成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 名人名家散文短篇名句   孤本绝版日文原版 阿川弘之 著/ 言葉と礼節 阿川弘之座談集 (文藝春秋 2008年) のち文庫 /kotobatoresetu
  • 名人名家散文短篇名句   孤本绝版日文原版 阿川弘之 著/ 言葉と礼節 阿川弘之座談集 (文藝春秋 2008年) のち文庫 /kotobatoresetu
  • 名人名家散文短篇名句   孤本绝版日文原版 阿川弘之 著/ 言葉と礼節 阿川弘之座談集 (文藝春秋 2008年) のち文庫 /kotobatoresetu
  • 名人名家散文短篇名句   孤本绝版日文原版 阿川弘之 著/ 言葉と礼節 阿川弘之座談集 (文藝春秋 2008年) のち文庫 /kotobatoresetu
  • 名人名家散文短篇名句   孤本绝版日文原版 阿川弘之 著/ 言葉と礼節 阿川弘之座談集 (文藝春秋 2008年) のち文庫 /kotobatoresetu
  • 名人名家散文短篇名句   孤本绝版日文原版 阿川弘之 著/ 言葉と礼節 阿川弘之座談集 (文藝春秋 2008年) のち文庫 /kotobatoresetu

名人名家散文短篇名句 孤本绝版日文原版 阿川弘之 著/ 言葉と礼節 阿川弘之座談集 (文藝春秋 2008年) のち文庫 /kotobatoresetu

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   japan文藝春秋文库(ブンゲイシュンシュウブンコ)bungeisyunsyuu
  • ISBN:   9784163704401
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 印刷时间:   2008-08
  • 印数:   2.8千册
  • 装帧:   平装
  • 页数:   250页
  • 字数:   35千字
  • 作者: 
  • 出版社:  japan文藝春秋文库(ブンゲイシュンシュウブンコ)bungeisyunsyuu
  • ISBN:  9784163704401
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 印刷时间:  2008-08
  • 印数:  2.8千册
  • 装帧:  平装
  • 页数:  250页
  • 字数:  35千字

售价 66.96 0.1折

定价 ¥9134.02 

品相 九五品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2019-03-23

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 文学
    货号:
    krahz-0081-150607
    品相描述:九五品
    日本军国主义丛书之十九  孤本绝版日文原版   比较新 没有彩色封皮  书皮有皱褶
     / 阿川弘之 著 /言葉と礼節 阿川弘之座談集 | 阿川弘之 | 発売国:日本 | 書籍 | 9784163704401 | エルパカBOOKS 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です! ... エレガントな象 続々葭の髄から 文春文庫阿川弘之 ... 春秋. 発行年月 : 2008年08月,  教訓.叢書. ただいまご注文を受け付けております。 サイズ 文庫判/ページ数 ;
    此书是作者的人间交际系列丛书之一,其他还有该书作者的经典训示
    商品描述:
    日本军国主义丛书之十九   孤本绝版 日文原版
    山景书屋 Mountain view bookstore  거 니 와 서점  Горный пейзаж книжный магазин  Librairie ShanJing 山景色の本屋
    此书是日本著名言葉と礼節 阿川弘之座談集 | 阿川弘之 | 発売国:日本 | 書籍 | 9784163704401 | エルパカBOOKS 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です! ... エレガントな象 続々葭の髄から 文春文庫阿川弘之 ... 春秋. 発行年月 : 2008年08月,  / 阿川弘之 著  
    本书可以作为日语专业或日语硕士博士研究生跨文化交际,日本文化,日本企业为文化,日本文学人与人人际交往方向论文写作的素材
    该作者系日本海大海战,啊海军,山本五十六等日本战争题材的著名作家。该书是作者1980年3月与日本著名作家远藤周作一起从夏威夷开始到香港,大连乘坐世界著名豪华5万吨客轮伊莉萨白二世号初次访问中国大陆大连的趣闻轶事。在大连吃行玩的真实故事

