成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译
  • 文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译

文明の衝突と21世紀の日本=!文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書) サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington原著),鈴木主税译

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   日本集英社新書 美总统换届对日新战略策划者论文4篇世人关注日本奥巴马后美政权给与日本更大抨击压力孤立从文明宗教
  • 出版时间: 
  • 版次:   1
  • 印刷时间:   2001-11
  • 印数:   3千册
  • 装帧:   软精装
  • 页数:   205页
  • 字数:   366千字
  • 作者: 
  • 出版社:  日本集英社新書 美总统换届对日新战略策划者论文4篇世人关注日本奥巴马后美政权给与日本更大抨击压力孤立从文明宗教
  • 出版时间: 
  • 版次:  1
  • 印刷时间:  2001-11
  • 印数:  3千册
  • 装帧:  软精装
  • 页数:  205页
  • 字数:  366千字

售价 25.96 2.6折

定价 ¥99.89 

品相 九五品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2018-11-09

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 社会文化
    货号:
    596-16515-sessbs21
    品相描述:九五品
    文明の衝突と21世紀の日本= 文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington (原著), 鈴木 主税 (翻訳)美国下届总统换届提出对日新战略策划者论文4篇世人关注日本奥巴马后美政权给与日本更大抨击压力孤立从文明宗教文化外币经济政治军事贸易经济合作货币政策与日本衝突加剧变化值得瞩目研究文献论文史料
    世界的ベストセラー「文明の衝突」は21世紀の日本をどう予測しているのか。'99年に発表された最新論文2篇を収録し、豊富なCG図版で、“よくわかる文明衝突下の日本の進路”を提示する。
    商品描述:
    文明の衝突と21世紀の日本= 文明冲突与21世纪的日本 (集英社新書)  サミュエル・P. ハンチントン亨廷顿著(美国国家战略智囊哈佛教授, Samuel P. Huntington (原著), 鈴木 主税 (翻訳)美国下届总统换届提出对日新战略策划者论文4篇世人关注日本奥巴马后美政权给与日本更大抨击压力孤立从文明宗教文化外币经济政治军事贸易经济合作货币政策与日本衝突加剧变化值得瞩目研究文献论文史料
    普段何気なく戦前、戦後と言っているが、戦前の「大日本帝国」と戦後の「日本」は国家としては別の国家であることを、われわれはあまり意識していない。もっとも国家が違っても、領土、民族、文化などで核になる部分は重なっているし、昭和の元号も変わらなかったので、意識しないのも当然かもしれない。

    ところでこんなふうに、筆者の頭脳には不向きなことをとりとめもなく考えているのは、ハンチントンの近著『文明の衝突と21世紀の日本』を読んだおよび第三勢力に世界を分けて考えるのが通例で、民族・言語・宗教よりはどちらの陣営に属すかが重視されて語られていたように思いますし、実際上の各国の行動もアメリカとソ連を親玉とする各陣営の中の事情に沿ってみていけば、そうそう大外しはなかったように思います。

    その冷戦構造の崩壊後、これからの世界がどうなっていくのか、分析の道具やモデルたろうとする本が各種出ましたが、その中でも相当なインパクトを持って受け入れられたのがこの本の元になった「文明の衝突」でした。

    文明の衝突では、世界を西洋文明・中華文明・日本文明・東方正教会文明・イスラム文明・ヒンドゥー文明・アフリカ文明・ラテンアメリカ文明・仏教文明と分け、それぞれの相互関係の中で各国の振る舞いを予測しようとします。文明のほかには超大国(アメリカ)−地域大国(独仏連合・中国・日本(潜在的に)・ロシア・イランなど)−ナンバー・ツーの地域大国(イギリス・日本・韓国・ウクライナ・サウジアラビアなど)−その他の国々、という国力ベースの指標、各国の振る舞いとしてはバランシングとバンドワゴニング、各文明内での各国の分類としては中核国・孤立国・分裂国、引き裂かれた国家という概念を提示し、各国の振る舞いの予想を例示したのち、冷戦後の主要な衝突は各文明間の争い(フォルト・ライン紛争)として起こるという結論に至ります。

