成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 日文9品特价東野圭吾获奖推理 秘密  文春文庫01年版  東野 圭吾著  代表作好评畅销妻死后父与女儿过秘密夫妻生活陶醉女儿挑战道德底线非乱伦父女有情可緣影视化作品感人落泪眼泪情爱恩恋不忍断舍恋情动人
  • 日文9品特价東野圭吾获奖推理 秘密  文春文庫01年版  東野 圭吾著  代表作好评畅销妻死后父与女儿过秘密夫妻生活陶醉女儿挑战道德底线非乱伦父女有情可緣影视化作品感人落泪眼泪情爱恩恋不忍断舍恋情动人
  • 日文9品特价東野圭吾获奖推理 秘密  文春文庫01年版  東野 圭吾著  代表作好评畅销妻死后父与女儿过秘密夫妻生活陶醉女儿挑战道德底线非乱伦父女有情可緣影视化作品感人落泪眼泪情爱恩恋不忍断舍恋情动人
  • 日文9品特价東野圭吾获奖推理 秘密  文春文庫01年版  東野 圭吾著  代表作好评畅销妻死后父与女儿过秘密夫妻生活陶醉女儿挑战道德底线非乱伦父女有情可緣影视化作品感人落泪眼泪情爱恩恋不忍断舍恋情动人

日文9品特价東野圭吾获奖推理 秘密 文春文庫01年版 東野 圭吾著 代表作好评畅销妻死后父与女儿过秘密夫妻生活陶醉女儿挑战道德底线非乱伦父女有情可緣影视化作品感人落泪眼泪情爱恩恋不忍断舍恋情动人

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   日本文春文庫01年版 代表作好评畅销妻死后父与女儿过秘密夫妻生活陶醉女儿挑战道德底线非乱伦父女有情落泪眼泪情
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 装帧:   软精装
  • 尺寸:   152 × 106 cm
  • 纸张:   轻型纸
  • 页数:   452页
  • 作者: 
  • 出版社:  日本文春文庫01年版 代表作好评畅销妻死后父与女儿过秘密夫妻生活陶醉女儿挑战道德底线非乱伦父女有情落泪眼泪情
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 装帧:  软精装
  • 尺寸:  152 × 106 cm
  • 纸张:  轻型纸
  • 页数:  452页

售价 48.90

品相 九品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2019-02-08

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 文学
    货号:
    64hm452hk180210
    品相描述:九品
    日文十品特价東野圭吾获奖推理 秘密  文春文庫01年版  東野 圭吾著  代表作好评畅销妻死后父与女儿过秘密夫妻生活陶醉女儿挑战道德底线非乱伦父女有情可緣影视化作品感人落泪眼泪情爱恩恋不忍断舍恋情动人
    商品描述:
    秘密を知った夫のラストが悲しすぎる。
    容紹介

    運命は、愛する人を二度奪っていく。
    自動車部品メーカーで働く39歳の杉田平介は妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美と暮らしていた。長野の実家に行く妻と娘を乗せたスキーバスが崖から転落してしまう。 妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。 その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密"の生活が始まった。 外見は小学生ながら今までどおり家事をこなす妻は、やがて藻奈美の代わりに 新しい人生を送りたいと決意し、私立中学を受験、その後は医学部を目指して共学の高校を受験する。年頃になった彼女の周囲には男性の影がちらつき、 平介は妻であって娘でもある彼女への関係に苦しむようになる。
    98年度ベストミステリーとして話題をさらい、広末涼子主演で映画化、志田未来主演で連続ドラマ化もされた東野圭吾の出世作。累計200万部突破の伝説のベストセラー。

    内容(「BOOK」データベースより)

    妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。映画「秘密」の原作であり、98年度のベストミステリーとして話題をさらった長篇、ついに文庫化。

    内容(「MARC」データベースより)

