成功加入购物车

去购物车结算 X
山景的书摊
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单
  • 日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单

日語孤本十品大本获奖 击沉大和舰死数千军事纪实 男たちの大和(下册大本硬精装角川書店) 辺見 じゅん著无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号建造恰逢日本宣布战败那天结束沉没真实寻找沉船献花扫墓死者名单

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   日本角川書店调查人物回忆传记从大和号造船(恰逢日本对美国太平洋战争宣战开始被击沉
  • 出版时间: 
  • 版次:   7
  • 印数:   1千册
  • 装帧:   精装
  • 页数:   302页
  • 字数:   306千字
  • 作者: 
  • 出版社:  日本角川書店调查人物回忆传记从大和号造船(恰逢日本对美国太平洋战争宣战开始被击沉
  • 出版时间: 
  • 版次:  7
  • 印数:  1千册
  • 装帧:  精装
  • 页数:  302页
  • 字数:  306千字

售价 99.97 9.9折

定价 ¥101.00 

品相 九五品品相描述

优惠 满包邮

运费

上书时间2018-11-09

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版 > 日文书 > 军事
    货号:
    kkhzoyt-926-151004
    品相描述:九五品
    男たちの大和(下册)日本军国主义丛书之十三 <男たちの大和シリーズ> (角川文庫) [K
    辺見 じゅん (著)孤本绝版无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号造船(恰逢日本对美国太平洋战争宣战开始被击沉恰逢日本宣布战败那天结束)开始到被击沉沉没为止的真实故事原作影视作品精典稀少唯一稀奇描写造船经过设计图纸军舰结构炮火配置训练演习要求人员配备人员素质要求军舰上吃喝拉撒睡生活描写军舰不同人不同时期心理变化当时社会环境文化背景与周围弟兄船舶加贺号等炮火力量训练关系战时应急联络暗号密码通讯手段手旗灯光联系方式本书是上册仅仅讲到演习出海迎战准备阶段被击沉场面是下册内容
    辺見 じゅん (著)山景书摊 Mountain view bookstore  거 니 와 서점  Горный пейзаж книжный магазин  Librairie ShanJing 山景色の本屋
    昭和16年
    商品描述:
    男ンの金字塔。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    辺見/じゅん
    富山県に生まれる。早稲田大学文学部卒業。編集者を経て現在、作家・歌人として活躍中。『男たちの大和』で第3回新田次郎文学賞、歌集『闇の祝祭』で第12回現代短歌女流賞、『収容所から来た遺書』で第11回講談社ノンフィクション賞・第21回大宅壮一ノンフィクション賞、『夢、未だ盡きず』で第9回ミズノスポーツライター賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    登録情報

    文庫: 395ページ出版社: 角川春樹事務所; 決定版 (2004/8/1)言語: 日本語ISBN-10: 4758431256ISBN-13: 978-4758431255発売日: 2004/8/1梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 2 cmおすすめ度: 5つ星のうち 4.8   5件のカスタマーレビューAmazon 売れ筋ランキング: 本 - 365,791位 (本の売れ筋ランキングを見る)461位 ─ 本 > 文庫 > 一般文庫 > ハルキ文庫3146位 ─ 本 > ノンフィクション > 思想・社会69600位 ─ 本 > 文学・評論