    ここで出されているモデルは、いま見ると大雑把に過ぎる印象を受けますし、歴史的に見ると中央ユーラシアの遊牧文化圏がないとか、インドネシアやマレーシアを単純にイスラム文明とみなすのは無理があるんじゃないかとか、そもそもイスラム内部のバラバラぶりはどうしたことだとか、言いたいことも色々と出てきますが、ごく大雑把に見れば確かにそういう見方はできなくはないですし、なにより冷戦終了後すぐに出されたところに意味があったのだと思います。その意味でもうこの本は古典に属すものとなっていると思います。

    もとになった「文明の衝突」は大著ですが、エッセンスは新書版の本書で充分です。本書出版当時のインパクトはもはや全くありませんが、言わば一種の教科書・古典として、国際情勢を考える際には押さえておくべき本と思います。

    位置づけとしては、「文明の衝突」ver.1.5という感じの本である。
    ソ連崩壊のよる冷戦構造の終焉。そして、現状のアメリカと超大国とし、各地域大国の構図。そして、「文明」概念を用い、現状の国際社会を理解する。文明の発達段階、構造を整理しながら8つの文明に分けられる世界情勢を将来を考える。
    翻訳の影響なのかもしれないが、「文明の違いが絶対的な問題だ」というよりは、「このように考えることもできる。ここから現状を理解しよう」という調子が比較的強く読み取れるように思われる。その意味で、主張に圧倒されることなく読んでいける。

    なるほど感が漂う。

    国際関係を文明同士の生態学で紐解く名著。発表当時よりもむしろ現在の方が、より説得力をもって読まれることでしょう。
    最新のデータで書かれた改訂版が出るものならば、ぜひ読みたいと強く思います。