    妻と小学生の娘が事故に。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは死んだはずの妻だった。運命は愛する人を二度奪っていく…。切なさ溢れる長篇ミステリー
    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    東野/圭吾
    1958年、大阪生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。エンジニアとして勤務しながら、1985年、『放課後』で第31回江戸川乱歩賞受賞。1999年、『秘密』で第52回日本推理作家協会賞受賞。著書に『同級生』『変身』『分身』『鳥人計画』『むかし僕が死んだ家』『パラレルワールド・ラブストーリー』『天空の蜂』『毒笑小説』『名探偵の掟』『悪意』『探偵ガリレオ』『白夜行』『予知夢』『片想い』等があり、幅広い作風で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
    : 452ページ出版社: 文藝春秋 (2001/5/1)言語: 日本語ISBN-10: 4167110067ISBN-13: 978-4167110062発売日: 2001/5/1梱包サイズ: 15.2 x 10.8 x 2.2 cmおすすめ度: 5つ星のうち 4.0   530件のカスタマーレビューAmazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,054位 (本の売れ筋ランキングを見る)5位 ─ 本 > 文学・評論 > ロマンス36位 ─ 本 > 文庫 > 一般文庫 > 文春文庫43位 ─ 本 > 文学・評論 > 文学賞受賞作家 > 直木賞 > 126-150回

    一気に読みました。事故後の生活がリアルに描かれており、直子と平助にすっかり感情移入していただけに、最後の辛すぎる結末はずっしり重く感じてしまいました。

    SF設定に抵抗を感じながら読み始めましたが、物語にどんどん引き込まれてしまう自分にびっくり。しかし、やはり最後は納得がいかないくらい悲しいので☆4つとさせて頂きました。

    何度思い返しても心がずーんと重くなります。もし自分だったらどうしてたかな・・・。

    しかも、これって家族をもった者でないと直子と平助の気持ちはわからないでしょうね。自分が独身で子供もいなかったら、感情移入できたかどう
    お決まりのトリックで最期を締めくくるパターンであるが、亭主の方もそういう決断を一旦したんだから、再婚なりして、自分の幸せ見つけたらいいんじゃないかと思うのだが。私だったら、最後の
    秘密を知った夫のラストが悲しすぎる。

    一気に読みました。事故後の生活がリアルに描かれており、直子と平助にすっかり感情移入していただけに、最後の辛すぎる結末はずっしり重く感じてしまいました。

    SF設定に抵抗を感じながら読み始めましたが、物語にどんどん引き込まれてしまう自分にびっくり。しかし、やはり最後は納得がいかないくらい悲しいので☆4つとさせて頂きました。

    何度思い返しても心がずーんと重くなります。もし自分だったらどうしてたかな・・・。

    しかも、これって家族をもった者でないと直子と平助の気持ちはわからないでしょうね。自分が独身で子供もいなかったら、感情移入できたかどうか自信がありません。独身の
    肉体的には死んだ妻の精神が娘に宿るという、非現実的な設定ですが、大変おもしろく、考えさせられる小説です。