    採用試験 
    海軍経理学校で第二期兵科予備学生の採用試験の際の口述試問で志望動機を聞かれ“はい。陸軍が嫌いだからであります[14]”と述べた。あとで考えて、反軍思想の持ち主と取られかねない返答だったなと思ったが、実際は試験官が“にやっ”としただけですんだ[14]。
    作家として[編集]主要作品は、戦記文学記録文学である。
    志賀直哉の最後の内弟子として薫陶を受け、その文学上の後継者である。当代一の作家と紹介されることがある(ちくま文庫「蛙の子は蛙の子」)。時代に媚びることのない正確で淡い情感を呈する文体や表現に定評があり(新潮社 「春の城」「雲の墓標」)、しばしば国語教育の教材などに取り上げられた。近年では、自身や阿川佐和子(長女)、北杜夫、遠藤周作の随筆に登場してくる、短気で頑固で究極の自分本位とも思える一面の他、ユーモアが横溢し、軽妙洒脱で洒落のわかる粋人(講談社「春風落月」)としても読者層に知られる。
    歴史的仮名遣派である。
    評論家の半藤一利は「阿川さんは敗亡した祖国日本の葬式をたった一人でやってきたのである」と『阿川弘之全集』(新潮社、全20巻)の刊行に際し言葉を寄せている。
    『文藝春秋』で巻頭随筆『葭の髄から』を1997年6月号から2010年9月号まで連載した。連載をまとめた単行本・文庫本が数冊出されている。老衰を理由に連載を終了し、連載を単行本化した『天皇さんの涙』をもって文筆活動を終えることにすると表明した。
    交友関係[編集]第三の新人と言われた作家グループの遠藤周作や、吉行淳之介、また紀行文等で知られる開高健らとは親友で、北杜夫、三浦朱門、安岡章太郎、元編集者の大久保房男らとの交友も知られており、随筆などでその交友ぶりが存分に記されている。特に遠藤、北との関係においては2人が得意とした完全なギャグとして相手を罵倒する芸風が阿川にまで及んでおり、彼としては珍しくユーモアに満ちたエッセイが多い。
    受賞歴[編集]1952年 『春の城』で第4回読売文学賞[小説賞]
    1960年 『なかよし特急』で第7回サンケイ児童出版文化賞
    1966年 『山本五十六』で第13回新潮社文学賞
    1979年 第35回恩賜賞・日本藝術院賞[文芸/小説・戯曲][15]
    1983年 第30回交通文化賞
    1987年 『井上成美』で第19回日本文学大賞[学芸部門]
    1993年 文化功労者
    1994年 『志賀直哉』で野間文芸賞、毎日出版文化賞
    1999年 文化勲章、第3回海洋文学大賞特別賞、広島県名誉県民
    2001年 『食味風々録』で第53回読売文学賞[随筆・紀行賞]
    2007年 第55回菊池寛賞
    家族・親族[編集]阿川家[編集](山口県美祢市伊佐町、広島県広島市中区白島九軒町、神奈川県横浜市、東京都)