    前に読んだ記憶があったが、最近のシリア、ISの事などの話題で再度読みたくなり購入。
    文明の衝突論の内容も大変面白かったが、ハンチントン氏の日本の捉え方、そして中国の勃興
    についてのこの先の予想についても個人的に関心が強かった。
    次の文章も興味深い。
    「文明が衝突すれば、ヨーロッパとアメリカは団結するだろうし、そうしなければ別々に絞首刑
    に処せられるだろう」
    「文明と野蛮な社会とのあいだで世界的な「真の衝突」が起こった場合、(中略)世界の大文明は
    同じように団結するか、別々に絞首刑の処せられるしかない」
    これからの国際政治の中で「中国の台頭」と「イスラムの復興」が世界に不安定をもたらすだろうと
    ハンチントン氏は述べているが、もしその2つ(アフリカも?)が西欧文明に協力して立ち向かうことになる場合、
    世界全体に災難が降りかかる可能性があるのではないだろうかと、個人的に危惧する所だ。
    日本もあらゆる想定をして万が一に備えておくことに損はないだろう。
    コメント|このレビューは参考になりましたか?
    はい
    いいえ
    違反を報告
    5つ星のうち5.0現代の状況を全て見通していた!
    投稿者massimiliano2015年12月1日
    形式: 新書|Amazonで購入
    著者の「文明の衝突」が最初に発表されたのは、アメリカとイラクの湾岸戦争後1993年頃の事でした。当時話題になり、私も読みました。先月(2015年11月)パリで同時多発テロがありました。アメリカよりも比較的文化的多様性を寛容に受け入れてきたヨーロッパで、こんな事が起こるなんて信じられませんでした。そこで昔読んだ上記の本を思い出し、補筆された本書(初版2000年)を手に取りました。本書は3.11前の2000年に発行されたものですが、ページをめくるごとに、まるで一度タイムマシンで現代に来てから2000年に戻り、書いているのではないか?と思えるほどに、現在の世界の状況(日本を含む)を見通していました。手に取って見て良かったです。また本書ではアメリカ人の中にも自分たちに欠点に気づいている人達もいるのだなとホットした面もありますが、でもアングロサクソンは裏返しの表現をわざとすることもあり、真意はどうでしょうか。いずれにしろ、歴史は人間の限界も表すものである事も再度感じました。皆さんも是非読んでみては?☆五つ!
    コメント|このレビューは参考になりましたか?
    はい
    いいえ
    違反を報告
    5つ星のうち5.0人類は文明と共にあり
    投稿者dend2015年11月22日
    形式: 新書
    種明かしなので自分のポリシーを打ち明けます
    「文明と共に生きてこそ人類」である
    ここまでのレビューでもこれを検証していたんです
    「もし文明と共に生きてこそ人類がポリシーならこれを選ぶはず」
    つまり「文明と共に生きてこそ人類」は「異常な主義」だと言うことがここまでの検証で判明しました
    しかし世界各国で報徳思想の見直しが行われているとは
    「文明と共に生きてこそ人類」が世界各国で根付き始めていることを意味する世界情勢
    そして救世主ラルフ·ベアも「文明と共に生きてこそ人類」が主義の人だと知り「安心」しました
    そして世界一の偉人である二宮尊徳と万兵衛も「文明と共に生きてこそ人類」が主義の人だと知り「安心」しました
    そして改造手術の開発者であるアインシュタイン博士も「文明と共に生きてこそ人類」が主義の人だと知り「安心」しました
    そしてなぜ「文明と共に生きてこそ人類」を表沙汰にする団体が皆無なのかの手がかりは
    「英雄」は「22世紀世界カモーン」つまりは「文明と共に生きてこそ人類」を「肯定」する
    「逆賊」は「22世紀世界カモーン」つまりは「文明と共に生きてこそ人類」を「否定」する
    つまり「逆賊」の考えにしたがっているから「文明と共に生きてこそ人類」を訴えかけていないことを意味している
    つまり「逆賊」にとって困ることがあるから「文明と共に生きてこそ人類」を訴えかけていないことを意味している
    「文明と共に生きてこそ人類」とは「文明を脅かす存在を敵扱いする」をも意味している
    つまり「文明を脅かす存在との性行為」は「レイプを受けた」にしかならないことをも意味している
    なぜなら「文明と共に生きてこそ人類」が主義の人にとっての「文明を脅かす存在」は「外敵」にしか過ぎない
    さらに言う「文明と共に生きてこそ人類」が主義の人にとっての「文明を脅かす存在」は「異物」にしか過ぎない
    「文明と共に生きてこそ人類」が主義の人にとっての「文明を脅かす存在との性行為」は
    「性行為を強要された」にしかならない
    つまり「逆賊」にとっての「文明と共に生きてこそ人類」を「肯定」するとは
    「レイプを受けた」を取り入れることを意味している、だから「逆賊」は「文明と共に生きてこそ人類」を「否定」する
    言い換えれば「レイプを受けた」という概念を取り入れるのを「拒絶」しているから
    「文明と共に生きてこそ人類」という概念を取り入れる事を訴え出ることができないことを意味している
    言い換えれば「性行為ありきの付き合い」が為政者と経営者に根付いているから
    「文明と共に生きてこそ人類」という概念を「拒絶」していることを意味している
    つまり「諸悪の根元」は「性行為から始まる家族生活」
    つまりは「いないことになっている歴史上の人物」だと言うことを意味している
    なぜなら「文明と共に生きてこそ人類」とは「絶望する自由」と「絶望する権利」を許すことをも意味する概念
    そして「性行為から始まる家族生活」とは「絶望する自由」と「絶望する権利」を「拒絶」することを意味する家族生活
    つまり「性行為から始まる家族生活」を「打破」する試みをアインシュタイン博士とラルフ·ベアは行ったのである
    そうすることで「真なる希望」にして「真なる自由」の象徴である
    「朝は寝床でグーグーグー」と「昼はのんびりお散歩だ」と「夜は墓場で運動会」と
    「学校も試験もなんにもない」と「会社も仕事もなんにもない」が通用する世界
    つまりは「22世紀世界」を実現させることである
    そしてテレビゲームとは「披レイプ演習装置」にもなりうる
    そうすることで「逆賊」ともうまくつきあえるようラルフ·ベアは取り計らったのである
    そして「文明と共に生きてこそ人類」上における善悪観は単純明瞭にして絶対である
    そう「文明を助ける存在」が「善」で「文明を脅かす存在」が「悪」である
    そうテレビゲームとは「逆賊を善の存在にする技術」なのである
    なぜなら「性文化発展に貢献する」を選ぶ事を可能にする技術だからである
    やり方はこうである「テレビゲーム製作に参加する」を「逆賊」が実行するだけ
    これだけですみます、そう声優達の正体は「逆賊」であり
    「逆賊を社会から隔離する」をラルフ·ベアは実現させることに成功したのである
    故に「20世紀最大の発明品はテレビゲーム」にして「救世主はラルフ·ベア」なのである
    そう「文明を脅かす存在」こそ「真の悪」にして我々人類が「拒絶」しなければならない存在
    それが今世界各国の「常識」になりつつあります
    つまり自分の主義である「文明と共に生きてこそ人類」が世界各国の共通認識となっています
    「レイプを受けた」という概念を取り入れる試みが世界各国で起きています
    「真なる希望」と「真なる自由」はそれを取り入れるに値するほど「高価」なものなのです
    だからこそ言います「人類は文明と共にあり」と