    ちの大和(下册)<男たちの大和シリーズ> (角川書店 孤本绝版无虚构纪实采访调查人物回忆传记从大和号造船(恰逢日本对美国太平洋战争宣战开始被击沉恰逢日本宣布战败那天结束)开始到被击沉沉没为止的真实故事原作影视作品精典稀少唯一稀奇描写造船经过设计图纸军舰结构炮火配置训练演习要求人员配备人员素质要求军舰上吃喝拉撒睡生活描写军舰不同人不同时期心理变化当时社会环境文化背景与周围弟兄船舶加贺号等炮火力量训练关系战时应急联络暗号密码通讯手段手旗灯光联系方式本书是上册仅仅讲到演习出海迎战准备阶段被击沉场面是下册内容
    辺見 じゅん (著)山景书摊 Mountain view bookstore  거 니 와 서점  Горный пейзаж книжный магазин  Librairie ShanJing 山景色の本屋
    昭和16年12月8日、東京の虎ノ門において広島県呉市の市長が逮捕された。この朝、日本は太平洋戦争に突入した。その10日前、昭和12年呉海軍工廠の造船ドッグに最初の竜骨(キール)をすえ、極秘裡に完成された戦艦大和は、最後の公試運転を行なった。この戦争の開戦から終焉と運命を同じにした「大和」――。そこに生まれたさまざまな「大和伝説」をくつがえし、豊富な取材データをもとに、新しい光をあてた感動のヒューマン・ドキュメント。新田次郎文学賞受賞作。映画『男たちの大和』のノベライズ。映画の小説版だから、それほど細やかな心理描写はなされていない。だが、太平洋戦争末期という時代背景がそれを補ってあまりある効果を出している。大和の戦歴のほとんどは、死出の旅となる沖縄水上特攻である。この現実を背負った登場人物たちがいかなる心境でいたか。文章に著わされていなくとも自ずと分かってくる。今まで、太平洋戦争を舞台にし、日本軍の無謀さと、それに弄ばれた一般将兵の悲惨さを描いた小説は無数にある。特にこの作品では、戦艦大和だけに焦点を絞った点で、非常に分かり易い内容となっている。戦争がハイテク化し、強者のゲームとなった今、弱者の味わう苛烈さを哀しくも、真剣に生きようとした大和乗組員の凄まじいまでの叫びが読者の胸を打つ。中高生のティーンエージャーに読んで欲しい作品である。
    昭和十六年十月、極秘のうちに誕生した、不沈戦艦「大和」の予行運転が初めて行われた。同十二月、太平洋戦争突入。そして戦況が悪化した昭和二十年四月六日、「大和」は三千三百三十三名の男たちを乗せ、沖縄への特攻に出撃した。日本国と運命を供にした「大和」の過酷な戦いと男たちの人生を、丹念に、生々しい迫力をもって描く、鎮魂の書。新田次郎文学賞受賞作。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    辺見/じゅん
    富山県に生まれる。早稲田大学文学部卒業。編集者を経て現在、作家・歌人として活躍中。『男たちの大和』で第3回新田次郎文学賞、歌集『闇の祝祭』で第12回現代短歌女流賞、『収容所から来た遺書』で第11回講談社ノンフィクション賞・第21回大宅壮一ノンフィクション賞、『夢、未だ盡きず』で第9回ミズノスポーツライター賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)戦艦大和と、その乗組員達の生涯を描くノンフィクション。大和の誕生から、沖縄特攻直前までの様子がリアルに描かれている。

    「悲劇」とは悲しく描けばいいものではない。そういった意味で、この著作はあくまで淡々と、事実を中心にクールなタッチで描かれるだけに悲劇性がよく伝わってくる。

    それぞれの乗組員に描かれるドラマは、ただただ事実。それでも胸を打つストーリーに仕上がっている。

    映画版とはキャラクターの扱い方・設定が違い、より多くの乗組員にスポットが当たっているので、よりよく知りたい方には一読の価値がある。
    コメント  このレビューは参考になりましたか?  
    はい
    いいえ
    34 人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    あまりにも悲しすぎる
    投稿者 Yuichi Matsuoka VINE メンバー 投稿日 2005/4/10
    形式: 文庫
    生還した大和乗組員の体験談に基づいた一冊です。
    大鑑巨砲主義時代の末期に計画され、完成時には航空戦力の発達で時代遅れの
    長物になってしまった大和を、乗組員の視点から淡々と描いいます。
    後世の人間として、あの大和の悲劇を知っているだけに、
    その淡々とした乗員たちの姿があまりにも悲しすぎるのです。
    日々、鍛錬を重ねつつも、太平洋戦争で華々しく活躍することも無く、最後の海上特攻へ向かっていく。
    こんな悲劇があるでしょうか。
    ある意味、ゼロ戦パイロットのほうが救いがあるように思います。
    これら、悲劇の主人公たちが、著者によって下巻では救われることになるのかどうか、
    期待したいと思います。
    コメント  このレビューは参考になりましたか?  
    はい
    いいえ
    6 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    大和への鎮魂の本
    投稿者 本格派 トップ500レビュアー 投稿日 2006/6/14
    形式: 文庫
    世界最大の戦艦大和に関わった人間たちの人生を丹念に調べ上げた一冊。