    家系
     
    父阿川甲一(左)と阿川弘之(右)
    (安東の兄宅の食事風景)阿川弘之は山口県・阿川八幡宮の伊藤宮司から「阿川氏」の歴史について詳しい説明を聞いたことがあった。伊藤宮司は「鎌倉時代の武将佐々木定綱の孫秀綱は13世紀の中ごろ長門国豊浦郡阿川の地を賜って移り住み佐々木姓を阿川に改めた。最初に阿川姓をなのった秀綱の父行綱は勲功をたて、美祢郡の伊佐に土地を拝領し“伊佐の阿川氏”を名乗る。“阿川の阿川”と“伊佐の阿川”は養子縁組その他、絶えず交流があった。」というようなことを述べたという[16]。
    しかし父甲一の生家の阿川家は代々の農家であり、近江源氏直系の鎌倉武将一族の末裔であるということについては、弘之はやや疑問をもっている。弘之によると、「近江源氏直系の鎌倉武将一族と伊佐のお寺の墓石の下に眠る私のひいぢいさんひいひいぢいさんたちが縁つづきであることを必ずしも疑ふわけではなかつたけれど時代のへだだりが大き過ぎる[17]。太七さんの言ふ「初代」と宮司さんの言ふ「初代」とではおよそ五百年のひらきがある[17]。宇治川の先陣乗りの長兄が持つてゐた遺伝子が自分に伝はつて来てゐるといふ想定はどうも実感を伴ひにくかつた[18]。
    …祖父利七以前の御先祖に正直なところ私はあんまり興味が湧かない[18]。三之助、七五郎から利七夫婦まで併せて総計二百五十四人にのぼる爺さん婆さんの“サムシング・グレート”が父を生かし今の自分を生かしてゐると考へてもそれは頭で考へるだけで実在感は乏しい[18]。親しみの情なぞ皆無に近い[18]。興を催すのはやはり肌身の感触を知ってゐる父甲一の前半生、伊佐の農家の小倅(こせがれ)が志を立てて家郷を出て学を修めシベリアへ渡り満洲へ移つて事業を起すまでの立身の道程である[19] 。…初代三之助の歿年を西暦で記すと一七四三年[20][21]、ざつと数へて幕末維新まであと百二十年、その間(かん)七たび代替りしながら我が阿川家からは、朱子学蘭学を学んだ者も、勤皇の志士も、郷土史に名を残すほどの篤農家も出てゐないらしい。要するに代々、平々凡々たる中くらゐの自作農であつたと思はれる」という[22]。
    初代三之助の子七五郎が家督を継いで天明7年7月13日没[20]。戒名“釈了秀信士”[20]。七五郎に幸右衛門が生まれ、幸右衛門に幸治郎が生まれ、7代目阿川利七の時、時代は明治に入る[20]。旧暦の明治3年11月28日利七と妻のしの間に男の子が生まれた[20]。弘之の父甲一である[20]。伊佐の阿川家は甲一の父利七が早く亡くなって、あとに2人の娘(養子谷五郎を迎えて太七を生む長女りき。のち嫁いで村上姓に変る次女くま)と一人の息子(甲一)が残り寡婦のしが一家の主だった[23]。
    また阿川は父の郷里山口について「本籍地は山口県と何かに書いたら山口県人会から是非出てくれといわれて出席したが、話題になることといえば、戦後何十年間に何人総理大臣が出たという話ばかりするので嫌になって二度と行かなくなった」と話している[24]。
    生家
    父・甲一(実業家)
     
    父阿川甲一
    (壮年の頃)1870年(明治3年)11月生 ~ 1948年(昭和23年)6月没 
    「阿川甲一」を参照
    母・キミ(大阪、刀剣・骨董商・石井定次郎の娘)
    1879年(明治12年)5月生 ~ 1955年(昭和30年)6月没
    母キミは大阪出身で生家は刀剣・骨董商であった。阿川によれば「母は広島で私を生んだけれど、もともと生粋の大坂女、父甲一は山口県の出、私の本籍は今も山口県美祢市に在り、広島県人会から会の案内など送られて来ると、多少の違和感を覚える。少年時代、学校では広島弁、家へ帰るとそれに大阪アクセントの相当まじった言葉、両方使い分けていた。」という[25]。
     