    日本文化なら解るが、文明と言うと、違和感がある。日本独特な宗教としての神道について知らないのか、何も記述していない。

    国際政治学者サミュエル・ハンチントンによる本書には、1993年発表の『文明の衝突』(抜粋)のほか、1998年に東京で行った「二十一世紀における日本の選択~国際政治の再編成」と、1999年に『フォーリン・アフェアーズ』誌に連載された「孤独な超大国」が収められている。
    『文明の衝突』は、冷戦の終結した21世紀の世界を予測した論文として、フランシス・フクヤマが『歴史の終わり』において「グローバルに民主主義と市場経済秩序が定着し、もはやイデオロギーなどの大きな歴史的対立がなくなる」という典型的な“アメリカ的世界観”を示したのに対して、「民主主義によって一つの世界が生まれるのではなく、数多くの文明間の違いに起因する、分断された世界となろう」という、およそ“非アメリカ的世界観”を描き、欧米世界を驚かせたものである。
    その主旨は、以下のようなものである。
    ◆冷戦後の世界の国家のグループ分けにおいて重要なのは、7つ(中国、日本、インド、イスラム、西欧、東方正教会、ラテンアメリカ)或いは8つ(+アフリカ)の世界の主要文明である。地域の政治は民族中心の政治に、世界の政治は文明中心の政治になり、超大国同士の抗争に代わり、文明の衝突が起こる。
    ◆その世界では、各国は各文明に対して、構成国、中核国、孤立国、分裂国、引き裂かれた国家として関係する。
    ◆異文明間の紛争は、地域的なレベルでは文明の断層線での紛争が起こり、世界的なレベルでは異文明の中核国家間での紛争が起こる。
    ◆世界的なレベルの衝突としては二つが想定される。一つは、アメリカと儒教的特徴をもつアジアとの対立で、特に中国の発展はアメリカにとってぬきさしならぬ挑戦となる可能性がある。もう一つは、既にアフガン戦争、湾岸戦争として顕在化していた、イスラムと他文明との衝突である。
    ◆異文明間の戦争を避けるには、他文明内の衝突に中核国家が干渉しないこと、中核国家が互いに交渉して自分たちの文明に属する国家や集団の関わる地域レベルの紛争を調停すること、あらゆる文明の住民が他の文明の住民と共通して持っている価値観や制度や生活習慣を模索し、それを拡大しようと努めること、が必要である。
    そして、「二十一世紀における日本の選択~国際政治の再編成」では、「東アジアの将来の平和と幸福は、日本と中国がともに生き、ともに進む道を見つけることにかかっている」、「孤独な超大国」では、「アメリカにとっては、多極体制の世界における大国の一つとなるほうが、唯一の超大国であったときよりも要求されるものは少なく、論争も減り、得るものは大きくなるだろう」と述べている。
    昨今の世界情勢を見ると、ハンチントン氏の予測が如何に鋭かったかがわかるし、衝突を避けるためのルールも依然有効なものである。
    今、読み返す価値のある著作と言える。