    最高機密扱いのために、写真もあまり残っていない大和の真実に迫ろうと、生存者への綿密な聞き込みを行なうことにより、その本当の姿が点描画のように浮かび上がる。

    誕生からレイテ沖海戦、そして沖縄特攻そして沈没、生き残った者のその後の人生を静かに語る。

    多くの証言者の言葉をつなぎ合わせることで構成しており、時間が何度も戻って同じ場面を別の角度から見るという表現方法を取っているため、まどろっこしかったり冗長な印象を受けたり、流れとしては個人的には好みではない。あくまで「大和への鎮魂」という気持ちで接するべき本なのだと思う。

    「大和」という船が、日本人に特別の感情を呼び起こす理由を再認識させられた。
    コメント  このレビューは参考になりましたか?  
    はい
    いいえ
    映画版とは違った大和の姿
    投稿者 シルヴァ 投稿日 2014/6/8
    形式: 文庫 Amazonで購入
    映画を見て、それから原作が気になり買って読んでみると、映画とは違って、もっと深い内容の作品だったと感じました。

    戦時下の男たちの裏の姿や隠された史実など、表には出ていないような内容まで、当時の大和と共に描かれていて、当時の帝国海軍の姿も垣間る事ができ、大変面白い内容でした。大和に乗り込んだ人、関わった人の個々のエピソードを積み上げていく構成で、ストーリー性のある「小説」を期待して読み始めた僕は少々面食らいました。感情移入する前にその人のエピソードが終わっちゃいますんで…。
    でも、ずっと読み進めていくと、こうしたエピソードの積み重ねが自分自身の中に残っていきますし、時折、心にずしんと来るエピソードに出会います。
    一番衝撃的だったのは、下巻の方で、大和が撃沈された後、生き残った兵士たちが海上で生死を賭けて(味方同士で)争ったというエピソード。文中の表現を借りれば本当の地獄とはこういうことなのでしょう。
    タイトルからはかなり好戦的な印象の内容を想像させますが、映画同様、客観視点に徹した記述に逆に筆者の意思を垣間見る気がします
    コメントこのレビューは参考になりましたか?
    はい
    いいえ
    違反を報告
    4人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    5つ星のうち5.0貴重な資料
    投稿者鈴木純一VINEメンバー2008年12月25日
    形式: 文庫
    戦艦大和の乗組員を取材し、そこから作られた証言集のような趣の本。政策や戦局を論じたり、大和艦長の選択や乗組員の練度について述べたり、沖縄海上特攻の無謀さを訴えるような内容ではなく、大和乗組員の視点から彼らの声を淡々と紹介。気の滅入る内容ではあるが、貴重な資料。上巻は、大和誕生から、山本五十六司令長官が乗っていた時期、レイテ沖海戦、そして沖縄特攻直前まで。
    コメントこのレビューは参考になりましたか?
    はい
    いいえ
    違反を報告
    6人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    5つ星のうち4.0大和への鎮魂の本
    投稿者本格派ベスト500レビュアー2006年6月14日
    形式: 文庫
    世界最大の戦艦大和に関わった人間たちの人生を丹念に調べ上げた一冊。

    最高機密扱いのために、写真もあまり残っていない大和の真実に迫ろうと、生存者への綿密な聞き込みを行なうことにより、その本当の姿が点描画のように浮かび上がる。

    誕生からレイテ沖海戦、そして沖縄特攻そして沈没、生き残った者のその後の人生を静かに語る。

    多くの証言者の言葉をつなぎ合わせることで構成しており、時間が何度も戻って同じ場面を別の角度から見るという表現方法を取っているため、まどろっこしかったり冗長な印象を受けたり、流れとしては個人的には好みではない。あくまで「大和への鎮魂」という気持ちで接するべき本なのだと思う。

    「大和」という船が、日本人に特別の感情を呼び起こす理由を再認識させられた。
    コメントこのレビューは参考になりましたか?
    はい
    いいえ
    違反を報告
    7人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    5つ星のうち5.0あまりにリアルなノンフィクション。
    投稿者akanezora2006年3月19日
    形式: 文庫
    戦艦大和と、その乗組員達の生涯を描くノンフィクション。大和の誕生から、沖縄特攻直前までの様子がリアルに描かれている。