    母キミ大阪の没落商家の娘キミは十八、九の時一度結婚するが、相手の男がひどい酒乱だったためすぐ別れて下宿屋兼業の旅館へ女中奉公に出た[26]。その旅館が父甲一の内地へ帰って来た時の定宿であった[26]。やがて甲一とキミとの間に関係が生じた。
    阿川弘之によると、「我が家の本籍地、山口県美祢市役所の住民係に頼んで取り寄せた戸籍謄本を見ると―こんなもの丹念に見るのは実に久しぶりだが、戸主欄冒頭“明治四拾参年弐月拾四日石井キミト婚姻届出仝日云々”と、受附けた大阪市西区役所戸籍吏の名前が記されている[27]。これは、数への八つに成長したひとり娘の静栄が小学校へ上る二ヶ月前の日附である[27]。実質上の夫婦となつてから約八年間、母は何故阿川の籍へ入れてもらへなかつたのだらう[27]。その八年間に日露戦争があつて、ロシア語の通訳官として従軍した父は、戦勝後長春で満鉄下請けの土木事業を始める[28]。戦勲により南満洲鉄道株式会社専属実業家の地位を得た父甲一にとつて、おキミさんは“内縁の妻”或は単なる“大阪の女”に過ぎなかつたのか[28]。
    ともあれ、幼い娘がもうすぐ学校へ通ひ出す[28]。娘の世間躰と、一方、満洲に置いてゐた隠し子(幸寿)を連れ帰つて“育ててやつてくれ”と押しつけた負ひ目とそれやこれやでやうやく内縁の“大阪の女”を正妻と認め入籍したのではないかと想像するのだけれど本当のところは何も分らない[28]。」という。
    異母兄・幸寿(満鉄社員、満州国官吏)
    1901年(明治34年)1月生 ~ 1968年(昭和43年)没
    兄幸寿は父甲一の庶子であり、ハルビンの日本料理屋の抱へ芸者たちの髪を結う髪結女(田中シツ)との間に出来た子供で、のちに母が引き取って養育したのだと小学生の時母から打ち明け話を聞かされ、弘之はショックを受けた[29]。京大経済学部を卒業後、満鉄に入社し、後に満州国官吏に移籍して安東の市長をつとめた[30]。
    長崎県島原半島の海べの村で、学齢に達するまで野性のままで育った兄幸寿は、腕っ節の強いかなりの乱暴者だった[31]。入学を許された長春日本人小学校の先生から始終「保護者出頭サレタシ」の呼び出し状が届いた[31]。女生徒をしつこく追い回した挙句、顔をぶん殴ったというので問題になったことがあった[31]。これは上級生の女の子が「お母さんいないくせに沢山たべるのよ、あいつ豚だ、豚だ」とみなの笑いものにし、幸寿がひどく怒ったためであった[31]。
    天王寺中学(現・天王寺高校)の同級生に、大阪高検の検事長、最高裁判事を経て弁護士になり三島事件被告の弁護を担当した草鹿浅之介がいる[32]。草鹿浅之介の長兄は、真珠湾を奇襲した第一航空艦隊の参謀長草鹿龍之介提督である[32]。弘之は草鹿家を訪問したとき草鹿中将は「僕は君の兄さんの阿川幸寿君に大阪でビールを御馳走になったことがあるよ」と述べた[33]。「人にはようしてやれ」が幸寿の口癖で、それを終生言いつづけたし、自分がお山の大将株になってそれを実行した[32]。 
    同妻・光子(広島、回船問屋加川百助の娘[34])
    加川百助は父の碁友達だった[34]。この縁談が成立したについては「仏の百助さん」と言われた百助の寛容さに負うところが多い[35]。話を進めるにあたって幸寿が自分の実の子でないことをあらかじめ説明しておこうとするキミに「ようがんすようがんす、それはもう触れんでようがんす」と百助は全く問題にしなかったという[35]。

    静栄(岐阜県、満鉄社員・川上喜三の妻[35])
    1903年(明治36年)12月生 ~ 没 
    同長男・哲夫(整形外科医)[36]
    公子(きみこ)
    1912年(明治45年)2月生 ~ 1917年(大正6年)没
    満五歳の時結核性脳膜炎を患って夭逝[37]
    家庭

    長男・尚之[38](法学者・慶應義塾大学教授)
    1951年(昭和26年)4月生 ~ 
    「阿川尚之」を参照
    長女・佐和子(エッセイスト、タレント)
    1953年(昭和28年)11月生 ~ 
    「阿川佐和子」を参照
    二男
    三男
    三男は阿川が満51歳のときに生まれた子供であり、このときの妊娠発覚から出生までの様子は小説「末の末っ子」で詳しくユーモラスに記している

