成功加入购物车

去购物车结算 X
同文书院
  • 日文原版書 その名にちなんで (新潮文庫)Jhumpa Lahiri 小川高義
  • 日文原版書 その名にちなんで (新潮文庫)Jhumpa Lahiri 小川高義
  • 日文原版書 その名にちなんで (新潮文庫)Jhumpa Lahiri 小川高義
  • 日文原版書 その名にちなんで (新潮文庫)Jhumpa Lahiri 小川高義

日文原版書 その名にちなんで (新潮文庫)Jhumpa Lahiri 小川高義

举报
  • 作者: 
  • 出版社:   新潮社
  • ISBN:   9784102142127
  • 出版时间: 
  • 装帧:   其他
  • 页数:   468页
  • 作者: 
  • 出版社:  新潮社
  • ISBN:  9784102142127
  • 出版时间: 
  • 装帧:  其他
  • 页数:  468页

售价 45.00

品相 九品

优惠 满包邮

运费

上书时间2012-08-30

数量
仅1件在售,欲购从速
微信扫描下方二维码
微信扫描打开成功后,点击右上角”...“进行转发

卖家超过10天未登录

  • 商品详情
  • 店铺评价
  • 商品分类:
    外文原版
    货号:
    hw33
    商品描述:
    その名にちなんで (新潮文庫) ジュンパ ラヒリ (著), Jhumpa Lahiri (原著), 小川高義 (翻訳) 出版社: 新潮社 (2007/10)  商品の寸法: 15 x 10.6 x 2 cm 商品の説明From Publishers Weekly   今年もっとも期待される本のひとつ、ジュンパ?ラヒリによる初の長編小説で、1999年にピューリツァー賞を受賞した『Interpreter of Maladies』(邦題『停電の夜に』)に続く第2作だが、単に個々の話を寄せ集めたものではない。25年という歳月を断続的につづった物語は、新婚のアショクとアシマのガーングリー夫妻が、1968年にマサチューセッツ州ケンブリッジに移り住むところから始まる。そしてまもなくアシマは息子を生んだ。伝統に則って母方の祖母が命名し、その名を記した文書がインドから発送されるが、その文書が届かなかったために、ゴーゴリという愛称がそのまま命名される。アショクは工学の教授になるが、いっぽう、意に反してインドを離れたアシマは、新しい環境になじめずにいた。    時が経ちティーンエージャーになったゴーゴリは、インド人であることや、風変わりな名前を恥じていた。イェール大学に入り、コロンビア大学の大学院に進んだ彼は、自分の名を捨て、正式にニキルと改名する。ゴーゴリがマンハッタンの裕福な白人家庭に移り住み、ラルフ?ローレンの広告さながらの生活をはじめるくだりは、本書の中でもとくに印象的な場面である。ここではラヒリの卓越した観察眼がおおいに駆使されており、また、多くの人があこがれる地で味わう、よそ者という疎外感を描き出すことにも優れた才能を発揮している。    ゴーゴリの父親の死の後にこのエピソードを割り込ませることで、ラヒリは物語を突如1年後に移す。結婚、離婚、そして息子としての複雑な心境に悩むゴーゴリ。こうした概略が、じつは本作の難点を助長している。調和に欠いた展開によって、感情的な側面が章ごとにバラバラに見えてしまうからだ。ラヒリは美しく生き生きとした絵画的な描写を多用しているが、一家のささやかな一代史にとどまらないこの物語には、そぐわないように思われる。前作で得たあまりに高い評のために、やや物足りなさも感じられるが、もしこれがほかの著者であれば、文句なしの長編デビュー作と絶賛されるところだろう。 Copyright 2003 Reed Business Information, Inc. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。 内容説明Jhumpa Lahiri’s Interpreter of Maladies established this young writer as one the most brilliant of her generation. In The Namesake, Lahiri enriches the themes that made her collection an international bestseller: the immigrant experience, the clash of cultures, the conflicts of assimilation, and, most poignantly, the tangled ties between generations.The Namesake takes the Ganguli family from their tradition-bound life in Calcutta through their fraught transformation into Americans. On the heels of their arranged marriage, Ashoke and Ashima Ganguli settle together in Cambridge, Massachusetts. An engineer by training, Ashoke adapts far less warily than his wife, who resists all things American and pines for her family. When their son is born, the task of naming him betrays the vexed results of bringing old ways to the new world. Named for a Russian writer by his Indian parents, Gogol Ganguli knows only that he suffers the burden of his heritage as well as his odd, antic name. Lahiri brings great empathy to Gogol as he stumbles along a ?rst-generation path strewn with conflicting loyalties, comic detours, and wrenching love affairs. With penetrating insight, she reveals not only the defining power of the names and expectations bestowed upon us by our parents, but also the means by which we slowly, sometimes painfully, come to define ourselves. --このテキストは、 CD 版に関連付けられています。

    配送说明

    ...

    相似商品