    「悲劇」とは悲しく描けばいいものではない。そういった意味で、この著作はあくまで淡々と、事実を中心にクールなタッチで描かれるだけに悲劇性がよく伝わってくる。

    それぞれの乗組員に描かれるドラマは、ただただ事実。それでも胸を打つストーリーに仕上がっている。

    映画版とはキャラクターの扱い方・設定が違い、より多くの乗組員にスポットが当たっているので、よりよく知りたい方には一読の価値がある。
    コメントこのレビューは参考になりましたか?
    はい
    いいえ
    違反を報告
    7人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    5つ星のうち5.0悲しいお話です。
    投稿者解凍まぐろ2006年3月6日
    形式: 文庫
    この話は生還した大和乗組員の話を元にした実話で構成されているようです。

    最終的に水上特攻に向かっていく隊員達がとてつもなく悲しく思えます。ちなみに16歳くらいの青年でさえ出撃していったそうです。16歳といえば僕と同い年ですのでとても心が痛みます。

    下巻ではこの乗組員たちが救われることがあるのか・・・ということを期待しています。
    コメントこのレビューは参考になりましたか?
    はい
    いいえ
    違反を報告
    34人中、24人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
    5つ星のうち5.0あまりにも悲しすぎる
    投稿者Yuichi MatsuokaVINEメンバー2005年4月10日
    形式: 文庫
    生還した大和乗組員の体験談に基づいた一冊です。
    大鑑巨砲主義時代の末期に計画され、完成時には航空戦力の発達で時代遅れの
    長物になってしまった大和を、乗組員の視点から淡々と描いいます。
    後世の人間として、あの大和の悲劇を知っているだけに、
    その淡々とした乗員たちの姿があまりにも悲しすぎるのです。
    日々、鍛錬を重ねつつも、太平洋戦争で華々しく活躍することも無く、最後の海上特攻へ向かっていく。
    こんな悲劇があるでしょうか。
    ある意味、ゼロ戦パイロットのほうが救いがあるように思います。
    これら、悲劇の主人公たちが、著者によって下巻では救われることになるのかどうか、
    期待したいと思います。