    主人公は妻への純愛を貫こうとしますが、妻は肉体の成長とともに、夫よりも、別の人生、男性を求めるようになります。その妻の行動は道徳的に問題があるかもしれませんが、肉体的に手を出せない、年老いていく夫と生涯いるよりも、妻が若い肉体で青春を謳歌する道を選んでもいた仕方ないの
    そもそも「秘密」には映画を通じて出会った。
    広末涼子、小林薫、岸本加代子らが出演した映画をご存知の方も多いと思う。
    雪国でのバス事故に娘と妻が巻き込まれ、娘の肉体に妻が入り込んでしまったという夫婦(親子)の話を夫、父親の目から描いた物語。
    この話の面白さは、主人公が夫(男)として娘の肉体に宿った妻と接することができず、また父親として妻が宿った娘にも接することができないもどかしさ、妻・娘への愛、そして男のちっぽけさを描いている。
    そして彼はこのいくつかの制約を設定することで、切ない日常、別れ、旅立ちを描いた。
    最近広末涼子が早稲田大学を自主退学したとき、友人達と「秘密」が話題になり、小説があると知った。
    勿論映画が良かったので、小説も買って読んだ!。
    面白かった。
    東野圭吾の物語は、読者の予想を裏切ることを目的として書かれていることを知っていても、読者はその裏切りの美しさに感動をすることになる。
    裏切りの手口は、物語をコントロールしていると思っている主人公が物語を支配しておらず、実は思いがけずもっと大きな物語が展開すること。
    そして、それ以上の感動は、物語
    秘密 (文春文庫)
    映画で見て 本を買い読み 満足している。
    購入し 大事に保管して
    他の方も書いていましたが、二度読み返す気にはなれないです。特に結末の下りは。どういう意味で妻は涙を流し号泣したのか?悲しみや罪悪感、それだけではなく、喜びや嬉しさといった気持ちもあったのでは? 複雑です。感情移入して読むと男性は、かなりツラくなると思います。【私は何度もよむのをやめました】 ある程度予測した結末なのですが、もう少し早い段階で訪れると思っていました。【高校に通っている時点で】しかし、読み進めていく内にこれはハッピーエンドになるのかなと思わせてからの、結末部だったので本当に 衝撃的というよりショックでした。人間の欲求の前では、理性や愛情など価値のないものだなと思います。太陽と月 オーロラと肥溜めくらいに差があるのだなと思いました。 色褪せるし、霞みます。ともあれ
    荒唐無稽なストーリー。
    細部の強烈なリアリティ。
    不思議な作品。

    特に、クリスマス前後の鬼気迫る迫真の展開力は、天才の為せる技。

    妻で在りながら、娘の人生を歩む、女性。
    夫で在りながら、父親として生きる、男性。

    在り得ない状況の中、展開される人間の真実。
    凄まじい筆力、洞察力。

    ゲンコツ2発で、示す人の道。
    見事の一言。

    読み終わった時、本当に切なくなった。
    娘なのに中身は嫁さん。
    この平行線のままの気持ちの中でどうやって生活して行くんだろう…と思いながら…
    完結は

    相手を大切に思うからこそ、受け容れて、自ら変わっていく姿を学びま

    大満足。たいへんいい本です。読みごたえがあります。ありがと!読み終わった後の余韻は、かなり引きずりましたね。もう、切なくてやりきれなくて。もう1度読みたかったけど、辛くなりそうだから、回想するだけでやめておきました。東野圭吾さんは素晴らしい作品をたくさん書く方ですが、これ
    私がこの作品を読むのは今回が2回目なのだが、最初にこの作品を読んだときに強く感じたのが、この作品ほど、前半と後半で雰囲気の異なる作品は、珍しいのではないだろうかということだった。 

    私は、「泣ける」という前評判を知って、この作品を読み始めたのだが、前半では、自分たちの置かれた境遇に戸惑い、合わせ切れない夫と妻の言動が、ときにコミカルに描かれており、思わずクスッと笑ってしまい、深刻な設定のわりには、深刻感に欠けるところがあるのだ。また、事故で生き残った娘の体に死んだ妻の心が宿るという、現実にはあり得ない非科学的な設定に、深刻感を感情移入しにくいという点もあいまって、「泣ける」という前評判と、実際に読んで感じた印象との間のギャップに、かなりの戸惑いを感じたものだった。 

    それでも、後半になると、前半とは一転、物語は、シリアス一色に染まっていき、この作品が、なぜこれほどまでに版を重ね、映画化もされたのか、その真価が次第に明らかとなっていき、しっかりと泣かせてくれる。また、ラストでは、この作品のタイトルの真の意味も明らかとなり、この作品が、ある意味、ミステリであったことにも気付かされる。 