    読了。 この前読んだ本では列車の旅を満喫していたのに、 今度は船旅ですか! しかも、ワタシのような、船底に転がされているような船旅ではなく、 豪華客船での優雅
    女王陛下の阿房船が割安だったの~. おはよ~、 これいいでしょ~. 女王陛下の阿房船価格:円. ず~っとね、 ネットで買ってるの~ 驚いたんだけど、 ハッピーな気分♪ 昨日小説読んだの~ 興奮した
    遠藤周作のやりとりがイチバン この方の傲慢さと知性と毒の籠ったユーモア溢れるエッセイは大好きだ
    、「クイーン・エリザベス2」、略称「QE2」をはじめ豪華客船との

    船旅の醍醐味はここに極まれり。クイーン・エリザベス2世号、ロイヤル・ヴァイキング・スター号など名だたる豪華船で巡るハワイ、香港、大連などへの船旅紀行。道連れは狐狸庵山人、まんぼう先生と変われども、尽きぬは笑いと怒りの数々。海を愛し、乗り物に
    船旅珍道中、大好きな海と憧れの豪華客船。お相手は、お馴染み狐狸庵山人、ご存じまんぼう先生。とくれば…笑いと怒りの波乱いよいよ万丈
    女王陛下の阿房船』既刊一覧. 著:阿川弘之. 船旅の醍醐味はここにある華麗な豪華船紀行。 船旅の醍醐味はここに極まれり。クイーン・エリザベス2世号、ロイヤル・ヴァイキング・スター号など名だたる豪華船で巡るハワイ、香港、大連などへの船旅紀行。道連れ
    硬骨とユーモアに溢れる座談、鼎談の妙 歴史を吟味し、言葉を憂い、日本の指針を考える。藤原正彦、三浦朱門、養老孟司、半藤一利の各氏ら、各界の8人を招いた豊穣なる時間
    、長老の品格ある対談、鼎談をお愉しみあれ 座談の名手が8人を招く。話題は日本、日本語、 ... 阿川弘之座談集言葉と礼節
    言葉と礼節―阿川弘之座談集 (文春文庫)(阿川 弘之)の感想・レビュー一覧です。座談の相手は、三浦朱門、藤原正彦、村上龍、阿川佐和子、大久保房男、半藤一利、原武史、養老孟司。著者の相変わらずの怒りん坊ぶりが楽しく、また記憶力の良さに驚く
    『言葉と礼節 』 阿川弘之/著 座談の名手による、品格あふれる対談集 阿川弘之と文化人8名の対談集
    たとえば、映画の「山本五十六」を見ようと思い、ずいぶん前に読んだ阿川弘之著『山本五十六』を読み直し、この映画を見た後で... ... 極めて個人的な感想ですが. .... 最近、本屋で文庫新刊の阿川弘之座談集『言葉と礼節』を見つけたので読んだ後、同書の対談相手の一人であった藤原正彦の『若き数学者のアメリカ』を数年前に古
    言葉と礼節 阿川弘之座談集. 図書館で本を借りてきたけど、個人的に気になった箇所をメモしてみました。 本書は、作家阿川弘之が、三浦朱門、藤原正彦、村上龍、阿川佐和子、大久保房男、半藤一利、原武史、養老孟司との対談をまとめた ...
    2012年3月の文春文庫の新刊『言葉と礼節 阿川弘之座談集』が面白いです。 阿川 弘之さんは『南蛮 ... 方にはお奨めいたします。 なお阿川弘之さんの娘さんが阿川 佐和子さん、2012年のベストセラー一位『聞く力(心をひらく35のヒント)』(文藝春秋)の著者です
    構造的矛盾を考えた方がよい時期に来ていると思います。 と、以上ユーモアのかけらもない感想文で申し訳ない(笑)。 ... 言葉と礼節―阿川弘之座談集 (文春文庫) · 文藝春秋 阿川弘之
    他の人のブログ等での感想などには一切目を通さず、自分の感じたままを正直に書くことを心がけて ..... 言葉と礼節/阿川弘之座談集(文春文庫)』を古本屋で手に入れ、すでに読んでおりましたのでちょっとふれておきます

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类