    念入りな取材もあっての作品だと思います。とてもいいです!
    《男人们的大和》是日本东映于2005年12日17日推出的日本二战时期的战争类电影。是战争结束60周年的纪念作。由佐藤纯弥执导,反町隆史、中村狮童、松山健一等人主演。该片围绕第二次世界大战中被击沉的战舰“大和号”及其船员,讲述了一个关于军国主义梦想、信仰破灭的时代故事。[1] 
    中文名 男人们的大和 外文名 男たちの大和/YAMATO 其它译名 大和号、男人们的大和号、男人的大和 出品时间 2005年 出品公司 东映 发行公司 寰宇镭射录影有限公司(香港、澳门) 制片地区 日本 制片成本 约25亿日元[2]  拍摄地点 日本 拍摄日期 2004 导    演佐藤纯弥 编    剧 辺見じゅん 制片人角川春树 类    型 二战、战争 主    演反町隆史,中村狮童,铃木京香,松山健一 片    长 145分钟 上映时间 2005年12月17日 票    房 50.9亿日元 对白语言 日语 色    彩 彩色 imdb编码 tt0451845 主要奖项 2005年日本电影票房冠军
    剧情简介编辑
    故事讲述第二次世界大战太平洋战争中后期,日军吨位最大、战斗力最强的战列舰“大和”号被美军击沉葬身海底的故事。这是一场与美军大批舰载机群决一死战的战斗,也是三千余名年轻士兵守卫这艘代表着法西斯日本帝国象征与希望的最后战役。海军特别年少兵神尾克己(松山健一饰)怀着对大和号满心的憧憬,踏上了这艘超弩级战列舰的甲板。神尾忍受着舰上严酷的训练,由反町隆史主演的影片《男人们的大和》,公映短短12天观众人数就突破了100万大关,成为拥有58年历史的日本东映公司最快速达到这个纪录的影片。
    本片制作人角川春树充满信心地表示:“我们的目标是观众达到1000万人!”围绕“生存的勇气和意义”以及“作为日本人的骄傲和自觉”两个主题展开的剧情,非常受到观众欢迎,结果上映短短12天观众人数就突破了100万。
    东映公司推出的影片中,只有两部影片观众人数突破了100万大关,分别是1999年的《铁道员》以及今年1月的《北之零年》,但都用了14天才得以突破,而这次的《男人们的大和》让这个纪录缩短了足足两天。
    另外随着本片上映,在电影院内出售的介绍小册子销量也非常好,已经卖出13万册,此记录和2001年上映的《大逃杀》持平。东映公司有工作人员惊讶地表示,本片既不是动画也不是偶像云集的产物,完全是针对成年人的影片,居然还能刷新纪录,实在很让人惊讶。
    本片在全日本324家电影院上映,将会扩大到347家电影院。
    制作人角川高兴地表示,本片受到全国各年龄层观众的普遍欢迎,观众从10岁到80多岁都有,这是前所未有的好现象。
    另外一提的是,日本电影最快创下100万观众纪录的,是只用了短短九天时间的《NANA》,另外《跳跃大搜查线》系列的续集《谈判专家 真下正义》用了1天,《男人们的大和》排在所有影片第三。[5] 
    幕后制作编辑
    2005年拍《男人们的大和》时,角川花5亿日元制作了与实物一样大小的战舰舰头,而此番本片的摄制组则风尘仆仆地来到了成吉思汗的故乡。[6] 
    中新网3月9日电据大成报报道,日本两大演技派男演员反町隆史与中村狮童将首次在大银幕飙戏,两人在即将开拍的新片“男人们的大和YAMATO”中饰演二等兵,这部由日本电影界名人角川春树所监制的电影,将于4月开拍,预计年底上映。
    反町隆史曾在2003年的朝日电视台特别剧“流转的王妃、最后的皇弟”中,扮演职业军人的角色,这次在电影“男人们的大和YAMATO”里面与中村狮童同样都是饰演二等兵的角色,在戏中两人有着情同手足的友情。反町隆史在记者会上表示“非常高兴能接拍这样有深度的电影,同时也感受到这个角色的重要性。”
    演出“现在,很想见你”的中村狮童这次戏风一转,演出硬派的士兵角色,中村对着现场反问“战争已经结束60年了,我心中一直有个疑问,大家真的可以为了爱,为了守护自己的信念,而赌上自己的信念吗?”两人在片中将会重现战争时期的残酷画面。
    “男人们的大和YAMATO”将会是部制作费用超过15亿日币的超大作品,在日本广岛会搭造一艘全长约130公尺、宽40公尺的战舰场景,制作电影的相关人士表示“光这个场景就要花费将近4亿日币。”如此大手笔的制作将会在引起日本影坛的新震撼,看两大男星如何演出真挚感人的深刻友情。[2] 
    发行信息编辑
    在上映后12天内就己起过一百万观众,并以51亿日元取得2005年日本电影票房冠军。该片制片人是角川春树,导演是佐藤纯弥,并根据辺见じゅん的原作而拍摄。
    《男人们的大和号YAMATO》的票房纪录高达五十亿日圆[6] 
    由反町隆史及中村狮童主演、讲述关于二次大战时日本巨型战舰大和号的新片《男人们的大和号/Yamato》,于年前12月17日在日本上映。大和号被喻为日本军国主义的象征之一,开拍以来引起日本国内外的谈论,但据报预售门票的销情十分强劲,由8月起迄今卖出23万张,比起一般的10万张来说,高出一倍多。该片是日本近几年少有的大制作战争片,耗资高达25亿日圆(约港币1.62亿)拍摄,以预售的销情来看蚀本门已封,电影公司更期望该片能达到100亿日圆(约港币6.5亿)的票房。
    由于角川春树与反町隆史首次合作的电影《男人们的大和》在日本突破3亿元人民币的票房。[7] 
    影片评价编辑
    战至最后一兵一卒,英勇为国捐躯的情节,在这部2005年上映,描写二战中被击沉的日军大和舰的电影中,屡见不鲜,而这部名为《男人们的大和》中所宣传的“为国捐躯”,也随着影片中“大和舰”的沉没而达成了高潮。
    该片充斥着对二战中日军的赞颂。英国卫报就曾撰文批评该片,太着重于煽情、盲目宣扬日本在二战中的军力,歌颂战争,然而对于日本参与二战的背景,以及该舰为何走上末路的原因,却是只字未提。
    但就这样一部歪曲历史的电影,却取得了让人不得不警惕的,票房上的佳绩,影片上映后12天内就己累计超过一百万观众,而随后更是以51亿日元取得2005年日本电影票房的冠军。(央视网评论)[8] 
    日本观众排队看“大和”
    实际上,试映会在此前已经连续上演了几天,东映公司名气很大,不过办公场所比较寒酸,试映厅也不过有50来个座位的样子,记者和几名同事也曾前去,由于人太多无处落座不得不扫兴而归。最后又几经努力,终于谋得了两个座位。
    如果单纯从艺术角度来说,《男人们的大和》影片规模宏大,场景感人,不愧为一部力作。放映时,放映厅内静悄悄,只听见低低的啜泣声。放映结束后,不少观众离座时脸上仍挂着泪痕,而外面的走廊早已站满了等待下一场放映的观众。
    剧情中有几幕镜头特别得到了观众的共鸣,大和号最后一次出征前,大和号的船员们被允许在出击前上岸,他们都知道这是最后一次上岸了:母亲仍强忍眼泪让儿子赶快吃自己做的牡丹饼;几位士兵拍照留念,并嘱咐照相馆的主人一定把照片送到各自家中;小艇上的士兵看到了岸上的妻子,发出了忘情的叫喊。
    2005年日本拍摄的《男人们的大和号》是一部震撼人心的反战大片。(网易新闻评论)[9] 
    影片相关编辑
    历史背景