    後に読んだ文庫本「毒笑小説」の東野圭吾と京極夏彦の巻末特別対談によると、東野圭吾は、この作品について、「この作品の原型となった短編のおやじの慌てぶりのドタバタが、もっと面白くなるはずだと思い」、「最初は、笑わそう、笑わそうと思いながら書き始めたのだが、笑うスイッチと泣くスイッチは近所にあり、ああなってしまった」と語っている。

    私は、この作品を傑作だと思うが、この作品の成り立ちの経緯
    お決まりのトリックで最期を締めくくるパターンであるが、亭主の方もそういう決断を一旦したんだから、再婚なりして、自分の幸せ見つけたらいいんじゃないかと思うのだが。私だったら、最後のシーンで、平助が娘の学校の先生か誰かと結婚しており、一緒に娘の結婚式に参列するようにしたいかな
    東野圭吾の本はほとんど読んでいますが、

    この本もその中でも良作だと思います。

    読んで損はないでしょう。

    非常に泣けるシーンもあります。

    ただ、どうし
    杉田直子さん、藻奈美さんの母娘が乗ったスキーバスが谷に転落し、直子さんの身体は傷ついて死にますが、精神が小学五年生の藻奈美さんの身体に宿ります。夫の平介は、外見が娘の妻と暮らし始め、彼女が25歳になるまでのエピソードが物語になっています。
    部分的にオカルトがあっても、それ以外の部分にリアリティがあれば、共感したり強く感動できるのですが、この物語の場合、娘の身体に妻の精神が宿っていることが
    私は中年男性ですがとにかく読んでて辛かったです。途中から救われた気分になり、ホッとしてたら最後にすごい喪失感でした。読んだ事を後悔しましたが、妻や娘にもっとやさしくしようという気持ちになったので読んで良かったのかな。
    入。何度も読んでるけどそ
    (ちょっとネタバレです)
    まず言えることは、「語らぬ」直子の心情・行動は永遠の謎であり、だからこそここでもこれだけいろんな解釈があるのだということ、おそらくこのことは作者が狙っていたことで、すなわちそれが本作品の最も秀逸な点だと言うことです。
    でもそんなことよりも、もう辛くて辛くて、胸が苦しくて、40過ぎのおっさんだというのに読後1週間ぐらい業務中もこのことを考えてしまい、仕事が全然進みませんでした。僕は、Humanな作者であるから、直子も心で泣きながらその選択をしたんだと思いたいです。みんなちょっと忘れてるけど、一方で実は永遠に娘を失っていた悲しさも、もしこの続きがあるのなら計り知れないぐらい大きかったはずです。今まであまり家族をもつことに大きな憧れ、羨望感、逆に一人でいることの孤独感を感じたことはなかったですが、家族っていいなあ、事件が起きる前の杉田家みたいな家庭が羨ましいなあ、と思いました。
    ドラマ版では、平介がさらにオトナで、こっちはこっちでまた泣けます。自分としては、生きてても今後こんなすごい作品に出合うかな、ぐらいのものでした。音楽も、芝居も、絵も、小説も…芸術っ
    少し読んだら、もう止まらず一気に読んでしまいました。東野作品は読者を陰鬱にさせることが多いのですが、この作品は比較的ソフトでした。悪い評価の人はどう書いてるのか見て見ましたが、あーなるほどと思いましたね。10代の女性には嫌悪するような性描写もあり、万人向けではないようです。私は妻も10代の娘もいますが、主人公には共感できる部分が多いですね。主人公も製造工場ライン内の班長という、小説ではあまり取り上げられない職業で好感持てます。普通は公務員などホワイトカラーや流通、サービス業、あるいは第一次産業というように、自由度の高い設定にするのですが、自由度が極めて低い設定でありながら、物語を目まぐるしく展開させていく筆力は絶賛に値します。東野自身がエンジニアだったこともあり、ガリレオシリーズなど、理系探偵を登場させたりしますが、今回もこんなところに経験を生かしてるんですね。

    配送说明

    ...

    为你推荐

本店分类