    冷戦終結後は文明が衝突する時代になると論じた本。著者によれば、世界には「中華文明」「日本文明」「ヒンドゥー文明」「イスラム文明」「東方正教会文明」「西欧文明」「ラテンアメリカ文明」の七つの文明がある。各文明は独立し、排他的であり、今後紛争は文明間の断層線において起きる。
    こうした認識に基づいて著者は、自己の文明を世界全体に押しつけようとする、冷戦終結後のアメリカの一極覇権主義に反対する。しかし同時に、自国・アメリカについて、「多文化的なアメリカはありえない。というのも、非西欧的なアメリカはアメリカではないからだ」と述べて、文化多元主義を否定し、あくまで「西欧文明」というアイデンティティーを維持すべきことを主張している。この主張は著者の立場からは整合的である。なぜなら、文化多元主義を許容すれば、アメリカは国家として独立を保てなくなるはずだからである。しかしそのことを見通した時に、(「アメリカが分解するのは歴史の必然である」などといった他にもあり得る主張の代わりに)こうした保守的・復古的な主張が飛び出してくるところに、著者の本音(著者の文明)を感じ、評者には興味深かった。
    今では想像しにくいかもしれませんが、冷戦下では資本主義陣営(西側諸国)と共産主義陣営(東側諸国)、および第三勢力に世界を分けて考えるのが通例で、民族・言語・宗教よりはどちらの陣営に属すかが重視されて語られていたように思いますし、実際上の各国の行動もアメリカとソ連を親玉とする各陣営の中の事情に沿ってみていけば、そうそう大外しはなかったように思います。

    その冷戦構造の崩壊後、これからの世界がどうなっていくのか、分析の道具やモデルたろうとする本が各種出ましたが、その中でも相当なインパクトを持って受け入れられたのがこの本の元になった「文明の衝突」でした。

    今では想像しにくいかもしれませんが、冷戦下では資本主義陣営(西側諸国)と共産主義陣営(東側諸国)、および第三勢力に世界を分けて考えるのが通例で、民族・言語・宗教よりはどちらの陣営に属すかが重視されて語られていたように思いますし、実際上の各国の行動もアメリカとソ連を親玉とする各陣営の中の事情に沿ってみていけば、そうそう大外しはなかったように思います。

    その冷戦構造の崩壊後、これからの世界がどうなっていくのか、分析の道具やモデルたろうとする本が各種出ましたが、その中でも相当なインパクトを持って受け入れられたのがこの本の元になった「文明の衝突」でした。

    文明の衝突では、世界を西洋文明・中華文明・日本文明・東方正教会文明・イスラム文明・ヒンドゥー文明・アフリカ文明・ラテンアメリカ文明・仏教文明と分け、それぞれの相互関係の中で各国の振る舞いを予測しようとします。文明のほかには超大国(アメリカ)−地域大国(独仏連合・中国・日本(潜在的に)・ロシア・イランなど)−ナンバー・ツーの地域大国(イギリス・日本・韓国・ウクライナ・サウジアラビアなど)−その他の国々、という国力ベースの指標、各国の振る舞いとしてはバランシングとバンドワゴニング、各文明内での各国の分類としては中核国・孤立国・分裂国、引き裂かれた国家という概念を提示し、各国の振る舞いの予想を例示したのち、冷戦後の主要な衝突は各文明間の争い(フォルト・ライン紛争)として起こるという結論に至ります。

    ここで出されているモデルは、いま見ると大雑把に過ぎる印象を受けますし、歴史的に見ると中央ユーラシアの遊牧文化圏がないとか、インドネシアやマレーシアを単純にイスラム文明とみなすのは無理があるんじゃないかとか、そもそもイスラム内部のバラバラぶりはどうしたことだとか、言いたいことも色々と出てきますが、ごく大雑把に見れば確かにそういう見方はできなくはないですし、なにより冷戦終了後すぐに出されたところに意味があったのだと思います。その意味でもうこの本は古典に属すものとなっていると思います。