    大和级大和号日本战列舰(另一艘为武藏号)。二战战列舰之最,1937年动工,1941年服役。舰长263米,舰宽38.9米,舰的舷侧装甲厚410毫米,航速27节,续航力7200海里/16节。舰上武器装备有 3座三联装 460毫米超大口径火炮,其最大射程为1万航米,4座三联装155毫米火炮,6座双联装127毫米火炮,舰上还有水上侦察机和观测机7架,舰员约 3300 名。在太平洋战争中是日本海军联合舰队旗舰,1945年4月6日执行特别攻击任务被美国海军舰载机击沉。
    太平洋战争中后期,日本海军在中途岛海战中被美海军打败;第一机动舰队4艘航母被击沉;联合舰队司令长官山本五十六大将战死,太平洋上各岛屿的日军守备部队先后覆没,日海军处于严重不利的形势。原作为辺见じゅん的《决定版 男たちの大和》,该作为收集史料、书信,生存者以及遗属们的证言而整理来的“非创作系小说”。至今以来提到冲绳水上特攻等作战的日本电影,多半是以司令长官及舰长等军方上层部为主角的作品居多。本作则主要以水兵与下士官的视点来描写市井小民所见到的战争。又描写当时市民生活与社会景观,可以感受作中人们在当时与现代相异的思想下行动。为此,与之前日本战争电影那样主打强调反战宗旨的特色、在本作中较不易让人感受到。与其说一味的反战、更诉求着“绝对不可以忘记因战争而死的人们的事”一点。依原作者所言“他们当时是为了国家卖命,而政府却将之用完即丢,没有给他们一个交代。”然而,虽然并不明显的标榜反战,却也不是在美化战争。片中随处可见对舰内的不当惩罚、暴力事件,失去所爱之人的女性们的悲伤之描写、批判当时日本偏重精神主义的台词更是俯拾即是、与所谓的大东亚战争肯定论分道扬镳。
    国内影响

    国际先驱导报驻东京记者蓝建中报道:2005年12月17日,由东映公司拍摄的长达两个半小时的巨作《男人们的大和》正式粉墨登场了,这部影片早早就因媒体的宣传而把人们的胃口吊得高高的。在公映前,记者有机会前往东映公司,参加了该片的试映会。
    由于该片的题材是对第二次世界大战中的日军的描写和赞颂,曾被日本入侵的部分邻国(中国、韩国、朝鲜)皆对该片及其反应感到不安。英国的卫报甚至批评该影片太着重于煽情、盲目宣扬日本在第二次世界大战的军力,和歌颂战争,但却没有提及为何日本参于第二次世界大战的原因、背景,以及为何该舰走上末路的原因。由于该片的观众入场率甚高,中国、韩国、朝鲜为日本军国主义复辟感到忧虑。

    配送说明

    ...

    相似商品

本店分类