの批判は見かけますが、この作品のテーマ=作品の中で流される血や涙の重さが間違っている、と言い得た批評は見かけません)。
    続きを読む

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类