    もとになった「文明の衝突」は大著ですが、エッセンスは新書版の本書で充分です。本書出版当時のインパクトはもはや全くありませんが、言わば一種の教科書・古典として、国際情勢を考える際には押さえておくべき本と思います。

    90年代に書かれた本ですが、今日の日本を取り巻く世界情勢を考える上でとても参考になる本でした。
    本の状態はかなり日焼けして、黒い点が散在していましたが、きれいに読まれていたと思います。

    ハンチントンの『文明の衝突』が冷戦後の世界像を予測する理論書として上梓されたのが1993年である。本書はCG図版、概念図を使った「文明の衝突」の簡略版に1999年に発表された「21世紀における日本の選択」を含む2論文を加えて構成されたものである。本書の上梓(2000年1月)は、9.11同時多発テロやイラク戦争が起こる前であり、中国のGDPが日本を抜いたのも軍事大国化が顕著になったのもその後である。後智恵となるかも知れないが『文明の衝突』上梓から20年、本書上梓から13年、改めてハンチンソンを読んでみた。

    二つの超大国を盟主とする冷戦がソ連の崩壊で終わると一極・多様世界となった。さらに一極支配が弱まれば多極化・多文明化世界へと進む。その世界ではイデオロギーではなく「文明の衝突」が抗争の原因となるとし、その場合、日本文明は孤立した文明であるとする。このハンチントンの基本的認識は斬新なものと思う。しかし、本書には中西輝政氏の「解題」が付記されており、それによると中国の将来像及び中国と日本の關係についてハンチントンと大きく異なる。現在の状況からみると益々、中西氏のいう方向になっているようにみえる。

    ハンチンソンはフクヤマの『歴史の終わり』と同様にソ連崩壊によって冷戦が完全に終わり別のパラダイムになったと認識しているのではないか? 確かに当時の二極の一つは崩壊したが、冷戦の大義であったイデオロギーの対立は終わっていない。すなわち、共産党独裁の中国は変わっておらず、文明を基準に世界を見るだけで世界を見るのは難しい。ソ連は崩壊して「共産国」から「東方正教会文明」に戻ったとすることは理解できるが、それでは、過去も現在も中国は「中華文明」のままなのだろうか? ハンチントンは「中華文明」と「日本文明」について本書を読む限り余りよく理解していないようにみえる。この辺りに世界の将来像を見誤る可能性があるのではないか?

    ITが進んで世界が狭くなっている今、今現在起きている事象を予見して書かれている本書の内容は、今の時代をどう認識して、どの様に対応していくべきかを、個々がしっかり考えていくべき時代を迎えていることを考えさせられる。

     ポスト冷戦時代の世界体制について、執筆当時(九〇年代後半)の一極多極体制を経て、二十一世紀は多極体制に推移して行くだろうと指摘している。翻訳も極めて平易で読みやすい。大枠はその通りに進んでいると思うし、見取り図としても分かりやすい。しかし、各論的に見た場合、いつくか疑問が生じる。

     まず、今後は、西欧文明に対して、中華文明とイスラム文明が台頭してくることを予想している(P.152)。それはそれで良い。しかし、近い将来GDP世界第二位となるだろうヒンドゥー文明(インド)はもっと重要視されて良いし(P.50)、東アジア共同体についてもコメントはない。それはどうなんだろうか。資源大国ロシアも、もっと重要なアクターだろう。

     また、新興する中華文明(中国)との関係について、日本は、「他に気兼ねすることなく好意的な反応を示すだろう」(P.50)、とコメントするが、その読みだけは違うと思う。「日本の大衆も一九九七年の世論調査で、アメリカを北朝鮮に次ぐ第二の脅威だと答えている」ってうのは(P.75)、出典は何?。

     何となく全体的に、最初から衝突が前提というか、衝突する根拠やアリバイを与えるためのタカ派の理論なような気がする。

    配送说明

    ...

    相似商品

本店分类